とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    連勝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神4―2巨人(2020年10月25日 東京D)

     今季最後の東京ドームでの3連戦を2連勝で終えた矢野監督は、ようやく一矢を報い、残り12試合へ気持ちを引き締めた。

     「ちょっといい思い出が少なかったですけど。ここでなかなか勝てずにね。でも最後に、何とかね。多少ですけど、2つ勝って東京ドームを終われて良かったと思います」

     悪夢の開幕3連敗に始まり、今季宿敵の本拠地では3勝9敗。直接対決の分の悪さが、独走を許した大きな原因となった。今カードでの優勝消滅は免れたものの、悔しさを胸に秘め「ここまで来たら1戦1戦、その試合を全力で勝つというのをチーム全体としてやっていきます」と力を込めた。




    アカン‼️泪が出て止まらん😹本当は、ドームの勇姿が見たかった‼️ まだシーズン終わりじゃない‼️ 俺達の目に心に焼き付けてくれ‼️ 矢野監督!解っているやろな‼️



    「アキ」とか「リュウ」とか言われても、これ翻訳なかったら誰のことかわからんやろ…矢野もどんでんの申し子なのか… 【指揮官一問一答】阪神・矢野監督「2つ勝って東京ドームを終われてよかった」(サンケイスポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/18ae3c035e93db2e9db1471e6b0e0f9f237a9a1e 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人2-4阪神」(25日、東京ドーム)

     阪神が今季敵地での最終戦に勝利し、宿敵のエース・菅野に土をつけた前日に続く連勝で最後に意地を見せつけた。

     前日の試合後に「最後はもっと点を取って、もう一つ勝って終わります」と矢野監督が宣言していた通り、この日は打線が活発だった。巨人先発・畠から初回大山の適時打で先制。二回には近本の適時打、五回には陽川の2ランが飛び出し、序盤に4点をリードした。

     投げては先発・秋山が今季一番と言える好内容で、九回112球、被安打6、2失点、無四球で2018年5月8日の巨人戦では2年ぶり、901日ぶりの完投勝利。今季9勝として、12勝を挙げた17年以来、2度目の2桁勝利に王手をかけた。

     なお、今季での引退を表明している藤川球児はラストとなる東京ドーム3連戦での登板機会はなかった。

     負けるか、引き分けでリーグ優勝の可能性が完全に消滅する状況から連勝を決めた阪神だが、今季、開幕カードで3連敗を喫するなど東京ドームで勝てず、最終成績は3勝9敗。甲子園での5勝6敗を合わせても、巨人相手に8勝15敗と大きく負け越す形となっている。




    巨人2 - 4阪神 [勝]秋山9勝3敗0S [ホームラン]陽川ツーラン5号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20201025.html  pic.twitter.com/BQOUr1bicM



    @TigersDreamlink 秋山完投とらほー! 東京ドーム今季初勝ち越し! もうシーズン負け越し決まってても巨人に勝つの気持ちいい!!!!! pic.twitter.com/CLu67vXKtX



    @TigersDreamlink 陽川の1発=勝利確定演出


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神6-5ヤクルト」(18日、甲子園球場)

     阪神が最下位ヤクルト相手に連勝し、貯金を2に増やした。

     初回に村上の適時二塁打で1点を先制されたが、その裏の攻撃でヤクルト先発・小川を攻め立てすぐさま逆転に成功した。

     まずは「2番・二塁」で今季1軍初出場となった板山が中前打で出塁。糸井も右線への二塁打で続き、1死二、三塁とする。さらに大山がフルカウントからの6球目、内角145キロの直球に詰まらされながらも右前へ運び、3連打で逆転に成功。大山は16日のヤクルト戦から5打席連続安打となった。

     2死一塁からは6番・ボーアがチェンジアップをすくい上げ、右翼席へギリギリで飛び込む17号2ラン。この回4得点を挙げ、先発の秋山を援護した。

     四回にはヤクルト3番手・今野のワイルドピッチ、糸井の適時打で2点を追加。五回に村上の3ランで2点差とされたものの、六回からは藤浪、岩崎、エドワーズ、スアレスとつなぎ、スアレスは1失点したものの逃げ切った。

     2位・中日が敗れたため、ゲーム差は2→1に縮まり、貯金も2に。なお、ベンチ入りはしていた藤川球児だったが、この日の登板はなかった。




    阪神6 - 5ヤクルト [勝]秋山8勝3敗0S [S]スアレス2勝1敗21S [ホームラン]ボーア ツーラン17号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20201018.html  pic.twitter.com/nx9eKFLZFA



    @TigersDreamlink 板山はスイングスピード速いし守備のこなし方もいいし肩も強い、対応力さえつけば十分レギュラー取れそうだと感じた。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ヤクルト5-7阪神」(22日、神宮球場)

     阪神が辛くも逃げ切り、連勝。ヤクルト相手にカード勝ち越しを決めた。先発の西勇が7回3安打1失点で4勝目(3敗)。大山の12号3ランが決勝打となった。

     試合は初回、初対戦のクックに簡単に2死を取られたが、糸井が四球で出塁。続くサンズは死球で一、二塁とした。ここで打席に大山。1ストライクから2球目、外角高めに浮いた147キロを狙った。

