1


 「2021NPB新人研修会」が8日、オンラインで開催され、12球団の新人選手が出席。侍ジャパン・建山義紀投手コーチ(45)の講義中、阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=の“強心臓”ぶりが発揮された。その後、球団を通じてオンライン取材に応じ、入団会見で対戦を熱望していた巨人・菅野撃ちへの決意を強くした。

 佐藤輝は自信を持って手を挙げた。“強心臓”ぶりが発揮されたのは、研修会の終盤に実施された侍ジャパン・建山投手コーチの特別講義。建山コーチから「緊張はするが、大舞台で力を発揮できるか」という問いに、画面越しから真っすぐ挙手をしていた。

 「ある程度、自分の力を発揮できるというところで挙げました」

 自身の持ち味を冷静に分析した上での自己主張。さらに建山コーチからルーキーに「緊張を受け入れた上で今、何ができるか」と説かれ、勝負どころで活躍するためにも日々の練習、行動から「全てを野球に注げるか」という熱弁もあった。その代表例として挙がったのが、メジャーで活躍したイチロー氏だった。

 全てを野球に注ぐ-。建山コーチは、佐藤輝の理想の選手像でもあるイチロー氏が同じルーティンで練習に取り組んでいたことや、「小さなものの積み重ねが唯一大きなものを生み出す」といった同氏の考えを話した。プロの世界で戦う極意を学んだ佐藤輝の意識はより強まっていく。

 「緊張は誰しもがするものだと思うので、それをしっかり受け入れてプラスの方向に持って行けたらいいんじゃないかなと思いました」。野球人として生きていく指針となる金言が胸に刻まれた。

 この日、ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指していた巨人・菅野の残留が決定した。実は入団会見の時から佐藤輝は菅野との対戦を熱望しており「もちろんホームランをイメージしています」と脳裏に描く。

 今季中に対戦できる可能性がグッと高まった。「全てがハイレベルな選手」と菅野の印象を語るが「いい投手から打てば、余計に(ファンに)喜んでもらえると思う。頑張ります」と闘志を燃やす。宿敵のエースとの戦いが待ち受ける。緊張を力に変え、大舞台で特大のアーチを架ける。




菅野との対戦を熱望しており「もちろんホームランをイメージしています」←僕も勝手に想像してます。 阪神ドラ1佐藤輝 強心臓で巨人・菅野撃ち弾誓う「喜んでもらえる」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/01/09/0013993353.shtml  @Daily_Onlineより


続きを読む