とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    開幕カード

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は4日、主催試合のうち、3月25~27日に京セラドーム大阪で開催されるヤクルトとの開幕カード3試合について、入場券を発売すると発表した。

     2月10日から年間予約席契約者、2月17日から公式ファンクラブ会員(ダイヤモンドプラス会員)、2月21日から公式ファンクラブ会員(全会員)、3月1日から一般販売と段階的に開始する。

     今季は座席の空席を設けずに販売する予定。ただし、政府・自治体等の要請やNPBガイドラインが変更となった場合、販売方法の変更や入場者数の上限を設ける可能性もある。その他、万全の感染拡大防止策を講じながら開催していく。詳細は公式ホームページにて。




    3/25(金)〜3/27(日)に京セラドーム大阪で開催するJERAセ・リーグ公式戦のチケットを2/10(木)から年間予約席ご契約者様、2/17(木)から公式ファンクラブダイヤモンドプラス会員、2/21(月)から公式ファンクラブ全会員、3/1(火)から全てのお客様の順に発売します。 ▼詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7865.html  pic.twitter.com/4LcDDKjLQe


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    連勝、連敗と結果に濃淡が表れた開幕3連戦。まだ3試合、されど3試合-。開幕カードから見えたセ・リーグ各球団の収穫と課題をチェックしました。

    ◇  ◇  ◇  

    ◆阪神(3勝0敗、打率2割9分、防御率3・33)

    【収穫】 6番のルーキー佐藤輝は開幕後も規格外のパワーを披露。27日ヤクルト戦では神宮のバックスクリーンにプロ1号を放った。チーム打率2割9分、6本塁打はともにリーグトップ。佐藤輝の存在が打線に刺激を与えている。さらにドラフト6位中野、移籍組の加治屋、山本ら新戦力が存在感を発揮した。

    【課題】 開幕1軍メンバーを勝ち取った植田が27日、左脇腹筋挫傷のため出場選手登録を抹消された。さらに江越が左足負傷でベンチを外れるなど、けがの連鎖が心配。

    ◆巨人(2勝0敗1分け、打率2割4分7厘、防御率4・00)

    【収穫】 2戦目で戸郷が7回1失点、3戦目は今村が立ち上がりに不安を残したものの7回1失点と、若手先発陣が期待に応える投球をみせた。野手陣ではDeNAから移籍の梶谷が満塁弾含む5打点、3四球、2盗塁に、3戦目は8回に同点打と勝負強さも発揮。1番打者という昨季からの悩みどころを解消させた。

    【課題】 2勝1分けも、開幕戦では新守護神の中川が9回に2点リードを追いつかれたのが気がかり。3戦目は1回無失点と上昇気配を見せたが、早い段階で本調子になることがスタートダッシュの成否を分けそう。攻撃では犠打や走塁などの細部でミスが散見した。空中戦と緻密な野球のミックスが強さの基盤だけに、早急に修正したい。

    ◆中日(1勝1敗1分け、打率1割8分8厘、防御率3・12)

    【収穫】 昨季は両リーグ最少の429得点と攻撃力が低く、キャンプから機動力アップに取り組んだ。開幕カードで4盗塁をマーク。年間33盗塁だった昨季を大きく上回るペースだ。4年目高松は昨季まで2試合、3年目滝野は10試合の出場ながら、快足の新戦力として期待値は高い。単打を長打に変える機動力を得点力につなげられるか。

    【課題】 先発陣では福谷、柳は5回までで降板。開幕3戦でクオリティースタート(6回以上、自責3以内)を決めたのは小笠原だけだった。今季は9回打ち切りで僅差のビハインドなら必勝継投も想定され、リリーフ陣の負担は増えそう。昨季10完投のエース大野雄に次ぐイニングイーター(長いイニングを投げられる先発投手)の台頭が急務。

    ◆広島(1勝1敗1分け、打率2割6分5厘、防御率2・00)

