とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    藤浪復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【ココリコ遠藤章造 プロ野球独り言・特別編(3)】

     夕刊フジコラムニストの豪華共演で送る集中連載“ふたり言”の第3回。今季の阪神はとにかく先発投手の層が厚い! 元エースの藪恵壹さん(52)は、昨季復活の兆しを見せた藤浪晋太郎投手(26)でさえ、ローテの当落線上だとみています。

     遠藤「今年やっぱり気になるのが藤浪投手。技術的に何か変わったこととか、あったりするんですか?」

     藪「いや、去年の春季キャンプで山本昌さんが臨時コーチで来て、手首の話とかしたんですが、ほとんど変わってないんですよ。同じ感じですよね、(手首が)倒れてるのは倒れてるので。でも気持ちはずいぶん変わりましたから。顔もすっきりしてますし、もう大丈夫だと思いますけどね」

     遠藤「去年は中継ぎで顔つきも変わってきて、『野球をすごく楽しんでやってるな』って。ベンチでの顔つきも変わっていて。『これ!』と思ったんですよ。『藤浪はこの顔、この顔!』って」

     藪「一時の不安げな表情からはだいぶ脱しましたよね」

     遠藤「そこでいくと、今年は先発ローテーションに入ってもらわないといけないピッチャーですよね」

     藪「そうなんですけど、今年のローテーションはかなり競争は厳しいですよ。西(勇)がいるでしょ、秋山が来ますよね。で高橋遥人。この3人は決定だと思います」

     遠藤「秋山、頑張ってもらいたいですよね。遥人もいいですねえ。あと、青柳君とかもいますけど」

     藪「青柳、藤浪。それでチェン君(前ロッテ)が来ますよね、今度外国人で。あとアルカンタラ。いい投手ですよ。斗山ベアーズ(韓国)で去年31試合に先発して20勝2敗。真っ直ぐも平均152キロくらい出てますね。それにスライダーとフォーク。新外国人2枚も来て、先発が7人いますから」

     遠藤「あれ? 今年100勝するんじゃないですか?」

     藪「ハハハ。200試合でですか?」

     遠藤「いやいやいや、それじゃ(勝率)5割じゃないですか! 143試合だったとしても負ける気がしないですね」

     藪「あとはね、阪神の問題はキャッチャーですよ」

     遠藤「キャッチャーはもう、梅ちゃん(梅野)が完全に独り立ちしたんじゃ…」

     藪「いやいやいやいや…」

     遠藤「いやいやいや、ですかあ?!」




    たしかに計算だと100勝くらいするね 復活・藤浪も“当落線上”、今季の阪神ローテは層が厚く…「あれ?100勝するんじゃないの?」 ココリコ遠藤章造・プロ野球独り言(夕刊フジ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/80841fbed9e20b7b6cacea00bfe26ba2aad9c5d1 



    復活・藤浪も“当落線上”、今季の阪神ローテは層が厚く…「あれ?100勝するんじゃないの?」 ココリコ遠藤章造・プロ野球独り言(夕刊フジ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/80841fbed9e20b7b6cacea00bfe26ba2aad9c5d1  今年の阪神では藤波が本当に復活して「怪物」ぶりを発揮できるかが一番の興味だよ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ヤクルト4-7阪神」(21日、神宮球場)

     阪神・藤浪が692日ぶり白星を挙げた。苦難の道を歩んできた右腕の感動星。

     一問一答は以下の通り。

     -おめでとうございます。

     「ありがとうございます」

     -今の率直な気持ち。

     「2年間ぐらい勝てていなかったので、すごく長かったなあという気持ちと、今シーズンもなかなか自分でも勝てないピッチングが続いていたので、やっと勝てたかという気持ちが一番強いです」

     -692日ぶり勝利。ここまで2年間どんな気持ちで練習してきたか。

     「そうですね、苦しいことばっかりだったように思いますし、つらいこと多かったですけど、そうですね…、コツコツやるしかないと思って、毎日毎日、練習してきました」

     -5試合目の登板。どんな気持ちでマウンドに上がったか。

     「勝ち星がもちろん欲しいという気持ちはあるんですけど、そういう欲は持ちながら、そういう気持ちを抑えつつ、力まないように、自然体で入ろうと思ってマウンドに上がりました」

