とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    金本知憲

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     俳優・間宮祥太朗が、13日放送のABCテレビ・テレビ朝日系ドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』(後1:55)で元阪神タイガース選手・横田慎太郎氏を演じることになり、このほど2人の“縦縞”対談が実現。この模様などが番組内で公開されることが、発表された。

     同ドラマは、将来を期待されながら脳腫瘍に侵されて24歳の若さで引退した横田氏が現役最後に披露した“奇跡のバックホーム”を描くストーリーで、間宮が虎の縦縞ユニフォームに袖を通し、横田氏役で主演を務める。横田氏の自伝的エッセイ『奇跡のバックホーム』(幻冬舎)を原作に、その半生に迫る。

     自身も野球に打ち込んだ経験がある間宮が、横田氏が暮らす鹿児島を訪れ、役作りのためにバッティングフォームなどの直接指導を受け、闘病時の心境を聞き出した。2人の熱いやり取りがドラマとともに放送される。

     病気の宣告を受けたときの気持ちや、闘病を支えた家族との交流、そして野球を辞める決意などを真っ直ぐに振り返っていく横田氏と、それを噛みしめるように耳を傾け反応していく間宮の姿が印象的。間宮は「一つひとつのお話から横田さんの勇気と感情をもらうことができました」と語る。

     また、番組では、横田氏を知る阪神OBの金本知憲氏や鳥谷敬氏、さらに今シーズンもタイガースを率いる矢野燿大監督のインタビュー映像も放送。横田氏が一軍に昇格した際の監督だった金本氏は「一言でいうとがむしゃらな選手でした。とにかく一所懸命で、彼のような選手を9人揃えてチームを作りたいと話していたほど」と明かす。

     当時、二軍監督だった矢野氏は「苦しかったと思うんです。だけど、その苦しさを出さずに頑張っていたのが印象に残っています」と振り返り、鳥谷氏は「横田のラストプレーを見たとき、野球に真剣に向き合えば、本当に神様からの贈り物ってあるんだな、と感じました」と語るなど、一軍選手が総出で駆けつけた“異例の引退試合”の舞台裏についても明かされる。




    絶対観るよ! モデルプレス - 間宮祥太朗、役作りでバッティングの練習 元阪神タイガース・横田慎太郎氏から直接指導・貴重な対談も<奇跡のバックホーム>  https://mdpr.jp/photo/detail/11029337  # @modelpressより



    対談シーンも放送されるの嬉しい😭 モデルプレス - 間宮祥太朗、役作りでバッティングの練習 元阪神タイガース・横田慎太郎氏から直接指導・貴重な対談も<奇跡のバックホーム>  https://mdpr.jp/news/detail/3034975  #奇跡のバックホーム #間宮祥太朗


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     現役時代に通算2539安打、476本塁打をマークした金本知憲氏。阪神の監督を務めていた時代、打撃に関して「一番、良かった練習法は何ですか?」と聞いたことがあった。鉄人の異名を取ったスラッガーは「素振り」と即答。そして理由をこう説明してもらった。

     「素振りが一番、自分のタイミング、自分の形でスイングできるから」

     確かに現役時代、練習日に甲子園球場の一塁側ベンチ裏のミラールームで黙々とバットを振り込む金本氏の姿があった。1時間、2時間…出入り口で待ち続けることもザラだった。打撃のレベルアップ、調整法に関してさまざまな練習方法がある中で、最も過酷で“地味”な印象を受ける素振り。ただ一流と呼ばれる選手ほど、1人でバットを振り続けてきたイメージが強い。

     ミスタータイガースと呼ばれた掛布雅之氏も現役時代に素振りのエピソードが数多く残る中、阪神の2軍監督時代にこんなことを語っていた。

     「算数に置き換えると打撃は足し算、引き算、割り算なんですよ。僕が10の力を持っているとしたら試合では相手の変化球、タイミングなどで5くらいの引き算、割り算になる。今の若手をゼロとするなら、まず素振りからつくって1にしないといけない。ゼロのままだと足し算もできないよね。それが基礎の部分。スイングでゼロから1に持って行ければ、あとは簡単。ティーや打撃練習で数字を足し算していく。打撃の順序なんですよ」

     2015年には素振りの効果を立命大総合科学技術研究機構が科学的に実証。立命大硬式野球部の協力をあおぎ、当時、樋口貴俊特別研究員が素振りでのスイング力を100%とした場合、ティー打撃で90%、フリー打撃で80%、試合ではそれ以下になるとデータで示した。

