とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    退任表明

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神藤浪晋太郎投手も矢野監督の今季限りでの退任表明に表情を引き締めた。「シーズン前なので、驚いたのは一番です」。

    コーチ、2軍監督時代から目にかけられ、昨季は開幕投手に抜てきされるなど、完全復活へ多くの期待を受けてきた。「矢野さんやめる、やめないに限らず活躍したいと思っている。やめるからというわけではないですね。頑張りたいです」と活躍を誓った。

    10年目のキャンプ初日を迎え「何年もやってきても初日はユニホーム着ると気が引き締まる。(キャンプ前と)同じメニューやってても体の張りは出ますし。今日のブルペンでも力みが出ました」。ブルペンでは、球速、回転数、回転角度、リリースの高さなどを計測するトラックマンを活用。真っすぐを中心に変化球も交えて87球を投げ込んだ。




    藤浪投手は自分の事で精一杯でしょう。 とにかく今年は復活してほしい。 #阪神タイガース #藤浪晋太郎 阪神藤浪「やめる、やめないに限らず活躍したい」矢野監督の退任表明に表情引き締め(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/3de3c7702570253d1274b319f16fcc4633e9451d 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の1軍沖縄・宜野座キャンプが1日、スタートした。

    前日1月31日の全体ミーティングで、今季限りの退任の意向を電撃表明した矢野燿大監督(53)は落ち着いた表情で姿を現した。歓迎セレモニーではマイクを前にあいさつした。

    「宜野座村の皆さん、そしてタイガースファンの皆さん、おはようございます。今年もコロナ禍の中のキャンプとなります。沖縄県自体、大変な状況の中、宜野座村の皆さんにこのようにキャンプを受け入れていただき、感謝申し上げます。例年以上にご苦労とお手数おかけすると思いますが、どうかよろしくお願いします。僕たちチーム全体でもこの1カ月乗り切れるようなケアをしながら乗り切っていきたい。今年はトラ年、僕たちがリーグ優勝して、そして日本一になって、そのころにはコロナも収まって、日本中に笑顔を届けられるような、そんな未来を想像して、このキャンプ1カ月、厳しく、その中でも全員で苦しい練習を楽しみながら乗り切っていきたいと思っています。よろしくお願いします」




    2022年球春到来!キャンプが始まりました!矢野監督の挨拶です! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #イチにカケル! 虎テレでは宜野座・安芸キャンプをライブ配信  https://movie.hanshintigers.jp  https://t.co/LNSs1YLlIO



    @TigersDreamlink @hanshintigersjp 矢野監督と日本一に!



    @TigersDreamlink キャンプ地の地元の方々にも来年チャンピオンフラッグを見せれる様に頑張ってください!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・平田2軍監督は安芸キャンプのため高知入りした後、報道陣に電話で対応中に矢野監督の退任表明を知らされた。

     「それは何とも言えない。まだ1軍の情報は入っていない。それぐらい今年に(意気込みを)懸けているって意味じゃないの?」

     1、2軍ともにほぼ同時刻でキャンプミーティングを実施。そのため、突然の出来事に事態をのみ込めていない様子だった。

     今春キャンプのテーマには「No Limit(限界はない)」を定めた。1軍に一人でも多くの選手を送り込むべく、選手自ら限界をつくらないことを厳命。「野球ができる幸せを感じて、2月は安芸でやって良かったと言われるようなキャンプにする」と厳しい春を予告した。




    阪神・平田2軍監督 突然の矢野監督退任表明に「今年に懸けているって意味じゃないの?」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/90c07f79bd0d056c515be339d4c0e0cc59a8ef90  来年勝っちゃんで2軍監督が誠かな。 で、誠を一軍監督にして球児かトリに組閣に入ってもらう。



    しかしまぁ矢野監督が退任かぁそろそろ平田監督でもええんやで。いつまで二軍監督するつもりや。


    続きを読む

    このページのトップヘ