とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    背番号44

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人投手、ラウル・アルカンタラ投手(29)=前韓国・斗山=は19日、兵庫県西宮市の球団事務所で入団会見した。背番号は「44」。ドミニカ共和国出身で193センチ、100キロの右腕。メジャー通算2年で2勝5敗の防御率7・19。昨季は韓国・斗山で31試合20勝2敗の防御率2・54だった。一問一答は次の通り。

     ―今の心境は?

     アルカンタラ「やっと隔離期間が明けたので、こうして皆さんにお会いできてうれしいです」

     ―2週間の隔離期間があった。今のコンディションは?

     「良いコンディションでできたかなと思います。いつからかは分からないが、練習でしっかり良い状態で臨めたらなと思います」

     ―チームは首位と絶好調。映像を見ていたと思うが

     「うれしいですね。隔離期間中だけでなく、アメリカでも、チームからアプリを送ってもらい、それを見る機会が多かったんですが、やっぱりすごい良いチームに来れてうれしいです」

     ―阪神のイメージは?

     「チームはすごく勝っている。そのなかで先発投手が良い状態であるからこそだと思います。その印象が強いです」

     ―ストロングポイントは?

     「皆さんご存じと思うが、ゾーンに投げられることと少し速い球かな、と思います(笑)」

     ―どんなスタイルでどんなプレーを見せてくれるのか?

     「先ほども言いましたが、しっかりとまずはコントロールするところが自分の武器だと思うので、それを見てもらいたいし、しっかりそれを継続していくところも見ていただきたい」

     ―日本で知っている選手はいるか?

     「まだちょっと全然分からないので、ビデオを見て研究してますけど、全然分かっていない状態なので、いち早く慣れたいと思います」

     ―背番号は「44」

     「43が良かったんですが、なかったのでチームに44を選んでもらいました。背番号にふさわしく、やりたいと思います」

     ―背番号「43」に愛着があったのか?

     「去年使っていた背番号で、去年良い成績を残せたので、その番号が良いかなと思ったんです」

     ―日本語も勉強してきたそうで

     「1個か2個覚えたのがあります。ワタシハ、アルカンタラ、デス。アリガトウゴザイマース。それくらいです」

     コロナ禍が広まるなか、どんな思いで日々過ごしてきたか?

     「世界中にとってつらい状況にあると思います。しっかり前を向いて、みんなでやっていくしかないと思います」

     ―ファンにメッセージを

     「テレビのなかで、皆さんが応援しているのを見ていました。早く、そこでプレーしたいという気持ちですし、引き続き私だけでなくチームを応援していただきたい。みんなで優勝に向けて頑張りたいと思います」




    背番号43誰かと思ったがコウキ・モリヤだったか。まあ背番号44はバースとウメノの背番号だしアルカンタラも活躍するでしょ(適当)



    アルカンタラは43が欲しかったのね。 守屋の番号を変えるまではしなかったのは球団側が守屋に期待してる証なのかな。  https://news.yahoo.co.jp/articles/83d51e01adbb4046c9b94a61bf9849a0ccabe5d9 



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は23日、今季韓国・斗山で20勝を挙げて、最多勝に輝いたラウル・アルカンタラ投手(28)の獲得を発表した。背番号は44。

     ドミニカ共和国出身のアルカンタラは193センチの大型右腕。2009年にレッドソックスに入団し、2016年にアスレチックスでメジャーデビュー。メジャーでは通算13試合に登板して2勝5敗だった。

     2018年オフに韓国・KTウィズと契約し、2019年は11勝を挙げた。今季は斗山で20勝2敗、防御率2・54だった。阪神でも先発ローテの一角として期待されている。

     球団を通して「阪神タイガースでプレーする機会をいただいたことに感謝したいですし、素晴らしいチームの一員となることを誇りに思います。今は、タイガースのユニフォームに袖を通してプレーすることに非常に興奮しています。チームの勝利に貢献できるように、常に全力でプレーすることをファンのみなさんに約束します」とコメントした。

     阪神は22日にロッテを自由契約となったチェンの獲得を発表しており、アルカンタラの獲得で今オフの外国人補強は2人目となった。

     さらに今季の韓国リーグ2冠王のロハスとも大筋合意済み。一度は保留者名簿を外れたが、今季のセ・リーグセーブ王・スアレスも残留が決定的となっている。

     すでにサンズ、マルテ、エドワーズ、ガンケルとの契約更新も発表済みで、来季も2年連続の外国人8人体制で臨むことになる。

     アルカンタラの加入で、阪神の先発陣は12球団トップクラスの布陣となる。

     今季の開幕投手でチームトップタイの11勝を挙げた西勇、同じく11勝の秋山、2年連続で規定投球回に到達した青柳、左腕・高橋までがほぼ当確。チェンも加わり、先発復帰を目指す藤浪や、ドラフト2位・伊藤将(JR東日本)らの名前も挙がる。

     2005年以来16年ぶりのリーグ優勝に向けて、態勢は整いつつある。




    ラウル・アルカンタラ選手と来季の選手契約を締結することで合意しましたのでお知らせします。なお、背番号は「44」に決定しましたので、合わせてお知らせします。 ▼詳しくはこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7220.html  pic.twitter.com/Y8KtfPHGW2



    @TigersDreamlink キターーーーーーーーー!!!!!!!



    @TigersDreamlink あかん阪神優勝してまう🐯


    続きを読む

    このページのトップヘ