    【収穫】 新守護神のドラフト1位栗林をはじめ、新人3投手が1軍で勝ちパターン候補となるほどの投球を公式戦でも見せ、昨季経験を積んだ塹江、ケムナらととともに中継ぎに厚みが生まれた。打線では開幕から1、2番に固定された田中広、菊池涼のタナキクコンビが好調でけん引する

    【課題】 昨季同様に「好機でのあと1本が出ない」課題が残る。開幕から3試合連続で「6番一塁」で先発する新外国人クロンがブレーキ。1発長打が魅力の助っ人の復調が得点力向上の鍵となりそうだ。

    ◆DeNA(0勝2敗1分け、打率2割8分8厘、防御率6・12)

    【収穫】 新戦力が台頭した。巨人から梶谷の人的補償で加入した田中俊が開幕戦で古巣から6打点。ルーキー牧が3番に座って打率3割を超えた。関根が右翼、牧が一塁で外国人選手不在をカバーする働きを見せた。投手陣では山崎が中継ぎで復活。ブルペンが厚みを増した。

    【課題】 守備のミスが失点に直結した。初戦は練習試合でも起きていた外野から内野への中継プレー、2戦目はバッテリーエラーで先制点を許した。与四死球からの失点も多かった。

    ◆ヤクルト(0勝3敗、打率2割2分9厘、防御率6・67)

    【収穫】 青木が打率4割2分9厘、中村が打率4割4分4厘と好調。川端は、長年悩まされた腰痛の不安を払拭(ふっしょく)。27日には代打で安打を放った。15年に首位打者を獲得したバットマンが、ベンチに控えているのは心強い。

    【課題】 3戦続けて先制を許した。先発投手が踏ん張り切れず、試合を優位に進められなかった3戦となった。打線は3番山田、4番村上の主軸が不調。連打が出ず、つながりに欠けている。

    ※打率、防御率はチーム成績




    開幕三連戦 阪神…3連勝阪神優勝 巨人…カード勝ち越しも細かいミスありあり 中日・広島…どっちもどっち DeNA…早く外国人帰ってきて ヤクルト…投壊祭りだし、キャッチャーもまずい セリーグはざっとこんな感じかな



    開幕カード、阪神とロッテがやや意外だった。 巨人 ○○△ 阪神 ○○○ 中日 ○●△ DeNA ●●△ 広島 ●○△ ヤクルト ●●● ソフトB ○○○ ロッテ   ●●● 西武 ○●○ 楽天 ○●○ 日ハム ●○● オリックス ●○● pic.twitter.com/1g4fyCO4cX


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/24(日) 05:44:05.84 ID:dDmT78gC0
    セ・リーグ
    巨人―阪神(東京ドーム)
    DeNA―広島(横浜)
    ヤクルト―中日(神宮)

    パ・リーグ西武―日本ハム(メットライフドーム)
    ソフトバンク―ロッテ(ペイペイドーム)
    オリックス―楽天(京セラドーム)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e40c21a1c4c1edbe3816e4230e6c12f09d8f290c

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/24(日) 05:44:58.04 ID:QgyJbfR30
    いつから球場入れるねん

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/24(日) 05:56:11.41 ID:8CJaQLcg0
    >>2
    梅雨明けくらいには入れれるようになるやろ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1590266645/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「オープン戦、ソフトバンク7-2阪神」(3日、ヤフオクドーム)

     阪神・西の移籍後初登板が、ヤクルトとの開幕カードになることが有力となった。メッセンジャーが開幕投手に決定し、登板日は30日第2戦か31日の第3戦。昨季まで慣れ親しんだ京セラドームで、虎戦士としての“初陣”を迎える。

     この日は3番手で六回から登板。先頭の柳田を144キロの直球で遊ゴロに料理したが、安打と四球などで2死一、二塁とし、グラシアルに3ランを被弾した。それでも「逆球も1球もなかったし過程、過程のボールは悪くなかった。全ては開幕からの結果だと思うので」と自身の生命線でもある内外角への投げ分けには手応えがあり、悲観の色はない。

     仕上がり具合は順調。FAでタテジマに袖を通した背番号16が、開幕早々から存在感を示していく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000036-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