とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    開幕投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     初の開幕投手を務める阪神・藤浪晋太郎投手(26)が25日、ナイター練習後の神宮球場を独り占めにした。今季から粘土質で硬く改良されたマウンドの感触を確かめるため、開幕前夜では異例の投球練習を敢行。「硬っ、めっちゃ硬いな!」。ワインドアップ、セットポジション、変化球に感想も添えながら、計31球を投げた。

     不安要素を全て取り除いた。アップ前からマウンドを入念にチェック。状況設定したケースノックに参加し、実際にマウンドから投げ、ゴロの転がりを確認した。もともとマウンドは土の硬さより傾斜を重視。通算14試合6勝6敗、防御率2・50と相性は悪くない決戦の地で、絶好の予行演習となったはずだ。

     今春はオープン戦3試合で防御率2・77と安定感を示した。ヤクルトは打撃マシンの球速を150キロに設定。対策を進めているが、「それぐらいの対策はしてくるでしょう。別に気にしてはいない」と冷静に受け流した。

     コロナ禍の9回打ち切りルールも追い風に変える。「もちろん完投は目指したい」と力を込めつつ、「いけるところまでいける気持ちで、出し惜しみするというよりはどんどんボールを使って」。ペース配分するのではなく、初回からフルスロットルで臨む。

     藤浪は「緊張感はありますね。当日はもっと緊張するでしょうし」と武者震いした。大役に抜てきした矢野監督は「晋太郎自身勝ちにこだわるというところまで来た」と期待。高揚感を力に変え、開幕星をつかみ取る。




    いよいよ開幕。途中からしか見れないのが残念やけど、藤浪には初回をなんとかスムーズに乗り切ってほしい⚾佐藤にも一本出てほしい🏏



    ついに今日、プロ野球開幕✨🐯✨ 藤浪君のピッチングが超楽しみ!! どうか阪神タイガースが初日から良いスタートを切れますように🥰✨ 阪神・藤浪 初回からフルスロットル「いけるところまでいく」硬い神宮マウンド予行演習  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/03/26/0014182466.shtml 



    @sakuragawayuki おはよう☀ いよいよ今日から始まるね🏐 申し訳ない事に、関西ではオープン戦が地上波で放送する事を知ってしまいました… なるべく試合経過を気にしないようにしますね (^_^;)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の開幕投手を自身初めて務める藤浪が25日、神宮球場でのナイター全体練習に参加した。マウンドでセットポジション、変化球を交えて29球の投球練習するなど、入念に確認作業し、最終調整を終えた。

     前日24日、鳴尾浜球場で約80球を投じた後は「思い切ってプレーできれば。お客さんたちに楽しんでもらえれば」と口にしていた。3年ぶりの開幕1軍で迎える大事な初陣。逆襲をかけるシーズンへあとはマウンドに上がるだけだ。




    阪神開幕投手の藤浪が入念な「神宮チェック」 初の大役へ、最終調整完了(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c22c76a271b31aad694514bbb37f186123093a89  最終調整完了! さあ!いざ開幕だ!😲🐯 勝負だ!燕打線!😐🐯



    いよいよ🔥 阪神開幕投手の藤浪が入念な「神宮チェック」 初の大役へ、最終調整完了― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/25/kiji/20210325s00001173497000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    開幕投手を務める阪神藤浪晋太郎投手(26)は24日、鳴尾浜でブルペン投球を行い、負傷していた右手親指の不安を吹き飛ばした。


    約80球を投げ込み、「まだ治まりきってはないですけど大丈夫です」と強調。投球をチェックした矢野監督も「全然、問題ないと思う。腕も振れているし、普通に投げられているから問題ないかなと思う」とホッと胸をなで下ろした。

    オープン戦最終登板となった19日オリックス戦の1回投球練習中に患部を裂傷。なんとか4イニングまで投げたとはいえ、傷の深さもあって回復具合が心配されていた。3・26開幕戦の2日前、予定通りにブルペン入りできたという事実が何よりの朗報。「順調に来ている。いい準備をして試合を迎えたい」と力を込めた。

