とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    練習試合

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍練習試合、阪神7-6Honda鈴鹿」(24日、鳴尾浜)

     阪神の新外国人、ラウル・アルカンタラ投手=前韓国・斗山=は六回に2番手として来日初登板を果たした。ただ、1回5安打3失点。2三振を奪ったが、1四球を与えるなど、38球を要した。直球の最速は152キロを計測したが、無死から5連打を浴びるなど、社会人相手に結果を残せなかった。

     ただ、打たれても表情を変えることなく、淡々と腕を振った右腕。調整段階のため、結果よりも、この日登板できたことに収穫があったのだろう。

     矢野監督は「5連打?まあまあ、それはびっくりやね。そっちの方がびっくりするわ。そんなに、びっくりしてないですけど」と“来日1号”を放ったロハスの活躍よりも、右腕の乱調デビューに驚いた様子だった。




    アルカンタラまだ来日して十分な調整できてないまま投げて完璧に抑えろってのは無理あるし、ここから上げていけばいいんすよ。



    アルカンタラも乱調かまぁまだ来たばかりだし仕方ない、と思えばいいかな?



    阪神の新外国人・アルカンタラ 来日初登板も1回5安打3失点の大乱調デビュー(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8ef135c8ad31b71451947d983b0219f92f8689fd   焦らずじっくり調整してくださいませー


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神中田賢一投手が2軍の練習試合・大和高田クラブ戦(鳴尾浜)に先発し3回を投げ、33球で無安打無失点と好投した。

    「悪くはなかったと思うけど、真っすぐが中に入る部分がある」と試合後は30球ブルペンで修正した。キャンプ中盤の左ふくらはぎ痛で出遅れたが「怖さなくやれている」と問題なし。次週5イニングを投げリハビリを終了する予定。平田2軍監督も「さすが。格の違いを見せてくれた」とほめ、投手陣最年長38歳の準備が整ってきた。





    能見さん切って残した意味がわからない。 阪神中田2軍戦3回無安打0封「格の違いを見せてくれた」平田2軍監督(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/6bbe66082e466793ec0e2481ad94d247a19a2063 



    格の違いを見せな(アカン)>阪神中田2軍戦3回無安打0封「格の違いを見せてくれた」平田2軍監督(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6bbe66082e466793ec0e2481ad94d247a19a2063 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神小野寺暖外野手(23)が四国IL・徳島との2軍練習試合(鳴尾浜)に5番一塁で先発出場。

    初回に肋骨(ろっこつ)付近に死球を受け、4回に代打を送られ交代した。今後は25日の状態を見て判断する。




    阪神 小野寺が 練習戦で負傷 交代、肋骨付近に死球受け (日刊スポーツ) (゚o゚;; 軽症ならぃぃが。。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210325-33241315-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、ヤクルト3-4阪神」(28日、ANA BALL PARK浦添)

     阪神のドラフト3位・佐藤蓮(上武大)が力強く再出発だ。プロ初の対外試合に臨み、1回無安打無失点に抑えた。

     「結構、緊張したんですけど、クヨクヨ考えるのもアレだな思って。もうミットめがけて、どんな結果でもいいから、腕を振って投げようと思いました」

     1点リードの八回に登板。1死からストレートの四球を与えたが、最速149キロの直球で真っ向勝負。打者を押し込み、ポテンシャルの高さを見せた。

     「悪い時はマウンドで表情に出たり、そういうしぐさを見せちゃいけないなと思った。久しぶりの実戦でピッチングを楽しもうと。下を向かずに上を向いて投げようと、技術的なところじゃなくてそういうところをテーマにして投げました」

     実戦デビューとなった7日・紅白戦は球数がオーバーし、予定の1イニングを投げきれずに降板した。そこから投球フォーム修正に着手。矢野監督から声をかけられ、前向きに取り組んできた。

     指揮官は「子どもを見てるような目やな。ドキドキしながら見てたけど、でもキャンプでこうやっていこうというところは見えたと思うし、今日がアイツにとっての本当のスタートだと思う」とほっと一安心。「これですぐに1軍で活躍してくれるというのがうれしいことなんだけど、それよりも本当の力をつけていく土台はなんとかできたかなと思う。打てるもんなら打ってみろという気持ちで投げ込めていたんで、オレもホッとしている」と期待を込めた。




    阪神・佐藤蓮「クヨクヨ考えるのもアレだなと」思い切りよく1回無失点 監督も一安心  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/02/28/0014114895.shtml  こっからよ👏



    佐藤蓮をよく短期間で実戦登板できるまでに仕上げたな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今年7月に30歳を迎える男がレギュラー奪取へ、大暴れ中だ。阪神・陽川尚将内野手(29)が28日の練習試合・ヤクルト戦で4安打の乱れ打ちを見せた。 

    「6番・一塁」で先発すると1回に木澤から左前打、5回には山野から中前適時打と敵のドラフト1、2位コンビを攻略すると、さらには7回には吉田大喜、9回には長谷川の球も左前打へと運んだ。異なるタイプの左右4投手からの4安打に本人は「状態がいいか悪いか分からないですけどアピールしていかなければいけない立場なんで。1打席1打席集中して打席に立てた」。内野だけなくプロ8年目は、ルーキーの佐藤輝やベテラン・糸井、高山など群雄割拠の外野のレギュラー候補の1人でもある。
     
     だが、同僚やファンから本塁打を放った際の「ゴリラポーズ」でおなじみの男は、至って冷静だ。「周りも結果を残しているんですけど、焦る気持ちだけが先に行かずに、しっかりできることをまず、やってそれが結果につながればいいなと思っている」。矢野監督からも「自信というのも見ていて感じる」と評価された陽川は、地に足をつけた形で、開幕までにさらなる大暴れを期していた。

    東京スポーツ




    阪神・陽川が4安打 矢野監督「焦るとか、そういうのがなくなってきている」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8aa041fbe42fbd54a09e4036bee3b914ce7dcb92  陽川ファースト、高山、佐藤は外野で固定してやってほしいな。 もう外国人いらないね。 でもロハスは使わざるを得ないと思うけど。。



    昨年のような開幕スタートダッシュの出遅れがなければチームとしての心配はない。個人的には高山の奮起にも期待している。開幕が楽しみ! #阪神タイガース 阪神・陽川が4安打 矢野監督「焦るとか、そういうのがなくなってきている」  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/02/28/0014115001.shtml 


    続きを読む

    このページのトップヘ