1


阪神は30日、育成契約の横山雄哉投手(26)と、石井将希投手(25)の2選手を支配下選手登録すると発表した。

横山は14年にドラフト1位で入団。通算3勝を挙げるも、18年に左肩の手術を受け、19年には育成契約を結んでいた。今季はウエスタン・リーグで主に先発として13試合に登板し、防御率3・26の成績を残していた。

石井は17年育成ドラフト1位で入団。19年はウエスタン・リーグでチームトップの48試合に登板するなど直球を武器に結果を残した。今季も救援で17試合に登板し、防御率は1・06と安定。現在、11試合連続無失点中だ。

阪神は今季、育成枠からの支配下登録は初で、支配下70人枠に到達した。




本日30日(水)、育成選手の #横山雄哉選手#石井将希選手 と支配下選手契約を締結しましたのでお知らせいたします。なお、背番号については横山選手が「91」、石井選手が「93」に変更となります。



@TigersDreamlink きたーーーーーーー



@TigersDreamlink おめでとうございます!


続きを読む