1


 「巨人3-2阪神」(21日、東京ドーム)

 投手がしっかり仕事をして、好調な打線がそれに応える。阪神の、ここまでの躍進は、投打のバランスの良さにあることは、間違いない。ただ、敗戦にあっても、それだけにとどまらない強さもあると感じる試合だった。

 まずは初回の守り。阪神が2点を先制し、一回裏、1死一塁で梶谷が緩い二ゴロを打った場面だ。

 ここで糸原は思い切りよく一塁走者を二塁で封じた。一塁送球でも責められない当たりだったが、このプレーによって、早く追いつきたい巨人は、攻撃に焦りが出た。

 一走・梶谷がディレードスチールを試みたが、無理がたたって憤死。もし糸原が一塁送球で2死二塁となっていれば、普通に岡本との勝負が待っており、結果次第ではもっと早く、流れが巨人に傾いていた可能性もある。

 その後、巨人が勝ち越して迎えた七回には2死、一塁に糸井の代走・山本という場面で、山本は2球目に二盗を決めた。

 これも素晴らしい。走る、という決心があればこそ、早いカウントから盗塁を試みることができた。

 加えて相手バッテリーの癖などのデータによる根拠、山本の勇気。それがそろっていると確信し、選手を信頼してサインを出したベンチ。すべてが充実している。

 守り、走りという、目立ちづらいところでも、阪神の“野球力”は高まっている。まだまだ、勝利を重ねていくことを予感させた。




岡義朗氏の視点 惜敗の阪神は「負けてなお、強さを感じさせた野球レベル」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/04/21/0014262185.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



@Daily_Online こういうの読むとうれしい



続きを読む