とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    絶賛

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆オープン戦 阪神2―2巨人(13日・甲子園)

     阪神のドラフト4位ルーキーの前川右京外野手=智弁学園=が「7番・左翼」で1軍デビュー。第3、第4打席で連続安打を放った。スポーツ報知評論家の掛布雅之氏は「1年目の私と比べるとレベルは上」とスケールの大きな高卒新人を絶賛した。

     ※ ※ ※ ※ ※

     2、3年後が本当に楽しなスケールの大きな選手が現れた。1年目の私と比べると、前川の方がレベルは上。下半身がたくましく、スイングの土台がしっかりしている。高卒ルーキーでこれだけ力強く振れる選手を阪神で見たことがない。同じ左の長距離打者でも、佐藤輝とは違い、タイプ的には西武の森友哉に似ている。

     安打は2本とも変化球を崩されながら拾った。左投左打だが、右投左打のようにリードする右腕を器用に使えていた。利き腕の左腕の押し込みもあるので、長打も期待できる。

     ただ、阪神の1軍の外野陣の層は厚く、すぐにレギュラーで使う状況ではない。代打でたまに出場するぐらいならば、2軍で数多く打席に立たせて、経験を積ませたい。打撃フォームはいじる必要ないが、外野守備の練習には高い意識を持って取り組ませてほしい。私も1年目の全体練習はほぼ守備だけで、打撃は一人の時間で磨いた。ただ打つだけでなく、最後までグラウンドに立って、チームを背負える選手に育ってほしい。(スポーツ報知評論家)

     ◆掛布雅之の1年目 習志野高3年時の1973年秋に阪神2軍練習にテスト参加し、素質を認められてドラフト6位で入団。1年目のオープン戦、太平洋(現西武)戦(鳴門球場)に「7番・遊撃」で初スタメン出場し、東尾修から2安打をマーク。その後の試合も打ちまくり、開幕1軍入りを果たした。1年目は83試合に出場し、打率2割4厘、3本塁打、16打点。







    【阪神】掛布雅之氏、2安打デビューの前川右京を絶賛「私の1年目より上」(スポーツ報知) #Yahooニュース うんうん♪楽しみやなあ✨  https://news.yahoo.co.jp/articles/edaf375d1425ef14fac2125dd9be06a6565e7a57 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/25(火) 16:31:21.10 ID:akC4hvK10

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/25(火) 16:31:29.17 ID:akC4hvK10
    サンキュー岡本

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1643095881/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・井上が、巨人・岡本和から太鼓判を押された。ライバル球団の主砲の口から出てきたのは、虎党が泣いて喜ばんばかりの賛辞のオンパレードだ。

     「打撃練習のスイングスピードだったり、飛距離とかめちゃくちゃすごかったですし、やっぱり打ってもらわないと困るなって(能力)。絶対って言い切れないですけど、すごいバッターになるんじゃないかと思って一緒に練習させてもらいました。僕も刺激をもらいましたし、すごくいい時間になりました」

     当初は年末を奈良県で過ごし、年始は都内でトレーニングする予定だったという岡本和。だが井上の志願を受けて予定変更。奈良県内でともに汗を流した。「僕も動画を見たりしていて、この子すごいと思っていた。お願いされた時はびっくりしましたが、ぜひ一緒にやろうということで」と5日間、みっちり練習を共にした。

     井上は13日に鳴尾浜球場で自主トレをした際に“極秘トレ”が実現したことを明かし、「体の使い方をメインで教えてもらいました。思いっきり振ってないように見えて柔らかさもある。体の使い方が違うのかな」などと振り返っていた。




    阪神・井上に太鼓判!あの巨人・岡本和が「すごいバッターになるんじゃないか」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 岡本といい、菅野といい、ライバル球団でも快く受け入れてくれて感謝 井上は結果を出して恩返しよ どちらも練習がんばって  https://news.yahoo.co.jp/articles/343482f73a3d7eff60d7ef5cf80e195e07a092d4 



    巨人・岡本和 自主トレ同行志願の阪神・井上に「すごいバッターになるんじゃないか」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/95ef5d9b2eeba3d6862fdc64dcb8e4bd168e3394  岡本もかつて自ら志願しておかわりさんに弟子入りしたんだよね。井上がブレイクするきっかけになればいいなあ。岡本に感謝。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     高校野球に続いてプロ野球も開幕し、いよいよ球春も満開に。コロナ禍は決して昨年より改善しているわけではないが、感染防止に何が必要かのノウハウは蓄積され、無事にシーズンを迎えられたことにファンは喜びを爆発させている。

