とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    谷本球団副社長

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神

    〝阪神主導〟のブレークスルードラフトが今オフの12月に開催! ここで一気に球界の主導権を奪い取るならば、グラウンドでも打倒巨人を果たさなければなりません。いよいよ3・25シーズン開幕までカウントダウンを迎えた中で阪神・谷本修球団副社長(57)が選手関係委員長として主導してきた現役ドラフトが今オフの12月に開催されることが決定的となりました。4月1日付人事で取締役オーナー代行に就任し、電鉄本社のスポーツ・エンタテインメント事業本部長に就任する同氏にとっては球界への〝置き土産〟です。巨人が強硬に反対した中での開催実現で、阪神の球界内での存在感は高まります。後はグラウンドで…打倒巨人! ならば球界の中心は、そら阪神やろ⁉

    ■評論家「今季はAクラス」と太鼓判

    いよいよシーズン開幕3・25まで後10日を数えますね。矢野燿大監督(53)が春季キャンプ前日の全体ミーティングで「俺の中で今シーズン限りで退任しようと思っている」と衝撃的な退任表明を行ってから、キャンプ、オープン戦と消化していき、もうシーズンです。時の過ぎゆくのは早いものですなぁ~。

    オープン戦10試合を消化した時点で、阪神の成績は5勝3敗2分け。チーム力を数字で見ると、チーム防御率2・22、25失点は上々の成績です。「開幕投手の大本命」と書いた青柳が安定した投球を見せ続けて初の開幕投手に。このコラムで〝けしかけた〟藤浪・開幕は露と消えましたが、それでも藤浪は12日の中日戦(甲子園球場)に先発し、5回をノーヒットピッチング。開幕第2戦の先発は決定的でしょう。さらに秋山や西勇、ガンケル、伊藤将らが先発ローテーションで回るのでしょう。リリーフも馬場、小川、岩崎、湯浅、石井、及川らが控え、抑えを予定しているカイル・ケラーもそろそろ実戦に登場します。

    あくまでも他球団との比較でも、これほど量と質がそろっているチームは見受けられません。〝身びいき〟ではなく、投手力は今季もリーグのトップクラスですね。

    逆にチーム打率2割4分5厘、3本塁打、39得点の攻撃陣を見ると、昨季に引き続き、機動力は使えていますが、長打力には???が…。新4番確定の佐藤輝にオープン戦でまだ1本も本塁打が出ていないこともありますが、これから先、マルテや大山、ロハス・ジュニアを含めた中軸に本塁打が出始めるのか? 昨季は143試合でチーム本塁打は121本塁打。リーグ5位の数字でしたが、このあたりの改善が求められるのかもしれません。ただ、チーム全体のバランスなどを見ると、ネット裏の評論家諸氏の評価も高く、「確実にAクラスには入る」という声が圧倒的です。

    ■新ドラフトはトラに追い風?

    こうしたグラウンド内の状況に追い風を吹かせる情報が入ってきました。2年越しで12球団経営者側と選手会が水面下で折衝を続けてきた「ブレークスルードラフト(現役ドラフト)」が今オフの12月に開催されることが決定的になったのです。まだまだ輪郭がハッキリと見えているわけではありませんが、時期は12球団が戦力外通告を行い、来季の保留者名簿に入る選手が確定した後の12月に開催される方向です。各球団がそれぞれ最大4~5人の選手を「現役ドラフト会議」に提出し、それを他球団が指名して獲得するシステムですね。

    大リーグでは「ルール5ドラフト」として定着していますが、プロ入り後、ある一定の年数を経ているにもかかわらず、2軍でくすぶり、1軍の戦力として起用されていない選手を対象に「セカンドチャンス」を与えるドラフトです。具体的な名前を書くと語弊があるので書きませんが、阪神でもドラフト1位入団なのに、ここ数年は1軍の戦力になっていない野手もいますよね。こうした選手たちを〝飼い殺し〟にせず、他球団で〝生かす〟ために、ブレークスルードラフトを開催するのです。

    では、なぜ日本プロ野球界初の「現役ドラフト」開催が阪神への追い風になるのか…。それは同ドラフト実現の旗振り役として、尽力してきたのが阪神・谷本修球団副社長だからです。そもそも選手会の強い要望で始まった現役ドラフト導入案に対して、理解を示し、折衝を続けていたのが谷本副社長です。

    逆に導入反対を声高に叫んでいたのは巨人でした。『現役ドラフトを行っても、それは戦力外通告者の交換にしかならない。それにウチは選手を飼い殺しにしていない』という理由でした。現役ドラフト案が浮上した後、確かに巨人は楽天やヤクルトなどと積極的にトレードを行い、阪神にも金銭トレードで山本泰寛内野手を譲渡しています。

