とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    藤井康雄コーチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神藤井康雄1・2軍巡回打撃コーチが、佐藤輝明内野手の進化に太鼓判を押した。

    キャンプでは軸を意識したフォーム固めに取り組み、空振りが減るなど結果につながりつつある。同コーチは「テルが吹っ切れた感じで、ちゃんとバッティングができた。軸がちゃんとできているのかな」と評価した。

    同コーチの今後について矢野監督は「(コロナ禍で)今、ファームに合流することはできない。ファームももちろん見てもらいたいけど、臨機応変にやってもらおうと思う」と話した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <オープン戦:中日2-1阪神>◇26日◇アグレスタジアム北谷

    阪神佐藤輝明が、実戦10打席連続で空振りなしを続けている。

    オープン戦初戦の中日戦は「4番右翼」で出場。6回に田島の高め直球を捉え、一、二塁間を破る右前打とした。9回には清水の初球をたたきつけ、遊撃内野安打で4打数2安打。「しっかり打ちにいってボール球を見逃すことができた」。実戦8試合で打率4割6分4厘と高い数字をキープしている。

    20日中日戦の第1打席で空振り三振したのを最後に、これで10打席、28球空振りがない。「特に意識はしていないが、しっかりコンタクトできている」。1年目の昨季は173三振。シーズン歴代6位タイ、球団ワーストを更新した。三振を恐れずスイングする攻めの姿は変わらないが、新任の藤井康巡回打撃コーチの指導で、ミート率がアップ。打ちに出てボール球を見極めることもできている。

    27日のヤクルト戦は、昨季7打数無安打、3三振ですべて空振り三振を奪われた奥川が先発する。「変わらずしっかりやっていることを出せたら」。矢野監督が大山と4番を争わせる中で、佐藤輝が大きく進化し始めている。【石橋隆雄】

    ◆佐藤輝の連続空振りなし◆

    ▼2月20日 中日戦

    第1打席 投手岡野

    <1>ボール

    <2>ボール

    <3>ボール

    <4>見逃し

    <5>見逃し

    <6>空振り三振

    第2打席 投手鈴木

    <1>ボール

    <2>一ゴロ

    第3打席 投手大嶺

    <1>中前安打

    第4打席 投手藤嶋

    <1>ボール

    <2>ボール

    <3>中二塁打

    ▼2月24日 紅白戦

    第1打席 投手小野

    <1>ボール

    <2>ストライク

    <3>遊ゴロ

    第2打席 投手浜地

    <1>ボール

    <2>ボール

    <3>右前安打

    第3打席 投手湯浅

    <1>ボール

    <2>ファウル

    <3>見逃し

    <4>ファウル

    <5>ボール

    <6>ファウル

    <7>右越え本塁打

    ▼2月26日 中日戦

    第1打席 投手大野雄※

    <1>見逃し

    <2>ボール

    <3>ファウル

    <4>三邪飛

    第2打席 投手岡田※

    <1>中飛

    第3打席 投手田島

    <1>ボール

    <2>ボール

    <3>右前安打

    第4打席 投手清水

    <1>遊撃内野安打

    【注】※=左投手




    【北谷🏝】 佐藤輝選手はオープン戦開幕戦でマルチ安打を記録!好調のようです🔥 #阪神タイガース #春季キャンプ pic.twitter.com/ixSSXn9XfN


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    目指せ30本塁打だ! 阪神糸井が藤井康1、2軍巡回打撃コーチから太鼓判を押された。

    この日のフリー打撃で43スイング中6発柵越え。午後の練習でもロングティー打撃を藤井コーチと約1時間30分間、マンツーマンレッスンを行い、考えをすり合わせた。指導する藤井コーチは「飛ばすよね。それだけ持ってるものが素晴らしい」と超人パワーを絶賛した。

    チーム最年長の40歳ながら、阪神に加入して6年目で最速の実戦に臨むなど存在感を示してきた。その期待値は大きく「あの距離見てたら30発は打てるんじゃないかな」と予測。糸井のキャリアハイは19本だが、その実績を大きく上回る状態の良さを感じた。

    40歳以上で30本以上本塁打を打ったのは、通算本塁打数歴代3位の門田博光氏だ。藤井コーチも門田氏に照らし合わせ「まだまだ今日話をした中で新しい感覚が出てくるという意味で、伸び代があるのかな」と期待を寄せた。外野手争いが激化する中、それをもはねのける打撃で定位置奪取を狙う。




