とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    虎風荘

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    猛虎のスターを目指せ! 阪神の藤川球児スペシャルアシスタント(SA、41)が27日、ドラフト1位森木大智投手(18=高知)ら新人8選手に特別講義を行った。鳴尾浜球場に隣接する選手寮「虎風荘」で、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で熱弁。約1時間30分、プロの心得を説き、ブレずに真の看板選手への階段を駆け上ることを願った。

       ◇   ◇   ◇

    約90分の“火の玉塾”を終えると、鳴尾浜の選手寮はすっかり暗闇に包まれていた。プロの心得、責任、自覚…。藤川SAは「要点は4つ、5つくらいに絞りました。阪神タイガースで活躍する(ということ)。うまくいっていないところからもう1度立ち上がったり、その難しさを、経験を踏まえて話しました」と余熱を持って振り返った。

    虎の未来を背負う若者への熱い講演。特に熱を帯びたのは、「現状、12球団で本当に胸の張れるスター選手は?」と投げかけた時のことだ。「オリックスは山本由伸」「ソフトバンクは千賀」「巨人は菅野」。新人たちはすらすらと回答したが、阪神となると名前が挙がらなかったという。

    藤川SA それが今の現実なんです。阪神はそうなっている段階の選手はいるけれども、そうなり切れた選手はいないんですと。君たちはまだ何もつかんでいない。自分というものを作り上げてほしい。そうすることが唯一、今名前を自分で挙げたような選手になれるチャンス。そのぐらいトップになるのは難しいでしょって話をしました。

    ブレずに自らの道を進み、頂点へと駆け上がれ-。日米を渡り歩いたレジェンドの言葉をルーキーたちはメモに取り、食い入るように耳を傾けた。

    同じ高知同郷の大先輩と初対面した森木も強くうなずいた。「世界一の投手」を目標に掲げる右腕は「まず阪神の顔にならないといけない」と力を込める。「(藤川SAを)超えていかなくちゃいけない。時代は変わっていくので、世代交代として僕が先頭に立ってやっていくことが大事」。虎の未来のスターを目指す覚悟が早くもにじみ出た。

    森木と初めて接した藤川SAも「自分なんかよりは全然大人だなと感じます」と目を細めた。一方で中学時代に軟式で150キロを出してスーパー中学生と騒がれたことも引き合いに、こう付け加えた。「ちょっと早熟ですよね、精神的なところも。松坂もそうだったけど、幼いところを見せられる先輩に出会ってほしい」。苦しい時に自分をさらけ出せる、頼れる先輩探しも大切と力を込めた。金の卵たちに投げ込んだ“火の玉ストレート”の金言集は、深く心に刻まれたに違いない。【中野椋】

    <“藤川先生”の猛ゲキ>

    ◆嫌われ役だ 現役時代の11年オフ、投手キャプテンに就任。「嫌われ者になっても構わないから、言いたいことを言う。足りないことをはっきりと言う。野手なら鳥谷がその立場。僕と鳥谷と2人で、その立場を担っていく」と腹をくくり、若虎たちに厳しく接した。

    ◆片付けろ 12年1月、鳴尾浜施設の投手ロッカーが汚いことに激怒。「これじゃ1軍に上がれない。1軍の選手と差が出てしまう。自分が若い時は、スリッパをそろえたり、靴をそろえたりしていた。ろくな選手が育たない」と苦言を呈し、風紀に注文を出した。

    ◆尊敬するな 20年3月の甲子園での練習中に、ドラフト6位新人投手の小川の「憧れは藤川さん」との言葉に反応。「尊敬なんかしてるから(自分に)勝たれへんねん、とは言いますよ」と愛情あふれる一言。

    ◆あそこは崖っぷち 現役引退会見から一夜明けた20年9月の鳴尾浜で若虎にゲキ。「甘い言葉をかける人ほど信用できない。厳しいもの。その厳しさをバネに戦ってきた」。「(1軍のマウンドは)お山の大将というけど、あそこは崖っぷち」とプロの厳しさを説いた。




    猛虎のスター目指せ!阪神藤川球児SAが新人8選手に“火の玉塾”  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201270001029.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  出た!火の玉塾😁🐯 新人8選手には貴重な時間だったろうね✨ 虎を背負うような選手になってよルーキー達✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト4位ルーキー・前川右京外野手(18=智弁学園)が6日、兵庫・西宮市内の若手寮・虎風荘に入寮。高校通算37発の長距離砲は「今日からプロ野球生活が始まるということで気が引き締まる。(寮は)とても環境も良くて野球に専念できる環境が整っているので今日から野球に打ち込みたい」と気合いをいれた。

