1


【球界ここだけの話】

俺にもチャンスはある! 阪神の最年長、糸井嘉男外野手(40)が2年ぶりの開幕スタメンを目指して元気いっぱいだ。

「うれしいです。若い子らと一緒にやることによって、体が動いた。逆に僕からしたら、みんな(若手)がMVPですね」

矢野監督から春季キャンプの野手MVPに指名され、自分を奮い立たせてくれた若手に感謝しながら喜びを爆発させた。

キャンプではフルメニューをこなしたことが評価されたが、打撃練習の飛距離や柵越えの本数で、佐藤輝を上回った日もかなりあった。

打つだけでなかった。宜野座キャンプ後半のある日。無人と思われた室内練習場をのぞくと、筒井外野守備走塁コーチの指導を受けて約1時間、ボールをひたすらネットに投げる糸井がいた。

理由を聞けば「長年、やっていて変なクセとか楽して投げる部分もついてきていたので。言い方は悪いけど、壮さん(筒井コーチ)に指摘してもらっていた」。代打専門はイヤというシグナルだ。

オリックスから2017年にFAで加入して、今季が6年目。昨季は移籍後ワーストの77試合出場にとどまった。20、21年と左足首や膝の痛みでオフはリハビリが中心だったが今オフは違う。キャンプを〝完走〟しても体は悲鳴をあげなかった。

糸井は「スタメンを目指してやるのは野球選手として当たり前」と2年ぶりの開幕スタメンに意欲をみせるが、現状、中堅は近本、右翼は佐藤輝で決まり。左翼はロハスが最右翼だが、打撃の状態が上向かなければ大山という選択肢も検討されている。

キャンプ中の実戦は出場6試合ですべて安打を放つなど打率・400(15打数6安打)と結果を残した40歳は「その気持ち(開幕スタメン)は忘れていない」と言い切った。

3月25日のヤクルトとの開幕戦(京セラ)に向けて4日からオープン戦が本格スタート。このペースで打ち続ければ、ひょっとして、ひょっとするかもしれない。(三木建次)




あるぞ!阪神・糸井の開幕スタメンの可能性(サンケイスポーツ) 40代の意地を見せてくれ‼️  https://news.yahoo.co.jp/articles/609c7791e0b20a02d882028c02561432f48780be 



ロハスが開幕スタメンは地獄やろ なら糸井の方がいい


続きを読む