とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    荒木郁也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神を戦力外となった荒木郁也内野手(33)が20日、現役引退を決断した。8日のトライアウトを最後のプレー機会として両親、妻が観戦。「もう自分がプレーすることはありません。やり切ったという思いが強いです」と11年間のプロ生活に区切りをつけた。

     トライアウト当日、メットライフドームで迎えた最後の打席。マウンドで向き合ったのは、ただの相手ではなかった。「ちょっと感極まってしまいましたね…」。ドラフト同期入団で可愛がってもらっていたタイガース時代の先輩・榎田との対戦だった。「ご飯とかしょっちゅう行ってましたしね」。10年ドラフトは育成含め8人のうち6人が高卒組で大卒、社会人出身は榎田と荒木だけだった。左腕は西武へトレード移籍したが、行動をともにすることも多かった2人が、キャリアの終盤で再び巡り会った。

     2球目のストレートを振り抜いた打球は左中間を切り裂く。到達した二塁上でマウンドを見ると、榎田が“ナイスバッティング”とグラブを掲げた。「エノキさんが手を上げたんです。それを見て“これはやばい”と思ってスルーしたんですけど…。やめてくださいよって」。クールな男の胸は震えていた。

     スタンドでは父・達也さん、母・正枝さん、妻が見守っていた。この3人のために響かせた快音でもあった。「(トライアウトを受けた理由は)両親に見せたい気持ちがほとんどです。見たかっただろうし」。翌日、東京の実家で食事をしている時、母が「これが最後の打席か…」とスタンドで目を潤ませながらつぶやいた父のことを教えてくれた。コロナ禍で2年間、球場での観戦がかなわなかった家族に集大成を目にしてもらうために、走攻守で力を出し切った。

     2安打1盗塁。「その時は“まだできるじゃん”と思ってやってましたけど」と現役続行への未練もわき上がったが、すぐに消えた。翌朝、目を覚ました時に引退を決めた。「戦力外通告を受けた時も、トライアウトを受けた後も“やり切った”という気持ちは変わらなかったんです。どういう気持ちになるのかなと思って、確かめる意味でもトライアウトを受けたんですけど。1日たっても変わらなかったですね」

     レギュラー期間は一度もなくても、代走など強みを磨いて11年間、プロで戦ってきた。「入った時は全ポジション、レギュラーが埋まっていて。2年でクビになると思っていました。それでも、コツコツやってきたつもり。11年間プレーできたのは、その時々でいろんな人が見てくれていたおかげかなと思います」。今後は未定ながら、現在はセカンドキャリアをサポートする団体の助言を受けながら就職先を探している。「不安もありますけど、これから何をするるんだろうと、今は楽しみな気持ちもあるんですよね」。悔いなくユニホームを脱いだ33歳は、まっさらな気持ちで第二の人生へ踏み出す。(遠藤 礼)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は5日、荒木郁也内野手(33)、伊藤和雄投手(31)、石井将希投手(26)、鈴木翔太投手(26)、藤谷洸介内野手(25)に対して、来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。

    荒木は11年目の今季、2軍で52試合に出場し、打率3割9厘と奮闘したが、若手の台頭もあり1軍昇格はなかった。10年ドラフト5位で明大から阪神に入団。俊足と内外野守れるユーティリティープレーヤーとして、代走守備固め要員などで存在感を発揮してきた。1軍では17年の49試合の出場が最多。通算成績は186試合、打率1割8分2厘、0本塁打、2打点だった。




    阪神からも出ました。戦力外通告 鈴木翔太はもう1年見てあげても良かったような。。。やっぱりケガかな #阪神タイガース #戦力外通告 阪神 荒木郁也、伊藤和雄、石井将希、鈴木翔太、藤谷洸介の5人が戦力外(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/25152017ed0fae101f707ecd9e03f84d713577dd 



    5人+引退表明した4選手合わせると9名チームを去る事となるなぁ。 阪神 荒木郁也、伊藤和雄、石井将希、鈴木翔太、藤谷洸介の5人が戦力外(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/25152017ed0fae101f707ecd9e03f84d713577dd 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の荒木郁也内野手(33)が来季の戦力構想から外れたことが4日、分かった。11年目の今季はウエスタン・リーグで打率・309と奮闘も、若手の台頭もあり1軍での出場機会はなかった。明大から10年のドラフト5位で入団し、自慢の俊足を武器に長年、代走要員などで存在感を発揮。守備では内外野を守れるユーティリティープレーヤーとしても機能した。15年5月28日の楽天戦ではプロ初の猛打賞を含む全6打席出塁と躍動。1軍では17年の49試合出場が最多で、1軍通算186試合、打率・182、0本塁打、2打点だった。




    阪神の荒木戦力外か、まあ、うん、そうなってもしゃあないな……



    阪神・荒木 33歳、来季戦力外 俊足武器に代走要員などで存在感、内外野守れるユーティリティー野手(スポニチアネックス) お疲れ様でした。  https://news.yahoo.co.jp/articles/58cc66c0a3ea6089a31f69c8f79907f49e63c907 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/03(月) 06:55:05.73 ID:68FgNfes0
    トレードの弾になる?



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1619992505/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍春季キャンプ」(9日、安芸)

     阪神の平田2軍監督がこの日最終日だった第2クールを総括。特に野手陣の名を挙げて「荒木は仕上がっている。江越、板山もバッティングの感じがいいし、(1軍に)いつ呼ばれてもいいくらい」と評価した。

     今クールは、8日に初の実戦形式となるシート打撃が組み込まれるなど、おのおのがアピール。遠藤が2安打を放ち存在感を示したほか、ドラフト7位・高寺(上田西)が2打数無安打に終わったものの、外角低めの難しいコースに反応して、鋭い左飛を放つなど可能性を見せた。

     また、今キャンプでは午後7時半頃まで安芸ドームで練習に励む選手もいるなど技術向上に余念がない。朝のアップ後には、施設内の坂道を駆け上がるといった強化ランニングのメニューで下半身を鍛えている。

     投手陣では今クールに藤川球児SAが視察に訪れ及川や石井将、牧らへ助言。平田2軍監督も、若手投手陣にもたらす効果に期待を寄せている。

     「石井はサイドスローにフォームを変えたというところで。変則のピッチャーが1軍にもいないということでSAも注目したと思うし。牧にしても、もう一皮むければもっといいボールがいく」

     11日からスタートする第3クールでは、社会人との練習試合も予定されている。若虎たちのアピールが本格化する。




    シートノックでファンを魅了せよ 阪神・平田2軍監督が若虎に注文 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/02/08/kiji/20210208s00001173509000c.html  じょうくんほめられてる😭



    阪神・平田2軍監督が荒木、江越、板山ら野手陣評価 第2クール総括(デイリースポーツ) ありがたいねぇ。 板山選手頑張れ❗️ #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/04911f2b5b01846dcc55c39ab419f13fcd05c417 


    続きを読む

    このページのトップヘ