1


◆JERAセ・リーグ DeNA2―3阪神(9日・横浜)

 阪神が鮮やかな逆転勝利で1分けを挟み、デーゲーム14連勝を飾った。これで貯金を今季最多の14に増やした。

 1点を追う5回に先頭・佐藤輝が四球で出塁。サンズが左中間に痛烈な打球を放つと、一塁走者の佐藤輝が全力失速でホームへ向かった。最後はヘッドスライディングで捕手・嶺井のタッチをかいくぐり、生還した。

 これに近大の先輩・糸井が燃えたのか、直後にピープルズの直球を右翼席中段に放り込んだ。勝ち越しの2号2ランに「輝とサンズが良い流れを作ってくれたので、つなぐ打撃をしようと思っていました」と振り返った。

 先発・ガンケルが3イニングで降板する中、2番手・馬場が3回を2安打無失点で今季初勝利。スアレスが1点差の9回を締めくくり、9セーブ目を挙げた。




【一軍】阪神3-2DeNA 逆転勝利で今カード勝ち越しや!嘉男が決勝弾!3回無失点の馬場が今季初勝利!明後日からも強いタイガースを見せつけてや!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



@hanshintigersjp 馬場、糸井ありがとう😉👍️🎶 ガンケルは何があった?


続きを読む