     昨年12月の半ばに、智弁学園の3年生ナインたちとUSJに行ったとのことで、その際にゲームで獲得したスヌーピーのぬいぐるみを持参。「とてもいい思い出。(智弁学園のナインからは)俺たちも応援するからお前も頑張って早く一軍で出ている姿を見せてほしいと声をかけられた」と表情をやわらげた。

     高卒ルーキーながら、矢野監督は前川の春季キャンプ一軍帯同を早くも示唆。将来を嘱望されるチームの主砲候補は「甲子園でヒーローになって(お立ち台で贈呈される)トラッキーのぬいぐるみをたくさんもらえるように頑張りたい。誰からも憧れてもらって子供たちに夢や希望を与えられるような大きな人間になりたい」と胸を張った。




    前川右京選手入寮しました。 スヌーピーのぬいぐるみ🧸は意外でしたが、ボクも会社で身につけているモノがあるので明日ツイートします(*^^*)  https://www.instagram.com/p/CYYQyVGvXVL/?utm_medium=share_sheet 



    『前川右京選手 智辯の皆で行ったUSJのゲームで取ったスヌーピーのぬいぐるみ』 高校生やなぁ(笑) 中川君は『新しく買ったサボテン』ですか。 森木大智選手らが「虎風荘」へ入寮|球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイト  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7820.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     大学の総監督からのゲキを胸に、プロの世界での飛躍を誓った。6日、新入団選手7人が入寮した阪神でドラフト3位・桐敷拓馬投手(22=新潟医療福祉大)は、大学の佐藤和也総監督がしたためた「虎視眈々」の筆書きが入った色紙を持参。「去年、年内で最後に会う機会があってそのときに総監督からいただきました。『頑張れ』の激励の意味を込めていただきました」と明かし「大学のときよりもひと皮むけた状態で、自分のピッチングを甲子園という舞台で見せられるように」と、恩師から送られた言葉を〝有言実行〟していくことが今後の目標という。

     新たな生活拠点となる寮の部屋は、両隣りが同期のドラフト2位・鈴木と佐藤輝明。桐敷は「即戦力としてチームに貢献していたので1年目の考え方であったり、過ごし方であったり、いろいろな面を吸収していきたい」と寮での〝ご近所づきあい〟も駆使して、1年目からの躍動につなげるつもりだ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     大輪の〝花〟を咲かすことはできるか――。阪神のドラフト7位ルーキー・中川勇斗捕手(18=京都国際高)が6日に兵庫・西宮市内の若手寮・虎風荘に入寮。「やっと始まったというか気が引き締まった気持ち。(寮は)とてもきれいで充実した生活が送れると思っています」と目を輝かせた。

     二塁送球1秒8の強肩捕手が部屋に持参したのはサボテン。「もともと緑が好き。安らぎというか目の保養というかそういうものが要ると思ったので」と中川は初々しく説明した。

     サボテンの花言葉でもある「『燃える心』を大事にしていきたい」とした18歳は9日から始まる新人合同自主トレに参加。「まだ全然体が仕上がってないのでしっかり調整していきたい。高校生なのでしっかり声を出して元気を出してやっていきたい」と力を込めた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     唯一の社会人出身ルーキーは「大人」の身だしなみアイテムを持ち込んだ。

     6日、入寮を終えた阪神ドラフト6位・豊田寛外野手(24=日立製作所)は「社会人時代の同期と後輩からプレゼントしてもらいました」とベルトを持参。移動が多く、ユニホーム以外はスーツも多くなるプロ生活だけに大いに重宝しそうだが「プライベートでもつけたい」と話すほどお気に入り。「プロ野球選手になれたのも日立のみなさんのおかげだと思う。恩返しのために活躍したい」と改めて、1年目から一軍戦力を目指すつもりだ。

     昨年、10勝と活躍した伊藤将司(25)は国際武道大時代は1学年違いの先輩後輩の間柄。「大学の先輩なので、伊藤さんと話ながら、色々紹介してもらったりしていきたいと思います」と一日も早く猛虎戦士の先輩たちと、コミュニュケーションを取っていくことも熱望した。

    続きを読む

    このページのトップヘ