     -二回は自身のバットで得点した。

     「ラッキーだったと思いますね(笑)。打った瞬間『やばい、ホームゲッツーや』と思ったんですけど(笑)。一生懸命走ってましたし、一塁もセーフになりましたし、それが結果としていい方向にいった要因かなと思います」

     -チームの連敗も止めた。チームも上がってきたか。

     「そうですね、今日ああいう自分のラッキーなヒットから点数が入ったりしたので、流れが変わると思いますし、あまりチームのことを言えるような立場ではないですけど、いい流れになってくるんじゃないかなと思います」

     -次の登板へ向けて抱負を。

     「今日もたくさんのファン方が応援してくださいましたし、こんな状況の中でたくさんの方が応援してくださるので励みになりますし、次の登板、1個勝って自分自身も流れが変わってくると思うので、しっかり勝てるように、長いイニングを投げられるように、チームに貢献できるように頑張っていきたいと思います。応援よろしくおねがいします!」




    今日はスワローズを応援してたんだけど、藤浪投手の692日ぶりの勝利が見られたからよしとしよう。荒れてはいたけど、要所要所で投げる球は確かに一級品だった。苦しいことばかりだったと言うヒーローインタビューも印象的だったな。 pic.twitter.com/7UsWgBwp2Z



    692日ぶり勝利の阪神・藤浪「苦しいことばっかり」「つらいこと多かった」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/21/0013624315.shtml  pic.twitter.com/UpJi8kUyof


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     高知・安芸での秋季キャンプに参加している阪神・藤浪が「復活計画」の第2段階に足を踏み入れた。山本昌臨時コーチの指導でチェンジアップを多投し手首を立てるリリースを繰り返した第1クールから、第2クールはボールの「回転数」を意識する助言が相次いだ。

     「やってることは一緒なんですけど、自分の中で(リリースの)感覚は分かってきた」

     この日はブルペンでチェンジアップ以外の変化球を投げることなく直球中心に69球。捕手までの「縦のライン」を意識したフォームを継続した上で、臨時コーチから「スピン」や「回転数」というキーワードが発せられた。途中には「今のは(藤川)球児ぐらい」と火の玉ストレートを操る先輩右腕の名前を出されて鼓舞された。

     その後の個別練習では、4人の投手コーチ、さらには矢野監督も見守る中で強度を上げたキャッチボールを実施。山本昌コーチは「最後の居残りのボールすごかったでしょ。スピン量うんぬんでいえば、彼はもっともっとつけられるはずなんで。今の、ボールをリリースするところが安定してきたら、二の矢三の矢も話す時が来ればいい」とうなずいた。

     「回転数が多いイコール良い、とは思ってないですけど(ボールを)捕まえられているという意味でリリースは安定していると思う」。体に植え付けるように、地道に腕を振る日々が、反攻を期す来季へつながっていく。

    (遠藤 礼) 




    山本昌さんの藤浪君復活計画 第2クールはボールの「回転数」を意識‼️ とにかく、昌さんを信じるしかない‼️ 阪神 藤浪「復活計画」第2段階へ 臨時コーチからボールの「回転数」を意識する助言(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000038-spnannex-base 



    山本昌の助言でいい方向へ向かうと「復活」ってよりは「覚醒」と言った方がいいのかな。 今まではセンスだけでやってただけだと思うので。 阪神 藤浪「復活計画」第2段階へ 臨時コーチからボールの「回転数」を意識する助言(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000038-spnannex-base 



    阪神 藤浪「復活計画」第2段階へ 臨時コーチからボールの「回転数」を意識する助言― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/06/kiji/20191106s00001173083000c.html  まだ結果出てないけど 藤浪は今までいいコーチと出会わなかったんじゃないかと思った


    続きを読む

    このページのトップヘ