1



 「日本ハム2-3阪神」(8日、札幌ドーム)

 阪神の守護神、ロベルト・スアレス投手(30)が自己最速の163キロをマークし、球場をどよめかせた。剛球で日本ハム打線をねじ伏せ、リーグトップの18セーブを挙げた。

 163キロをマークしたのは1点リードの九回1死で対戦した近藤の打席だった。カウント2-1からの4球目、内角高めに投げ込んだ一球を打者は辛うじてファウルとしたが、スコアボードに同球速が掲示されるほど、球の威力は抜群だった。

 最後は162キロ直球で近藤も手も足も出ず。続く高浜には右前打を許し、2試合連続本塁打中の王と対戦。11球粘られたが、最後は160キロの剛球で左飛に仕留めた。スアレスは「みんながいい仕事をしたと思っている。自分だけではなくて、この勝利をきっかけにどんどんどんどん勝ち続けられるようにチーム一丸となってやっていきたい」と決意を込めた。




なるほどスポナビによるとスアレスの163は記録されてて、藤浪の168は表示されてないからとりあえずスアレス自己最速更新?



本当スアレスがもしメジャー行ってたら・・・って考えるとゾッとするね。 阪神スアレスがリーグ独走18セーブ目 電光掲示板に「163」球団最速か(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/3f1077328ce3d82ed3fc6bff95b2b7c50fad871a 


続きを読む