    超人は衰え知らず! 阪神糸井嘉男フリー打撃6発柵越え!藤井コーチ「30発は打てるんじゃないかな」超人パワー絶賛  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202160001241.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神糸井嘉男フリー打撃6発柵越え!藤井コーチ「30発は打てるんじゃないかな」超人パワー絶賛  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202160001241.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  そらそうよ😂🐯 糸井さんは超人やもの✨ フルイニング出場出来たら 今でもそれくらいいけると思うで✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神大山悠輔内野手(27)が藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチと1時間15分のロングティーに取り組んだ。

    一塁ベンチ前から右翼方向へ打ち込んだ。同コーチは「彼に合った体の使い方を再確認することで、飛ばそうと思わなくても打球は飛ぶということ」と説明。「4スタンス理論」に基づく指導で大山と同じA2タイプ(つま先の外側に重心)となる矢野監督も途中から参加。現役時代の感覚などをアドバイスした。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神春季キャンプ(3日、沖縄・宜野座)緊急改造! 阪神・佐藤輝明内野手(22)が3日、バットを寝かした打撃フォームを、立てて構える元の形に戻した。3日間の密着指導を行った藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ(59)が明かした。5日の紅白戦では紅組の「4番」で出撃予定。白組の4番・大山に打ち勝ち、先発・藤浪を攻略し、試行錯誤したからこそたどり着いた本来の形で進化をみせる。

    迷い、悩んだからこそ〝本来の姿〟が合っていると自信が持てた。藤井康1、2軍巡回打撃コーチから受けた3日間の密着指導で緊急改造。とことんバットを振り込み、助言をもらい、そして佐藤輝が下した決断は、新フォームから元の形に戻すことだった。

    「いい感じだと思います。いい打球がいっていたと思います」

    もともとはグリップを高く、バットを立てて構えていたが、より球を長く見極め、確実性をアップさせるために、昨年11月からバットを寝かせる新フォームを試してきた。当然、キャンプインから取り組んできたのもこのフォームだ。しかし、数多の大砲を育ててきた名伯楽の目には、体の動きに合っていないように映った。藤井康コーチは説明した。

    「きれいに体全体プラス、バットも一緒に全部が連動してくれないとダメ。それでいま、寝かすというよりもまた元の形に戻している感じ」

    大事なのは体の連動性。〝回転して打つ〟ということ。新打法ではそれができていなかった。特に4スタンス理論で重心の位置が、かかと・内側にあるされる「B1」タイプの佐藤輝は後ろ側の軸で回転できることが肝だ。大雨で室内での打撃練習となったこの日も、ティー打撃を行っては藤井康コーチと対話の繰り返し。室内ロングティーでは、後ろからじっと打球を見つめるコーチの姿があった。

    もちろん、取り組んだことはムダではない。より高みを目指したからこそ、過去といまを比較することができた。そして、後ろ軸の重要性にたどり着いた。佐藤輝は「それ(後ろ軸)がB1タイプ。そういうのも取り入れつつ、自分の感覚に落とし込んでやっていきたい」と力を込める。藤井康コーチも「形自体はよくなっている。きょうが(3日間で)一番よかった」とうなずいた。

    手応えを感じた本来の形。5日は今キャンプ初実戦の紅白戦が行われる。佐藤輝は紅組の「4番・右翼」で出撃予定。白組の4番は大山。矢野監督が4番候補にあげる2人の大砲が、チームを分けて争う形となったが、佐藤輝は「4番目に打つということですね」と自然体を強調した。

    そして、白組の先発は藤浪だ。昨年も紅白戦で対戦しオール直球勝負の末、155キロにバットが空を斬った。「(去年は)三振だったので、今年は前に飛ばせるように」。1年間の成長を試す絶好の相手といえる。

    「いろいろ試しているので、なんとも言えないですけど、打てるに越したことはないので頑張って打ちます。紅白戦でもいい打球が出せるように頑張っていきます」

    試行錯誤があったからこそ、帰ってこられた原点。プロの洗礼を食らった先輩を打ち砕き、つかんだ自信を確信に変える。(原田遼太郎)




    >藤井康1、2軍巡回打撃コーチから受けた3日間の密着指導で緊急改造。とことんバットを振り込み、助言をもらい、そして佐藤輝が下した決断は、新フォームから元の形に戻すことだった。 結局元に戻すんか、まぁ色々試すのは悪くないもんな^_^ #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c1b6adf7d953ba29690711d5740d4a786779cf0d 


    続きを読む

    このページのトップヘ