とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    開幕左翼

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の40歳糸井嘉男外野手は左翼スタメンが決定的となっている開幕戦へ、気持ちを高ぶらせた。

    「ワクワクしています! スタートから出ることを目標に自主トレからキャンプも取り組んできたつもり。チームの力になれるようにやっていきたい」。昨季は首位ヤクルトにゲーム差なしの2位。「本当に悔しかった。今年は最後にテッペンにいられるように、いい時、悪い時はあると思いますけど、強い気持ちを持ち続けて1年間戦いたい」と決意表明した。

    オープン戦は12試合出場で打率3割4分6厘、7打点。2本塁打。40歳以上で開幕スタメンに名を連ねれば、球団史上5人目となる。藤井康1・2軍巡回打撃コーチとマンツーマン特訓を受けるなど、今なおレベルアップに貪欲。「何歳になっても向上心は持ち続けている。うまくなりたいという気持ちに対して熱心に教えていただけているので、結果を出して喜んでもらえるようにやっていきたい」と力を込めた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     猛虎で注目されるのは、開幕投手や開幕4番争いだけではない。3・25開幕オーダーでは左翼もまだ空白の激戦区で、キャンプを終えて絞り込まれた候補は糸井、ロハス・ジュニア、江越、小野寺、島田の5人。3月のオープン戦13試合を前に井上ヘッドコーチが号砲を打ち鳴らした。

     「いろいろな(起用法の)パターンを試しながらやっていくしかないかなと」

     19年目を迎える糸井は今春キャンプを初日からフルメニューで消化し出場した6度の実戦ですべて1安打ずつ放つなど好調を維持してきた。一方で来日2年目を迎えるロハスは打撃の状態が上がってこない。昨春経験できなかったキャンプをケガなく完走したとはいえ、実戦は20打数3安打で終了。「結果を残すこともできなかったが、まだまだ良くなる」と上昇を期した。

     残る3人にも、チャンスはある。2月最後の実戦だった27日のヤクルト戦では江越、小野寺がそれぞれ本塁打を放てば、島田も2安打でアピールした。井上ヘッドコーチは「江越もやっぱり調子もいいし、アピールしたいという気持ちも伝わって来る。僕らは見てあげたい」と期待した。求められるのは、結果のみ。熾烈(しれつ)なアピール合戦が幕を開ける。




    オープン戦で結論出して欲しいわ。開幕後もロハスさんガマン起用は数年前の超大型扇風機助っ人の二の舞可能性あるよ。それはもう勘弁 阪神の左翼争い激化 OP戦で“最終オーディション” 本命ロハス打率低迷で糸井ら虎視たんたん(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f3ba7cb3f44cd4f4eb6ade5eff3674511caaa876 



    ライトは佐藤輝明かな!? 阪神の開幕左翼は空白の激戦区! 井上ヘッド「パターン試す」候補に糸井、ロハス、江越、小野寺、島田(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/8dce5556143765c09996d51dded8c25bb8ee270e 


    続きを読む

    このページのトップヘ