とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    選手会長

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は1日、約1か月間に渡った沖縄・宜野座キャンプを打ち上げた。午前中から野手陣はフリー打撃を行い、投手陣はブルペン投球、ランニングなどで汗を流した。

     最後はメイングラウンドに集合し、選手会長の近本光司外野手(26)があいさつと一本締めを行った。あいさつは以下の通り。「宜野座村の皆さん、阪神園芸さん、裏方さん、スタッフの皆さん、1か月間、本当にお疲れさまでした。今年はコロナの影響で無観客のキャンプで少しさみしい部分もありましたが、監督、コーチを始め、チーム全体で盛り上がったキャンプを送ることができました。ここ数年、チームの年齢層も若くなり、過渡期になっていましたが、今年からは黄金期に入ります。挑む、超える、頂へのスローガンの下、リーグ優勝はもちろんのこと、日本一になり、また来年、いい報告ができるように頑張っていきます。そして全国の阪神ファンの皆さん、オープン戦が観戦できるということで、僕たちの成長した姿が見られることを楽しみにしておいて下さい。1か月間、本当にありがとうございました」




    楽しみにしてるんで、頼んまんす🐯 【阪神】近本光司選手会長が日本一に向け名演説「今年からは黄金期に入ります」キャンプ打ち上げ(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210301-03010133-sph-base 



    黄金期お願いします会長🤩🤩🤩  https://twitter.com/Daily_Online/status/1366241937036992520 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2021年がスタートした。新型コロナウイルスの感染が広がり始めて以降、翻弄され続けてきたプロ野球やJリーグといったプロスポーツ界にとって今年は、どんな一年になるのか。阪神で飛躍を期す近本光司外野手(26)が、コロナ禍と闘うファンへのメッセージとともに、新シーズンに向けた決意を語った。

     【メッセージ】

     「盗塁ひとつ、安打ひとつ、勝利ひとつで、少しでもファンに元気になってもらえればと思ってプレーしてきました。コロナ禍のしんどい状況は続きますが、負けずに頑張っていきたいです。シーズン開幕に向けた準備を、少しでも見てもらえたらと思います」

     【新シーズンへ】

     球団では赤星憲広さん以来となる、新人から2年連続での盗塁王のタイトルを獲得。2021年シーズンに向け、新たに選手会長にも就任した。プロ3年目で早くも人気球団の顔となった近本は「チームが優勝するためには、得点がすべて。得点をどんどん増やしていく」と力強く宣言する。

     昨季は開幕から打撃不振が続き、2年目のジンクスに陥りかけた。それでもチームでただ一人、全120試合に出場。打率は3割には届かなかったが、2割9分3厘(9本塁打、45打点)をマークし、俊足と巧打で打線を引っ張った。

     実はコロナ禍の連戦を戦う中、足を負傷した。体の状態は万全ではなかった。それでも、塁に出れば走った。「気持ちの面で苦しいときもあったが、試合に出る以上、やらないといけない。(31盗塁の)数はそんなに多くないが、しっかり走れたのは良かった」と振り返る。ただ、「変化を恐れず、挑戦していくことが前進になる」とも。具体的には、リードの取り方や、スタートの切り方の改良を課題に掲げ、走塁のさらなる進化を目指す。「チームの得点につながる盗塁を増やす」のが狙いだ。

     新シーズンの打順は決まっていない。ただ、リードオフマンの役割は、出塁して本塁に生還することだと胸に刻んでいる。過去2シーズンはともに81得点だったが、「21年は100得点を目標にやりたい」と言い切る。チームは矢野燿大(あきひろ)監督が就任して3年目。真価が問われるシーズンとなる。近本自身にとっても、勝負の3年目。チームが最後にペナントレースを制したのは05年。ファンはリーグ制覇に飢えている。望みをかなえるには、スピードスターの活躍は欠かせない。「優勝」と記した色紙が、思いの強さを物語っている。(上阪正人)

