1


◇21日 中日2―0阪神(バンテリンドームナゴヤ)

 阪神のヒーローが宣言通りの活躍だったことを明かした。同点の9回に決勝の左犠飛を放った木浪聖也内野手(27)は「島田が出て、サンズが進塁打を打ってくれて自分のところに来たので絶対に打ってやろうと思った」と振り返った。

 先頭島田が二塁内野安打と二盗、サンズの一ゴロで1死三塁とし、R・マルティネスの152キロの速球を左翼へ打ち上げた。

 「きょう、自分が声出しで、全員野球ということを言ったんですけど、まさにそういう野球ができて良かった」。試合前、ナインの前で語りかけた「全員野球」を体現するような1点を取った。







@TigersDreamlink 楽しんで頂けたかな? pic.twitter.com/cu5eoZw2qD





続きを読む