とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    鈴木誠也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島1-4阪神>◇10日◇マツダスタジアム

    阪神高卒2年目左腕の3番手及川雅貴投手が広島鈴木誠の日本記録を阻止した。7回に登板し、2点リードの2死一塁で対戦。終盤で、7戦連発を狙える機会が限られていく大砲と向き合った。1発なら同点の場面だが、2ボールからツーシームで三ゴロに料理。1イニング無失点で勝利に貢献した。

    「西さん(小川)一平さんと粘り強い投球を続けてくれていたので続くことができてよかった」と振り返った。前日のヤクルト戦は中継ぎ陣も痛打されて計13点を失ったが、先発西勇を受けた小川、及川、岩崎、スアレスが0封リレー。5投手が総力を挙げ、鈴木誠の7戦連続弾も阻止した。




    dメニューニュース:阪神及川雅貴「西さん一平さんと粘り強い投球を」鈴木誠也の日本記録阻止(日刊スポーツ) 阪神タイガース、ばんざーい └( ゚∀゚)┘勝てよ勝て😃✌️  https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-bb-tp0-210910-202109100001195?fm=twitter 



    2021/9/10 阪神・及川雅貴 #Tigers_summary pic.twitter.com/GVsKZAS98T


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆マイナビオールスターゲーム2021 全パ4―5全セ(16日・メットライフ)

     新人初のリーグ最多得票で選出された阪神・佐藤輝は4打数無安打。試合前のホームランダービーも1回戦で敗れたものの、大きな拍手を浴びた。テル担当の森脇瑠香記者が「球宴でも輝くゼーット!」と題して黄金ルーキーの初舞台に迫った。

     佐藤輝にとって、貴重な一日になったはずだ。「Zポーズ」で記念撮影し臨んだ山川とのホームランダービーは完敗。中堅に2本、右翼席中段に1本、右中間へ推定飛距離140メートルの計4本を放ったが、9発を放った先輩に及ばなかった。「疲れました。負けちゃいましたけど、すごい楽しかったです。いや~もう、9本打たれたのですごいプレッシャーでした」。練習中、2人で座り込んで話した約10分間は濃密な時間だったと思う。

     フリー打撃で同じ組だった鈴木誠には自ら声をかけた。右翼の守備練習に就いても質問攻め。いつもは「まあ、いろいろ」とあっさり答える男が、この日は目を輝かせ「数字を気にしているのか、どういう準備をしているのかとか聞きました」。真剣な顔で何度もうなずきながら話を聞く姿には、あくなき探究心がにじみ出ていた。

     大学時代に「2世」と呼ばれた柳田との“対談”も実現。ともに中継のインタビューに呼ばれ「動画とかはよく見させてもらっています。雲の上の存在というか、すごい方なんで勉強することばっかりです」と素直に思いを伝えた。柳田から「それは言い過ぎ」と突っ込まれながら「明日、話してみたいです」と“直接取材”で技術を盗む考えも見せていた。

     初の球宴、初戦は4打数無安打2三振に終わったが「負けないようなスイングをした」と前を向いた。シーズン中は1人黙々とアップをしているが、多くの選手と笑顔で会話し、とても楽しそうに感じた。「周りはすごい人だけなんで、いろいろ聞き出して自分の勉強材料にしていければ」。第2戦が行われる楽天生命パークには宮城在住の祖父母が観戦に訪れる予定。第1戦で得た金言を糧に、大きな本塁打を見せてくれるに違いない。(森脇 瑠香)




    誠也とギータにどんどん聞け!嬉しいね!【球宴】阪神・佐藤輝明ホームランダービー完敗「勉強」…鈴木誠也に質問攻め(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f64eb123037d78d6c0c1b4d9ed365f11d0d80976 



    期待のHRダービーは4本という結果に終わりました。 【球宴】阪神・佐藤輝明ホームランダービー完敗「勉強」…鈴木誠也に質問攻め : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20210716-OHT1T51224.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     広島は20日、1、2軍の選手、首脳陣、スタッフ146人に新型コロナウイルスのPCR検査を実施し、新たに7人が陽性と判定されたことを発表した。鈴木誠也外野手、長野久義外野手、羽月隆太郎内野手、石原貴規捕手、大盛穂外野手の5選手と朝山東洋打撃コーチ、チームスタッフ1人。球団によると、管轄の保健所と連携して濃厚接触者の特定を進めている。

     また、21日の阪神戦(マツダ)の開催についても日本野球機構(NPB)と対応を協議中。「決まり次第お知らせいたします」とした。

     チームでは、17日に菊池涼、小園、正随が陽性と判定された。同日の検査では1軍関係者72人は陰性。保健所から濃厚接触者の特定はなく、球団独自の判断で5選手とコーチ2人、トレーナー1人を自宅待機とした。さらに行動履歴の確認を重ね、19日に塹江と坂倉も隔離対象に追加していた。

