とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    近大コンビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神9-2DeNA(2022年5月14日 横浜)

     阪神の佐藤輝と糸井の「近大コンビ」がそろって打点を挙げた。佐藤輝は初回、マルテの先制犠飛のあと、上茶谷から右翼線に二塁打を放ち、二塁走者の中野を本塁に迎え入れた。昨季さんざん苦しんだ内角高めの145キロ直球をとらえ、「しっかり狙いをつくって行っているのでいいかなと思う」と自分に及第点を与えた。

     糸井は5回、4点差としてなおも2死二、三塁の場面で、右前に2点適時打。代わったばかりの三上の内角低め直球をはじき返した。「絶対にランナーを還す気持ちで打席に入った」。2人はそろって今季20打点とした。チームトップの数字だ。18年差の2人が、チームを引っ張っている。 




    糸井と佐藤の近大コンビ 20打点到達 40歳と23歳



    近大コンビ最高すぎる pic.twitter.com/G2V6hDPphO


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ DeNA2―3阪神(9日・横浜)

     阪神が鮮やかな逆転勝利で1分けを挟み、デーゲーム14連勝を飾った。これで貯金を今季最多の14に増やした。

     1点を追う5回に先頭・佐藤輝が四球で出塁。サンズが左中間に痛烈な打球を放つと、一塁走者の佐藤輝が全力失速でホームへ向かった。最後はヘッドスライディングで捕手・嶺井のタッチをかいくぐり、生還した。

     これに近大の先輩・糸井が燃えたのか、直後にピープルズの直球を右翼席中段に放り込んだ。勝ち越しの2号2ランに「輝とサンズが良い流れを作ってくれたので、つなぐ打撃をしようと思っていました」と振り返った。

     先発・ガンケルが3イニングで降板する中、2番手・馬場が3回を2安打無失点で今季初勝利。スアレスが1点差の9回を締めくくり、9セーブ目を挙げた。




    【一軍】阪神3-2DeNA 逆転勝利で今カード勝ち越しや!嘉男が決勝弾!3回無失点の馬場が今季初勝利!明後日からも強いタイガースを見せつけてや!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp 馬場、糸井ありがとう😉👍️🎶 ガンケルは何があった?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     “野人&超人”が暴れる! 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が6日、背中の張りで出場選手登録を抹消された大山悠輔内野手(26)に代わり、7日のDeNA戦(横浜)から「4番・三塁」を任されることが決定した。矢野監督は糸井嘉男外野手(39)を今季初めてスタメン起用することも明言。最初の正念場を近大コンビが救う!

     虎を襲った今季最初の危機で、近大が育てた男たちが底力をみせる。“ポスト・大山”はこの男しかいない。5月2日以来、5日ぶりに「4番・三塁、佐藤輝明」がアナウンスされる。背中の張りで離脱した主砲の思いを受け継いだドラ1が並々ならぬ決意を語った。

     「大山さんがいない間も、しっかり勝てるように頑張っていきます」

     開幕から31試合、4番を務めた大山が背中の張りで出場選手登録を抹消された。打率・291、5本塁打、24打点で打線をけん引し、首位の原動力となってきた主砲の不在は痛手。これまでの虎であれば崩れかねないが、今の阪神にはこの危機を救える新人がいる。

     大山不在の間の「4番・三塁」について、矢野監督は「テル(佐藤)でいくよ」と言い切った。2日の広島戦で積極的休養により欠場した大山の代役として、逆転満塁弾に好守。前回の横浜スタジアムで場外弾を放ったように、ひと振りでグラウンドの空気を一変させる力がある。4番としての素質を証明したからこそ誰もが納得の起用だ。

     佐藤輝の4番は決まった。そして、外野の穴には超人が入る。この日、横浜で行われた自主練習。野手は木浪、熊谷、陽川ら8人が集まったが、そこにチーム最年長39歳の糸井がいた。

     「いつでもどこでも暴れたいという気持ちでやっているんで」

     ここまで出場した15試合は代打。打率・250(12打数3安打)と不完全燃焼の日々が続いている。それでも、来るべき時に備え、黙々とバットを振り続けるその姿に、矢野監督は「嘉男(糸井)自身がやる気満々」と期待し、「スタメンで使うよ」と発表した。

     近大の先輩でもある糸井は春季キャンプ中、迫力満点のスイングをみせる佐藤輝を「野人」と命名した。グラウンドでは野球談議に花を咲かせ、使っているサングラスは同じ。年は離れているが近大魂でつながっている。2軍では昨季韓国で打率・349をマークし、47本塁打と135打点で2冠に輝いたスイッチヒッター、ロハス(前韓国KT)が控えるが、佐藤輝と糸井が今後の打線を占うことになった。

     糸井は「もちろん控えという立場で危機感を持ってやっているし。この下はファームという立ち位置なんで」と目の色が違う。そして、この日は静養に努めた佐藤輝は「チームの勝ちにつながるところで打てるように頑張ります」と責任感を口にした。貯金13で2位巨人とは3ゲーム差。野人と超人。常人とは違う。規格外の近大コンビが、立ち込めてきた暗雲を一瞬で吹き飛ばす。(原田遼太郎)




    タイトルがええな。 “野人&超人”が大暴れ!阪神D1位・佐藤輝&糸井、近大コンビスタメン初競演  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210507/tig21050705030002-n1.html 



    糸井の怠慢プレーが出ないことを期待。流れ切りそうだしな。。。心配しかない “野人&超人”が大暴れ!阪神D1位・佐藤輝&糸井、近大コンビスタメン初競演  http://a.msn.com/02/ja-jp/BB1gr9rt?ocid=st 


    続きを読む

    このページのトップヘ