とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    藤川球児

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    藤川


    本日7月21日は藤川球児さん41歳の誕生日です。おめでとうございます。
    現在は阪神タイガースのスペシャルアシスタント


    皆様、誕生日のお祝いメッセージ ありがとうございます😅 祝われる側はあまり得意ではない のですが感謝しています! 皆様も熱中症等お気をつけてお過ごし 下さい😌 #kyuji22



    @kyuji22fujikawa 球児さんお誕生日おめでとうございます😊素敵な1年になりますように☺️🎂



    @kyuji22fujikawa 藤川さんおめでとうございます🎉 プロスピAユーザーとしても大変嬉しく思います!! これからもよろしくお願い致します🙇‍♂️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ 阪神3―4DeNA(14日・甲子園)

     阪神は2カード連続負け越しで、甲子園では9カード連続勝ち越しなしとなり、前半戦ラスト試合を勝利で飾ることはできなかった。スポーツ報知野球評論家の藤川球児氏は、後半戦に向けた阪神バッテリーの課題を指摘した。

     * * *

     交流戦明けから、もったいない失点が目立つ。それは投手だけの責任ではない。正捕手の梅野は前半戦首位の立役者だが、いい時も悪い時もバッテリーは共同作業だ。

     この日は、1点ビハインドの4回、先頭のソトを打ち取った後に7番・大和、8番・伊藤にともに外角中心の配球で連打を浴び、投手の今永に中前適時打を許した。DeNA打線の並びで長距離打者はソトが最後だから、梅野は本塁打がないとほっとして、安全にリードしている面があった。

     また、若い投手たちもシーズン中盤が過ぎ、ただ単にボールを投げているだけではいけない。ウイニングショットまでどうもっていくのかを考えないといけない。梅野に限らず、バッテリーで話し合い、課題を洗い直して後半戦をどう戦うのか、チームとして新しい配球を築き上げる必要がある。そうすれば、失点を防げる確率は上がるだろう。(スポーツ報知評論家・藤川球児)




    やっぱりそうなのか。ウィーラーの時に特に感じたけど、「待ってました」で打たれることが増えたよね交流戦明け以降。 藤川球児氏が指摘 阪神バッテリーはもったいない失点が目立つ…後半戦へ新たな配球の構築も必要では(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/722a88fd57fa89bb67115101ed97e22afc7ce556 



    まさに、ファンが心に抱いている事を言ってくれた。特に、2ストライク後のヒットや投手に対しての配球が気になる。 藤川球児氏が指摘 阪神バッテリーはもったいない失点が目立つ…後半戦へ新たな配球の構築も必要では(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/722a88fd57fa89bb67115101ed97e22afc7ce556 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     交流戦は12勝5敗1分のオリックスが優勝した。交流戦前はリーグ5位に沈んでいただけに、大番狂わせと言っていいだろう。

     だが、これをピタリと的中させた評論家がいる。

    「昨季まで阪神でプレーしていた藤川球児さんです」

     とスポーツ紙デスクが明かす。

     それは交流戦開幕を3日後に控えた5月22日。藤川が主宰するYouTubeチャンネルのテーマは「優勝予想」だった。

    「そこで、藤川さんは“とんでもなく強い球団がある”と自信たっぷりにオリックスを推したんです」

     配信では、自身の交流戦通算成績が“防御率0・96”と抜群だったことが明かされ、“交流戦はデータではなく力勝負。だから稼ぎ時だった”と告白。交流戦は“ベテランより若手が強い”と説明した。そして、直近5年で4度優勝しているソフトバンクを“年齢が……気づいたらベテラン”と切って捨て、オリックスは“若手が活躍し始めた”として太鼓判を押したのだ。