     20日は東京から早朝に広島に移動。17日に陽性と判定された3選手を除く全員にPCR検査を実施したが、チーム内の陽性者は計10人となった。




    広島どうすんの? 阪神3連戦どうすんやろ



    広島やばいな… 後の日程やばくなりそうやけど阪神の選手も休めるし今週のマツダは中止になるか



    (・ω・)ノ🎏🍃🦠【広島】鈴木誠也、長野久義ら新たに7人新型コロナ陽性 21日阪神戦開催可否は協議中(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/fc4bda81b11627e1676bc9a5d42918ae2ac05428 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    広島鈴木誠也外野手(25)が27日、トレーニングをかねてマツダスタジアムに姿を見せた。阪神球団にコロナウイルス感染者が出たことを受け、コメントした。

    「いつか(プロ野球の)選手も感染するんじゃないかと思っていたし、自分も感染しないか不安はあります。まだ東京などで感染者が増えている状況ですし、広島もいつ増えてもおかしくない。選手に(感染者が)出た以上、4月24日の開幕は難しいんじゃないかと思います。阪神の選手が練習できない中、僕たちが(シーズンに向けた調整を)やっていいのかという思いもあります」




    #広島#現地情報#鈴木誠也 が27日、阪神に感染者が出たことを受けコメント。「いつか選手も感染するんじゃないかと思っていたし、自分も不安はあります。#4月24日の開幕 は難しいんじゃないかと思います。阪神の選手が練習できない中、僕たちがやっていいのかという思いもあります」 pic.twitter.com/COxTEnHjsM



    @nikkan_yakyuude 誠也君!お気持ちは有難いのですが、練習は行って下さい(^^;練習は練習ですので行って下さい。タイガースファンとしてお礼を申し上げます。



    @nikkan_yakyuude どうぞして下さい。 言い訳にはしないのでベストの状態で来て下さい。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

     同じプロ野球選手なら、話したことはなくても他人ではない。1月下旬に公表された「阪神・原口、大腸がん」のニュースに、居ても立ってもいられない赤ヘル選手がいた。原口と同学年の広島・大瀬良大地投手(28)だ。優しすぎると言っても大げさではない人柄の良さは知られたところでもある。「九州出身、同学年」という共通点で親交のある阪神の岩貞、梅野からは、原口を「律義なやつ」と聞かされていた。話したことすらない敵、それでも大病に苦しむ同学年――。遠慮は捨て、連絡を取る手段を考えた。
     「面識もなかったけど、勝手に親近感を持っていました。そんなこともあって、岩貞に連絡先を聞いたんです。“頑張ってね。また真剣勝負をしよう”と連絡を入れました」

     甲子園球場でのリーグ戦では、原口からお礼を兼ねたあいさつを受け「ありがとうね」と伝えられた。「律義なやつだな…と思いましたね」と、人伝えに聞いていたウワサの生真面目さにようやく触れることになった。

     球宴ではチームメートとして戦った。第1戦の先発を終えた大瀬良は、原口の本塁打を一塁のランナーコーチャーとして見届けた。「感動しましたね」。そして、一塁ベンチでは、もう一人の赤ヘルが心を動かされていた。

     鈴木誠也外野手(24)は、原口の3学年下。母校の二松学舎大付と原口の母校が同じ東東京地区という少しばかりの縁があった。「帝京出身ということで、元々知ってはいたんです。病気でつらい思いをされて…。大舞台で打ったのは素直に感動しました」。大瀬良と同じく甲子園球場で再会したときには、抱きしめてエールを送るほどに、いまでは特別な存在だ。

     それまでの関係性も球団も飛び越えて、行動を起こした広島の投打の柱。そんな2人の話を書きながら、もう一人の赤ヘルが脳裏をよぎる。胃がんを経験した背番号38が、若コイと汗を流しながら、昇格のときを今かと待っていることも最後に付け加えておく。(記者コラム・河合 洋介)





    大瀬良くんの優しさは底抜け... 誠也くんも素敵。 原口選手、赤松選手のご活躍を祈ってます。 がんと闘った阪神・原口を思い…動いた広島の投打の柱、そしてもう一人 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/25/kiji/20190725s00001173094000c.html 



    ええハナシや。 がんと闘った阪神・原口を思い…動いた広島の投打の柱、そしてもう一人― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/25/kiji/20190725s00001173094000c.html 



    人の優しさに触れながら、お互いさらに強い人になっていくんやろな。 がんと闘った阪神・原口を思い…動いた広島の投打の柱、そしてもう一人― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/25/kiji/20190725s00001173094000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