     セ・リーグの順位予想では、昨季ぶっちぎりのリーグ優勝を飾った巨人と、戦力アップが期待できる昨季2位・阪神の争いになると見る専門家が多い。昨年、阪神が巨人の独走を許した最大の理由は攻撃力の差にあった。チーム防御率でも巨人が3.34で1位だったが、阪神も僅差の3.35で2位。3位DeNAの3.76以下を大きく引き離していた。つまり、投手力では巨人と互角だったのである。

     一方で攻撃力の差は歴然としていた。チーム打率は巨人.255(3位)に対して阪神.246(5位)、得点は巨人532(1位)に対して阪神494(4位)、本塁打は巨人135(1位T)に対して阪神110(3位T)。細かいところでは、阪神は安打数が6位、塁打数が5位で、打力の不足にシーズン通して苦しんだ。攻撃に関する良いデータでは、盗塁が1位T、犠打が1位、四球が3位で、打てない不利を補うために戦略やチームプレーでしのいだことが数字にもはっきり表れていた。

     だからこそ、今シーズンは「生まれ変わった阪神打線」が優勝争いの原動力になるという見方が広がっている。要素はいろいろあるが、なんといってもスーパールーキー・佐藤輝明(近大)の存在が大きい。オープン戦は堂々の本塁打王(6本)で、打率は8位、打点は3位Tと大暴れした(いずれも規定打席到達選手のみの順位)。開幕カードと同じ3月16日のヤクルト戦でオープン戦5号を放った翌日には、「日刊スポーツ」が「9戦5発はシーズン143試合換算なら79発ペース」とはやし立てるなど、虎党のみならず球界全体が佐藤フィーバーに沸いている。

     その佐藤は、開幕2戦目のヤクルト戦で早速バックスクリーン直撃のホームランを放ち、大物ぶりをいかんなく発揮している。阪神元監督の安藤統男氏は、佐藤を「阪神では田淵幸一以来のホームランバッター」と評する。

    「佐藤はスイングが力強いから、打球が上がって飛ぶよね。阪神のホームランバッターといえば掛布(雅之)や岡田(彰布)もいたけど、彼らは好打者であって本質的にはホームランバッターではない。特に掛布は、飛ばすためにいろいろ工夫をした努力家でした。それに比べて佐藤や田淵は、そんなこと考えず、そのための努力はしなくても遠くへ飛ばす能力を持っている。

     佐藤はすでに基礎体力ができあがっているね。打撃練習ではポンポン飛ばしていたから、ゲームではどうかなと注目しましたが、いかなる場面でも自分のスイングの形を持っている。ヤクルト戦でホームランを打った時は、1打席目、2打席目に徹底した内角攻めをされて凡退したあとの打席でしっかり仕留めた。順応力もあるし、ボールをとらえるポイントが近いからインコースを苦にするタイプでもないね。

     今年の阪神? もちろん優勝ですよ。佐藤か入ったことで周りの選手にも刺激を与えているし、若手が育ってチーム力がついてきたからね」

    ▼記事全文はこちら



    阪神のドラ1・佐藤輝明選手は凄い 2試合目のプロ5打席目で (バックスクリーン上段に運ぶ2ラン) 飛び出したプロ初安打は 1969年 田淵幸一、 2001年 沖原佳典の 3試合を抜く球団史上最速安打 阪神ファンじゃ無くても 気になる選手ですよね。



    阪神・佐藤輝は「本物」、本紙評論家陣が太鼓判 有藤氏「30発」田淵氏「私の記録抜く」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/23/kiji/20210323s00001173088000c.html  阪神タイガースの若き主砲 ✨佐藤輝明✨ 評論家達は「最高で」30本予想 それ以上打ったら全員に罰則を与えよう(^_^) 私の予想は35本


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、阪神2-2楽天」(16日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     楽天の石井一久監督(47)が、阪神のドラフト1位・佐藤輝のスイングを絶賛した。

     この日、マルチ安打を記録した虎のゴールデンルーキーについて「スイングはすごく、人並み外れたスイングをしているなと思いました」と感心。続けて「新人選手であれだけ振れて、あれだけコンタクトできて、やっぱりドラフトのときに騒がれた選手なだけはあるなと思いました」と強烈な印象を受けたことを明かした。

    続きを読む

    このページのトップヘ