     ちなみに、

    「“花マル”のオリックスに次ぐ“二重マル”には阪神を挙げた。結果は、阪神が2位。ソフトバンクはまさかの10位でした」

     引退して解説者に転身した藤川は今月6日の巨人対日本ハム戦で初めてNHKの解説を担当。そこでも、

    「配球をズバズバ当てただけでなく、試合前、巨人先発の菅野が日ハムの王柏融(ワンボーロン)に打たれることを予言し、実際に王の本塁打が飛び出したのには驚きました」

     この日の菅野は5回2失点。その失点の一つを当てたのだから慧眼である。

     圧巻は4月16日の阪神対ヤクルト戦の中継だった。

    「阪神の藤浪投手が打席に立つと、“気持ち悪い”などと異変を察知。するとその直後、なんと藤浪が本塁打を放ったんです」

     投手の本塁打を当てるなんて神がかりという他ない。

     今後は“大物ルーキー解説者”の活躍にも注目だ。

    「週刊新潮」2021年6月24日号 掲載




    藤川さん本当に分かりやすくて勉強になるなー データと経験との塩梅がすごく参考になる 藤川球児、交流戦の「オリックス」優勝を的中 これまでに見せた「神予想」リスト  https://www.dailyshincho.jp/article/2021/06231056/ 



    藤川球児、交流戦の「オリックス」優勝を的中  これまでに見せた「神予想」リスト(デイリー新潮) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ebd4707f114cd24e442980efecca35a03e047816  野球中継時の解説も一番適格な表現で解説


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    小宮山のプロ初打席三振指示の話。 実際はシーズン最終戦で当時のプロ野球タイ記録である46セーブがかかった試合であったことが全く知れ渡っていなくて悲しい。 岡田さんが言葉足らずなのもアレですが。 小宮山のWikipediaにも早速間違った情報が書かれているし…



    どんでんの小宮山の話おもろ



    どんでん、小宮山に三振指示したんかw


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     13日の格闘技イベント「RIZIN.28」(東京ドーム)で、クレベル・コイケ(31=ブラジル)に三角絞めで無念の一本負けを喫した〝最強兄弟の兄〟朝倉未来(28)が一夜明けて自身のインスタグラムを更新し、現役続行に意欲を見せた。

     試合直後、今後について引退も示唆していたが「昨日は応援ありがとうございました。結果はついてこなかったけど、努力はしてきたので試合をした事に対する悔いはないです それと、沢山の人が応援してくれているということを改めて実感しました 少し休んで、また頑張ろうかな 朝倉未来は最強でないといけない」と、現役続行、そして改めて〝最強〟への意欲を見せた。

     13日の試合後は「引退も含めて考える。今日ここで負けて、この先、格闘技をやっていく意味があるのかどうか。自分に落胆しているし、トップを目指せないんだったらやる意味がない」と失意の言葉。格闘技界はもちろん、野球界からも元阪神の守護神・藤川球児氏が自身のツイッターで「朝倉未来選手の公式会見を見て思う 自分もクローザーしててピンチの時 いつもこれで打たれたら辞めようと 頭をよぎる よぎっては何とか耐える また結果で示す 打たれた後は心の着地点を探す いつのまにか応援してくれてる人達の 為に頑張りたいと思うようになった 彼は夢を与えてると思う」とコメントするなどジャンルの垣根を超えて波紋を呼んでいた。

    東京スポーツ




    朝倉未来選手の公式会見を見て思う 自分もクローザーしててピンチの時 いつもこれで打たれたら辞めようと 頭をよぎる よぎっては何とか耐える また結果で示す 打たれた後は心の着地点を探す いつのまにか応援してくれてる人達の 為に頑張りたいと思うようになった 彼は夢を与えてると思う #kyuji22



    @kyuji22fujikawa このツイートを見て甲子園でソトに打たれた時の球児さんの表情を思い出しました。ずっと応援してきたけどあんな表情とうつむいた球児さん見たことなかったから。トップで闘ってる人にしか分からない感情なんですね



    @kyuji22fujikawa そんな球児さんに励まされたのは我々です 本当に素晴らしい夢を見させて頂いた 朝倉選手もお疲れ様でした


    続きを読む

    このページのトップヘ