    ただ、他球団の関係者は巨人の姿勢について首をひねっていました。

    『巨人は選手を飼い殺しにしていない、と主張していたが、毎年のようにフリーエージェント(FA)補強や大物外国人選手を獲得して、若手の出場機会を奪っているのではないだろうか。実際、多くの中堅から若手選手が2軍や育成契約でくすぶっているのでは…』

    ■巨人との交渉に〝勝利〟

    12球団の思惑が交錯する中で、谷本球団副社長は粘り強く交渉を継続し、やっとブレークスルードラフトの実現を見るわけです。つまり、ザックリとした見方をするならば、谷本球団副社長は巨人との交渉で勝利した…と言えば言い過ぎでしょうか。長い日本プロ野球界の歴史の中で、球界の盟主といわれる巨人の意向を覆した、数少ない出来事のように思います。プロ野球界の中で「阪神タイガース」の地位を中心に押し上げた…と有頂天になるのは少々、ハシャギすぎのような気もしますが、たまにはそれぐらい褒めてもいいでしょう。

    谷本球団副社長は4月1日付人事でオーナー代行に就任。本社のスポーツ・エンタテインメント事業本部長に就任予定で、球団からは去ります。まさに球界への〝置き土産〟となるのがブレークスルードラフトなのですが、こうしたフロントの〝勝利〟を現場はつないでいかなければなりませんね。

    昨季、阪神は対巨人戦で13勝9敗3分けと勝ち越しました。なんと2007年に14勝9敗1分けで勝ち越して以来、実に14年ぶりのことです。阪神が巨人に勝ち越せば、すなわち阪神の優勝のチャンスは膨らみます。昨季はヤクルトに勝率5厘差で優勝をさらわれましたが、77勝は12球団で一番勝っているのです。巨人を倒せば、チームに勢いが生まれ、相乗効果で他球団にも勝つ好循環が生まれます。特に今季は5月24日から始まる交流戦までの前半戦で、週末の巨人3連戦が4カードも組まれていますね。この12試合をどう戦うか…で今季の両軍の戦況は大きく左右されるはずですね。巨人を圧倒し、グラウンドでも阪神が優位に立つならば、球界の盟主の座をいよいよ脅かすことになるでしょうね。

    ブレークスルードラフト開催が決定的になった球界の背景…。阪神はフロントマンの大仕事をグラウンドでも生かさなければなりません。ならば、矢野監督は有終の美を飾る…となるわけです。


    【プロフィル】植村徹也(うえむら・てつや) 1990(平成2)年入社。サンケイスポーツ記者として阪神担当一筋。運動部長、局次長、編集局長、サンスポ特別記者、サンスポ代表補佐を経て産経新聞特別記者。阪神・野村克也監督招聘(しょうへい)、星野仙一監督招聘を連続スクープ。




    現役ドラフト、谷本神が頑張ってたんか pic.twitter.com/G8h7lhXhmR



    #プロ野球選手会 が現役ドラフトの今オフ導入に手応え NPBと事務折衝 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20220315-OHT1T51056.html  #選手会 @JPBPA_Press


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の百北球団社長と谷本球団副社長、嶌村球団本部長、矢野監督、井上ヘッドコーチ、近本、坂本が2日、必勝祈願のため、西宮神社を参拝した。

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選手全員での参拝はなかったが、選手会長の近本と主将の坂本が参加した。

    矢野監督は「いろいろな行事をやるたびに『これが最後だな』ということは意識することが多い。コロナ禍で野球をできないことも経験しましたし、こうやって、今は野球をできるということに感謝してしっかり頑張っていきますと。感謝と報告をしてきました」とコメントした。




    本日、百北幸司代表取締役社長・谷本修副社長・嶌村聡球団本部長・矢野燿大監督・井上一樹ヘッドコーチ・近本光司選手・坂本誠志郎選手が、西宮神社(兵庫県西宮市)を参拝し、今シーズンの必勝を祈念しました。  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7905.html  pic.twitter.com/UQJJKHMZD8



    @TigersDreamlink よーし必勝祈願やな🐯🙏⛩



    @TigersDreamlink 今年こそ優勝を願っています。 頑張って下さい✌️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の12球団監督会議が19日、オンラインで開かれ、その席で阪神からの要望により、フェアプレーの再確認が行われたことが分かった。昨年7月6日のヤクルト戦(神宮)で、二走・近本の手の動きを巡り、両球団がもめた一件後、選手、球団への誹謗(ひぼう)中傷が続いたことを受けてのこと。会議後に取材に応じた矢野燿大監督(53)は、あらためて潔白を強く主張した。

     公式の場で確認しておきたかった。監督会議の終盤で、セ・リーグの杵渕統括が「SNSでいつまでも誹謗中傷がなくなっていないので再度確認させてもらいます。心ないヤジ、特にサイン盗みうんぬんのヤジは厳に慎みましょう」などと確認を行った。