     逆らわずにスイングした打球は、大きな弧を描いて右翼スタンドに到達。4番から降格後は初、10日のDeNA戦(横浜)以来、10試合ぶりの一発が、今季初の3ランと大きな先制点となった。

     「しっかり強く打つことができました。もっと援護できるように頑張ります」。これで4試合連続安打。大山が本塁打を放てば、チームは9勝3敗と、やはり欠かせぬ存在だ。

     四回には西勇の適時二塁打などで3点を追加。四回にも1点を奪い、大量7得点でリードを広げた。先発の西勇も7回3安打1失点にまとめ、バトンをつないだが暗転したのは八回だ。

     代わった尾仲の制球が定まらない。1死から代打・川端に中前打を浴びると、続く坂口には四球。山田に中前打を浴びて満塁とした。ここでたまらず矢野監督は、ベンチを出て岩貞にスイッチ。だが、右翼越えに満塁アーチを浴びた。一気に2点差まで迫られる。

     それでもガンケルが八回を締めると、九回マウンドに上がったスアレスが1死一、二塁のピンチを招きながらも、山田哲を三振、青木を中飛に打ち取った。スアレスはリーグ単独トップの9セーブ目。なんとかヤクルトの猛追を振り切った。

     今夏のロードはここまで6勝8敗1分け。苦しい戦いは続いている。23日は秋山が先発する予定。ヤクルト戦は今季3戦2勝と好相性を誇る。勝ってロードを締めくくり、本拠地・甲子園に戻って反撃態勢を整えたい。




    【一軍】阪神7-5ヤクルト ヒヤヒヤやったけど、スアレスが踏ん張って連勝や!西勇輝は7回3安打1失点の快投!さぁ、3タテするでー!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp 【朗悲報】阪神タイガース、二日連続二桁安打で連勝するもファンの胃が休まる事は無い



    @hanshintigersjp 最後のカメラワークひやひややで


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム)

     阪神が連勝で5カードぶりの勝ち越しに成功した。ここまで6戦未勝利(5敗、1分け)だった水曜日の勝利。ようやく“鬼門”を突破し、ヤクルトを抜いて3位に浮上した。

     試合は初回、中4日で先発した青柳が2失点。いきなり劣勢の戦いを強いられたが、続く二回に木浪の中前適時打で1点を返す。さらに1点を失った後の四回だった。

     この回が始まる前には、井上打撃コーチを中心に、ベンチ前で円陣が組まれた。先頭の梅野が右前打で出塁すると、木浪も四球を選んで一、二塁。だが、ここで植田がバスター失敗。捕邪飛に倒れると、続く青柳もバント失敗。拙攻でチャンスをつぶしたかに見えた。

     だが、続く近本が一、二塁間を破る11試合連続安打で1点を返すと、さらに中谷だ。フルスイングした打球が左翼スタンド一直線。起死回生の2号逆転3ランで試合を引っ繰り返した。

     「打ったのはチェンジアップ。初回に自分のミスで、ヤギ(青柳)にもチームにも迷惑を掛けていたので、絶対に取り返すという気持ちで打席に入りました。最高の結果になって良かったです」

     中谷は左腕・浜口対策として、プロ10年目で初めて2番で出場。矢野監督の采配も的中した。初回のミスも挽回する一打。代打で結果を残し“神様”と呼ばれ始めた中、スタメン起用に結果で答えた。さらにサンズが特大の8号ソロで続き、2者連続アーチで一挙5点を奪った。2者連続弾は今季初。

     大量の援護を受けた青柳が5回0/3を7安打4失点。苦しみながらもリードを守って降板し、チーム単独トップの5勝目を手にした。青柳以降は能見、ガンケル、馬場、スアレスとつなぎ、スアレスが1点を失ったが、最後は締めてリーグ単独トップの7セーブ目を挙げた。

     七回には無死満塁のチャンスを作ったが、梅野、木浪と倒れて2死。ここで代打・陽川がエスコバーに死球を受け、貴重な1点を奪った。

     「幸せの黄色いマスク」を付けて2連勝。また、8月12日は35年前の1985年、日航ジャンボ機123便が墜落し、当時の中埜肇球団社長が死去した。阪神にとっては節目の一日を勝利で飾り、苦しんだ9連戦を大勝で締めくくった。

     球児に甲子園球場を明け渡している阪神は、13日の休みを挟んで14日からは京セラドームで広島との3連戦。初戦の先発は藤浪の予定。西勇、秋山の3人が先発する。借金を再び1まで戻した。連勝街道を走り、上位進出を狙っていきたい。




    とらほー🐯💗🎈 久々のカード勝ち越し! 3位浮上 近本ちゃんに尽きる 海くん、青柳さんのミスをカバーしたタイムリーヒットは大きい。 結果、中谷くん、サンズさんのホームランを呼び込んだと思う あそこの集中力凄かった この勝ちは大きいよ #阪神タイガース



    📈セ・リーグ順位表📉 📆 8月12日 #giants #baystars #tigers #swallows #carp #dragons ✅ 巨人とDeNAの差が「3.5」に拡大。 ✅ 阪神は借金「1」に減らし3位浮上↗️ pic.twitter.com/RRSstNoUoo


    続きを読む

    このページのトップヘ