とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    規格外パワー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21=近大)が3日、本拠地甲子園で初のフリー打撃を行い、58スイングで8本の柵越えを放った。

    「バッティング行きまーす!」と力強い声でフリー打撃の先陣を切った。34スイング目に“甲子園1号”を右中間スタンドへ運ぶと、39スイング目にはバックスクリーンへ1発。最終58スイング目には、推定140メートルの特大なアーチをバックスクリーン左にかっ飛ばした。

    柵越えの打ち分けは、右中間へ2発、バックスクリーンへ3発、バックスクリーン右は2発、バックスクリーン左へ1発。注目の黄金ルーキーが、本拠地でも怪力パワーを見せた。




    今日は甲子園で全体練習が行われています。佐藤輝明選手は、フリー打撃で58スイング中8本の柵越え!最長140m弾をバックスクリーン左へ叩き込みました!新人とは思えないパワーを本拠地でも披露しました🐯👊(只松) #hanshin #tigers #npb #阪神タイガース #佐藤輝明 #甲子園 #練習 pic.twitter.com/XzEpMqmueV



    @NikkanNaruohama サトテルすごすぎ😳



    新人とは思えないパワー、相変わらずです! 阪神 ドラ1佐藤輝甲子園初見参で推定140メートル含む8発― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/03/kiji/20210303s00001173280000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/01(月) 03:26:33.55 ID:7tYrac69M
    阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21=近大)が、規格外のパワーで26日の開幕戦で対戦するツバメ倒デモを敢行した。

    キャンプ最終実戦のヤクルトとの練習試合(浦添)に3番左翼で出場。その第1打席で、高々と上げた飛球を左翼手に浅い左飛と勘違いさせて前進させた後、慌ててバックさせて頭上を越す先制二塁打にした。佐藤輝だからこそなせるパワー長打で、これが決勝点。相手投手が小川に決定した開幕戦も勝利の一撃、頼んまっせ!

       ◇   ◇   ◇

    佐藤輝が相手野手の想像を超えるパワーを発揮した。ヤクルト先発木沢尚文投手(22=慶大)とのドラフト1位対決。1回1死一塁、初球の151キロ直球をたたいた打球は、ちょっと詰まった感じで高々と左翼へ舞い上がった。左翼中山は浅い左飛と思い、1度前に出た。だが、打球はその姿をあざ笑うようにグングン伸びた。中山は慌てて背走してグラブを差し出したが、打球はその頭上を越え、フェンス手前で弾んだ。

    3戦10打席ぶりの安打で、これが先制の決勝タイムリー。26日の開幕戦で当たるヤクルトとの前哨戦で相手に規格外のパワーを見せつけ、白星予行を敢行した。だが佐藤輝は「まあ、普通のフライだったんで」と不満顔。この時、風は右翼から左翼へ、スコアボードの旗はなびく程度にしか吹いていなかった。それでも左翼手が打球判断を誤るほど、予想外の伸びだった。

    日刊スポーツのストップウオッチで、打って打球が落ちるまでを計測すると6秒68。近大時代、あるスカウトがこの日のように高々と上がった飛球を見て言った。「飛球の滞空時間が6秒を超えるのが、強打者としての私の中でのひとつの基準。佐藤輝はその打球が打てる」と。滞空時間の長さが、長距離砲の指標のひとつ。かつての本塁打王、田淵幸一も滞空時間の長いアーチが特徴だった。佐藤輝の場合、それが逆方向にも伸びるから恐ろしい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cac325d0e05c52b8fc63288ac8e4a3be8fe5227

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/01(月) 03:27:11.12 ID:7tYrac69M
    伸びないと思った打球が伸びるらしい

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/01(月) 03:27:56.04 ID:7tYrac69M
    滞空時間でも強打者の証らしい

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614536793/

    続きを読む

    このページのトップヘ