     これは阪神からの強い要望によるものだった。「最後のまとめにおいて、12球団で改めてフェアにクリーンにやっていきましょうと確認したということです」。会議に出席した阪神の谷本球団副社長が説明する。

     要望に至った事の発端は昨年7月6日・神宮のヤクルト戦で起こった“サイン盗み疑惑”だ。二走・近本が左手を広げるなどした動きに、ヤクルトベンチが反応。その後、ヤジの応酬に至った末に、審判が矢野監督、高津監督を呼び、その場を収拾した。

     その後、サイン盗みをやったやっていないの臆測が広がり、さらに相手コーチに対して矢野監督、井上ヘッドが厳しい言葉で応じたことが、ヤクルト・村上に対してのものだったとしてネットやSNSが“炎上状態”に。昨年末には、ラジオ番組で解説者の金村義明氏がサンズの名を挙げてその一件を話し、番組側が謝罪する騒動もあった。

     そんな状況が続く中で、矢野監督も黙ってはいられなかった。会議後に取材に応じ、「俺はチームの名誉と選手の名誉を守る立場にある。ファンの中だったりで“こんなんやってんじゃないのか”ということ自体、プロ野球ももったいないし、ファンを失望させる事につながると思う」と強い口調で訴えた。

     谷本副社長は「きょう取り入れていただいた上で、双方良くなかったですねという話になったのかなと。区切りはつけられたんじゃないかと思います」と話す。矢野監督も同じ思いだ。「全員、正々堂々と2022年シーズンを迎えたいというのがあった。絶対やっていないというのをみんなにちゃんと宣言した中で、12球団でそうやってもう一回再確認できたので良かった」。そう言って納得した様子でうなずいた。

     ◆阪神のサイン伝達騒動◆

     昨年7月6日のヤクルト戦(神宮)で、近本にサイン伝達が疑われる行為があったとヤクルト・村上が指摘。両軍ベンチの言い合いに発展した。矢野監督は試合後「(伝達などを)やっているのであれば、どんな責任でも処分でも受ける」と潔白を主張。一方で「紛らわしいというのなら改善しないと駄目な部分があったのかも」と話した。セ・リーグの杵渕和秀リーグ統括は翌7日、サイン伝達はなかったとしたが阪神球団に注意。

     ◆阪神・サンズのサイン盗み疑惑発言◆

     昨年12月20日、野球解説者・金村義明氏がMBSラジオのレギュラー番組で、サンズが試合中に「サイン盗み」行為をしていたと思わせるような発言を行った。阪神球団は同局に抗議。同27日の番組内ではアナウンサーが謝罪コメントを読み上げた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神が25日、今季韓国プロ野球のKTで本塁打と打点の2冠に輝いたメル・ロハス・ジュニア外野手(30)の獲得を発表した。推定年俸250万ドル(約2億6300万円)で2年契約とみられる。背番号は「24」に決定した。

      ◇   ◇   ◇

    阪神はロハス獲得で今オフの補強を完了した。谷本球団副社長は「嶌村副本部長、国際担当が非常に頑張ってくれました。外国人だけじゃなく、ドラフトもトレードも含めると、プロアマのスカウト陣も頑張ってくれました。技術面でいうと、和田TAにも貴重なアドバイスをいただいた。そういう意味では、チーム全体で取り組んだ結果だと思っています」と説明。ロハスについても「中軸を打てる選手だと思っています。右(打席)でも左(打席)でも長打を打てる」と、大きな期待を寄せていた。




    一言で言うと、『完璧』 阪神ロハス獲得で今オフ補強終了 球団副社長は労う(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2c1866ee86c167e3eecceb25f599bfb20eba084a 



    阪神ロハス獲得で今オフ補強終了 球団副社長は労う(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース フロントの皆さんゆっくりしてください  https://news.yahoo.co.jp/articles/2c1866ee86c167e3eecceb25f599bfb20eba084a 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は守護神ロベルト・スアレス投手らが保留者名簿から外れ、自由契約選手となった。

    25セーブで最多セーブに輝き、米球界からも関心を寄せられる右腕について、谷本球団副社長は「(事態は)そんなにすぐには動いてないです」と語り、粘り強く残留交渉を続ける方針。サンズ、マルテ、エドワーズ、ガンケルとは大筋合意しているとみられ、保留者名簿に記載された。また、自由契約選手として公示された島本と才木は、育成契約になるとみられる。




    これスアレスの交渉何も進展してないって書いてあるから普通に残留あるんじゃあないか?  https://twitter.com/shun09387862/status/1334264869852389377 



    12/2 支配下人数(ドラフト指名選手含む)。自由契約のうち、以下7名はまだ残留交渉中か。中日、広島は外国人含めて編成完了にも見える。 <退団報道のない保留名簿外の選手> Hムーア・バンデンハーク Mハーマン・チェン Lギャレット Eロメロ Tスアレス pic.twitter.com/h4fM3PbBqA


    続きを読む

    このページのトップヘ