     打撃力アップのためには、いかに素振りと同じ形、同じイメージでボールを打てるか-。一方でスイング力という基礎の部分をアップさせ、ボールを打つことに対応していくかがポイントだった。

     2軍監督時代、ファームの試合後に約30分から1時間の“素振り時間”を設けていた掛布氏は「今の若い子たち、学生にしてもボールを打つ環境が整いすぎてるよね。打撃マシンもあるし、いつでもボールを打てるんだけど、その一方で少なくなっているのがスイング。バッターは自分で主導権を持ってスイングしないといけない。素振りだと自分でイメージして振れるでしょ。マシンやティーでも、ボールに合わせようとすればスイングは崩れる」。基礎の大切さを若虎に訴えていた。

     野球経験者からすればただバットを振るよりも、ボールを打つ方が楽しい。ただプロで実績を残す一流選手ほど、素振りという練習を大切にしている。(デイリースポーツ・重松健三)




    一流打者が愛した練習法は?元阪神・金本氏らが即答したのは「素振り」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/45860c64ccf8c83597dc840b636e22b00dac7ddb  素晴らしい監督もそう言っとったわね。(´・ω・`)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/29(水) 18:59:59.70 ID:e30cVuUY0
    1 右 マートン  右 .349 17 *91 ベストイン 最多安打 連盟特別賞 シーズン安打記録更新
    2 二 平野恵一 左 .350 *1 *24 ベストナイン ゴールデングラブ賞 月間MVP
    3 遊 鳥谷 敬 左 .301 19 104 ベストナイン スピードアップ賞 月間MVP
    4 三 新井貴浩 右 .311 19 112
    5 一 ブラゼル 左 .296 47 117 ベストナイン
    6 左 金本知憲 左 .241 16 *45 連盟特別賞
    7 捕 城島健二 右 .303 28 *91 ゴールデングラブ賞 ジョージア魂賞
    8 中 浅井 良 右 .297 *3 *14 ジョージア魂賞

    なんでこれで優勝できないの?(´・ω・`)

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/29(水) 19:00:14.41 ID:XOLrah4yrNIKU
    すごくて草



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1640771999/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/24(金) 13:42:07.21 ID:kRttyNWOpEVE
    no title

    19: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/24(金) 13:47:38.95 ID:0ubc6PbPdEVE
    >>1
    左、貫禄あるね

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/24(金) 13:43:04.55 ID:fXv0bXYtdEVE
    重役 重役 やり手の40代




    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1640320927/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人3-4阪神」(26日、東京ドーム)

     阪神・大山に関しては、インサイドの打ち方を覚えてきたのかなという印象だ。三回のホームランは、内寄りの決してそこまで甘くはないボールを、クルッと回転して打ったものだったが、あのインサイドの打ち方には非常にうまさを感じた。

     インサイドについては元々苦手としておらず、それほど速さのないボールは打てていた。ただ、真ん中高めやインサイドの速いボールには、つまったりファウルになることが多かった。大山の野球人生を長い目で見た時に、あの辺りのボールをさばけるようになることは非常に大きい。

     4日の巨人戦ではビエイラの156キロを逆転サヨナラホームランにしていたが、あれもシュート気味にインサイドに食い込んできたボール。今日のホームランも含め、こういったバッティングを見せることは、今後にも生きてくる。

     例えば1点勝負のランナーがいない状況で大山と対戦する場合、相手バッテリーは今まで以上に一発警戒でインサイドを攻めにくくなる。そうなると、大山からすれば逆にアウトコースに絞りやすくなり、そういった読み合いの中で有利に立てる場面が増えてくる。

     投手でいうと、岩崎に少し不安が残ったものの、スアレスも今日は良かったので、チームとして大きな勝ち越しになったと思う。(デイリースポーツ評論家)




    やっぱ金本さん言うたはる 『大山はインサイドの打ち方を覚えてきた』 ずっと注視してきたけど、以前の大山はインコースの速球を引っ張った長打ほぼなかったんよ 昨年歓喜したのが大野雄からレフトスタンドに叩き込んだ打席 今季また不振やったけどビエイラの一発でまた掴んだ思う



    大山選手だけではないけど、大山選手と出会えたのは金本さんのおかげ。 ありがとうございます😊 スカウトの総括みたいなんしてくれんかな?  https://twitter.com/taka87395102/status/1442312627875504130 


    続きを読む

    このページのトップヘ