         ◇

      近本光司(ちかもと・こうじ)1994年11月9日生まれ、兵庫県出身。兵庫・社高から関学大を経て大阪ガスに就職。2018年の都市対抗大会優勝に貢献し、最優秀選手賞を獲得した。19年にドラフト1位で阪神に入団し、新人ながら142試合に出場してリーグ最多の36盗塁をマーク。20年も31盗塁し、2年連続で盗塁王のタイトルを獲得した。171センチ、72キロ。左投げ左打ち。背番号は5。







    2021年の目標 きなみん「レギュラー」 近本くん「100得点」 大山くん「フルイニング出場」


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は11日、来季の選手会役員を発表した。選手会長に近本光司外野手(26)、副会長に青柳晃洋投手(27)が就任。役員に坂本誠志郎捕手(27)と木浪聖也内野手(26)が就いた。

     選手会長の近本は今季、チーム唯一となる全試合出場を達成し、打率・293、9本塁打、45打点、2年連続リーグトップの31盗塁と奮闘。2年目のジンクスをはねかえした。

     シーズン終了後には「(来年は)3年目にもなるんで、しっかりそういうところでプレーだけじゃなくて、しっかりやっていきたいと思います」と話していた。プレーや姿勢でチームを引っ張り、16年ぶりのリーグV奪回へ導く。




    来季の阪神タイガース選手会役員が下記の通り決定しましたので、お知らせいたします。 ■阪神タイガース選手会役員 選手会長   … 近本光司選手 選手会副会長 … 青柳晃洋選手 役員     … 坂本誠志郎選手、木浪聖也選手



    @TigersDreamlink 近本選手会長🙂青柳副会長🙂よろしく頼みます。



    @TigersDreamlink 選手会長、近本くん❣️期待しています☺️💕


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    昨季はチーム防御率を大幅に改善、要因は内角球の使い方
     昨年まで2年連続ゴールデングラブ賞を獲得。セ・リーグを代表する女房役となった阪神・梅野隆太郎捕手がスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」の「12球団キャンプキャラバン」に登場し、「リーダーシップを持ってやっていく」などと決意を語った。

     選手会長を務める28歳は自覚に満ちている。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で捕手として活躍した野口寿浩氏によるインタビューで、「阪神は梅野のチームだと思っている。その自覚は?」と問われると、きっぱり言い切った。

    「あります、もちろん。捕手はチームを引っ張っていかないといけない。勝つためにはそういうものは必要。リーダーシップを持ってやっていこうと思っています」

     福岡大から2013年ドラフト4位で阪神入団。2017年から100試合以上に出場し、昨季は日本記録となる123補殺を記録した。2018、19年にゴールデングラブ賞獲得。押しも押されもせぬ阪神の中心選手となった梅野には自覚がにじみ出ている。

     2018年は4.03だったチーム防御率は昨年12球団トップの3.46に改善された。その要因を野口氏に問われ、梅野は内角球の使い方を挙げた。

    「西さんが(オリックスから)加入したことで、内角の使い方ですね、無理をしないところと、攻めていくところ。その辺のメリハリをはっきりつけられたシーズンでした。これまで(内角を)使わない投手も内角をどんどん使っていけたので」

     ホームベースの横幅を目いっぱい使う西勇輝投手の加入が、梅野のリードの幅をも広げたのかもしれない。梅野のリーダーシップ、リードが、2005年以来リーグ制覇から遠ざかる阪神浮沈のカギを握っている。

    Full-Count編集部




    梅野選手会長カッコ良き(///.///) pic.twitter.com/iAO8jAuQym


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    736: 名無しさん 2018/11/18(日) 16:43:29.67 ID:TVbTRuDIp
    阪神は18日、高知・安芸での18日間の秋季キャンプを打ち上げた。午前の練習を終えると、選手会長の梅野隆太郎捕手(27)が「2018年シーズンは最下位という結果に終わってしまいましたが、2019年シーズンは矢野監督の下、積極的姿勢とチャレンジ精神を持ってリーグ優勝、日本一に向けて精いっぱい頑張っていきたいと思います」とあいさつ。矢野新体制での初キャンプを締めくくった。

    3


    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811180000434.html 





    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1542446707/

    続きを読む

    このページのトップヘ