1


sanz


 (セ・リーグ、阪神3-3DeNA=延長十回規定により引き分け、7回戦、3勝3敗1分、31日、甲子園)互いに終盤の好機を生かせず、延長十回引き分け。梅野の3点本塁打で先手を取った阪神は八回の勝ち越し機で原口が倒れた。DeNAは七回にオースティンの適時打などで2得点して同点。十回はチャンスでサンズの好捕に遭った。

 阪神の矢野監督は「勝ちたかった。もうちょっと攻めたかった。先制はできたが、打線がつながっていない」と注文をつける一方、「サンズのあのプレーで引き分けに持ち込めた。超スーパープレー」と十回1死一、二塁で大和の左飛を好捕した助っ人に感謝した。




10回表1死一、二塁から頭を越えそうな飛球をランニングキャッチし、飛び出した二塁走者も差した左翼 #サンズ は「絶対に走者を帰さないという気持ちだった」。矢野監督も「何打点(分の働き)にもなる超スーパープレーで、引き分けに持ち込めた」とたたえました。#tigers



わ、明日は西くん先発か。 お願い、無援護病から救って野手陣 打線が繋がりますように🙏 サンズの大ファインプレー 「あれは何打点にも値する 前進守備であれはめちゃくちゃ難しいんだ」by矢野監督 サンちゃん、熱盛‼️ #阪神タイガース


続きを読む