1


 阪神は17日、阪神・淡路大震災から26年目を迎え、鳴尾浜でフロント職員、選手ら約50人が被災者へ黙とうをささげた。ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=は、親族が東日本大震災で被災した経験から「いつ死ぬか分からない。後悔がないように」と改めて決意。1年目から優勝に貢献し、被災したファンに勇気と感動を与える覚悟だ。

 午前9時半、阪神・淡路大震災の犠牲者を悼み、佐藤輝は静かに目を閉じて1分間黙とうした。26年前は生前の出来事。それでも小学校から西宮市に移り住み、被災地の人々から「震災の記憶」を伝えられた。「1・17」は特別な日だと強く胸に刻まれている。

 「物心がついた時には、街は元通りというか何ともなかったので、すごく早く復興したんだなというふうには思ってました。学校で(震災の)話を聞いて、すごい大変だったんだなと感じました」

 天災は突然やってくる。そして生活を一変させる。大切な親族に危険が及んだことがあった。父方の祖父母が宮城県村田町で生活しているが、東日本大震災で被災。家屋倒壊や事故などに遭うことはなかったが、伝え聞きショックを受けた。

 東日本大震災以来、佐藤輝は心に決めていることが




いつ何があるかわからない。だからこそ、今を精一杯生きる。努力するしかないのです。 阪神ドラ1佐藤輝「後悔ないように」1・17の誓いと覚悟「いつ死ぬか分からない」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/01/18/0014013508.shtml  @Daily_Onlineより



>いつ死ぬか分からない。後悔がないように」と改めて決意 「戦士」のメンタル 阪神・ドラ1佐藤輝「後悔ないように」1・17の誓いと覚悟「いつ死ぬか分からない」(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/5a28328a8e5e32106165951c89fc4408554b13ab 


続きを読む