1


 「練習試合、阪神5-2四国銀行」(13日、安芸市営球場)

 阪神2軍の今キャンプ初実戦となった練習試合は四国銀行に5-2で勝利した。投手陣は5人の継投。望月が2回無安打1失点(自責0)。初回に先頭へ四球を与えると、犠打と一ゴロで2死三塁にピンチを招く。4番・南を二遊間のゴロで打ち取ったが、植田が失策し、三走が本塁に生還した。

 2番手・浜地は走者を出しながらもけん制でアウトにするなど、2回1安打無失点。3番手・石井将も先頭に四球は与えたが、後続を斬り、1回無安打無失点に抑えた。

 4番手・及川は7回の先頭打者に四球を与え、続く6番・平瀬に安打を許す。無死一、二塁から十河は空振り三振に斬ったが、岡崎に右前適時打を浴びた。結局、2回3安打1失点。5番手・牧は2回をパーフェクト。わずか12球で仕留めた。

 打線はドラフト7位・高寺が“プロ初打席”で“プロ初安打”。守備も2度の守備機会を難なくこなし、四回でベンチに退いた。

 中堅は板山が5打数3安打2打点で格の違いを見せると、江越、熊谷も2安打を記録した。




阪神キャンプ感想2/13 •投内連携,比較的上手くいった •マルテ,サンズの投内連携は練習が必要 •二軍は対外試合勝利 •江越,技ありタイムリーヒット •熊谷,1番振れている •高寺,上手く腕をたたんでヒット •浜地,牧,キレのあるボール •久慈C,遠慮気味?


続きを読む