    開幕戦を戦うヤクルト打線は懸命に藤浪対策を続けている。前日23日の神宮ナイター練習では打撃マシンの球速を約150キロに設定し、スピードボールに目慣らししていた。主砲の4番村上はオープン戦打率3割6分2厘、4本塁打、11打点と好調だ。

    「いい打者なので、そこまでに走者をためないようにしたい。できれば完投したいですけど、あまり余計なことを考えず、1イニング1イニングを丁寧に投げられれば」。自然体で勝ちにいく。【佐井陽介】




    阪神藤浪がブルペン投球、右手親指は「大丈夫」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103240001193.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  藤浪君 開幕へ向けて調整は問題なしのようです🙂🐯 明日はいよいよ開幕 頼んだよ😌🐯



    藤浪投手 負傷していた右手親指は大丈夫みたいですね👍


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ヤクルトと神宮で激突する26日の開幕戦まで、いよいよあと3日! 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が本紙のインタビューに応じ、プロ9年目で初めて務める開幕投手への思いを明かした。新型コロナウイルスに感染したり、692日ぶりに白星を挙げるなど激動の2020年を経て成長した右腕は「ビールかけがしたい」と16年ぶりのリーグ優勝へ、意気込みを語った。(聞き手・織原祥平)

     --開幕投手を告げられて、心境の変化は大きいか?

     「そうですね。(開幕)ローテが決まっていた立場ではなかったので、オープン戦でしっかりアピールしないといけないなと思っていたところに、急に開幕という話が来たので。そうなった時点でローテは当確ですし、いきなり開幕戦ということだったので、やるべきことは変わってくるかなと思います」

     --開幕投手といえば誰のイメージが強いか

     「自分が入ったときは能見(現オリックス)さんが開幕投手をやっているイメージだったので、能見さんがマウンドで堂々と投げているイメージがあります」(※注1)

     --開幕投手としての理想像はある?

     「開幕投手で投げるということは、各チームのエース級の投手と当たるということですから。そういうところから白星を重ねていったりとか、そういう人と渡りあえる投球ができないと、と思っています」

     --一昨年、去年を経験して、人生観や野球観が変わった部分は(※注2)

     「割と物事を落ち着いて考えられるようになりましたし、一喜一憂しなくなったというか、周りの雑音に対して、あまりイライラしなくなったりとかはあります」

     --昨年8月21日のヤクルト戦(神宮)で692日ぶりに勝利したときに「人の痛みが分かるようになった」と(※注3)

     「自分が苦しいことがあったときにこそ、人に優しくしたり、理解できたりすることがあると思うので、そういう意味では野球人としてもそうですし、人としても人間として成長できたのかなと思います」

     --ファンへの思いも変わってきた

     「そうですね。やっぱりプロである以上、魅せるプレーとか、ワクワクするプレーで楽しんでもらいたいなという気持ちは、今まで以上に持つようにはなりました」

     --チームは2005年以来、優勝から遠ざかっている

     「優勝したいですね。個人的にはビールかけしたいです。自分が入ってから一回も優勝していないですし、チャンスがあったところで逃したりもしているので、そういう思いはあります」

     --優勝するためにどういう活躍をしたいか

     「いろんな人にお世話になりましたし、よくない時期に支えてくださった方はたくさんいたので、そういった人たちに1軍で元気に投げている姿を見せることは大前提ですし、それで活躍して、自分が野球を楽しんでいる姿を見せられたらと思います。それももちろん大事ですけど『いい顔して野球しているね』って言われるように。あまりいい顔して野球していなかったと思うので、いい顔を見せられたらと思います」

     --改めて開幕に向けての意気込みを

     「気負いすぎないようにしたいと思います。もちろん、チーム一発目の試合で大事ですけど、あまり気負い過ぎて固まり過ぎるのもよくないと思うので、大事な試合と自覚しつつ、できるだけフラットに入りたいと思っています。そんな感じでポンと開幕戦に入っていければ、いいシーズンを過ごせると思うので、1年間好不調の波なく、しっかり投げていけばいいなと思います」

     --周りの人たちは「表情がよくなった」と言っているが、手応えを感じているところもある?

     「(要因は)技術的に安定しているからじゃないですかね。いい取り組みができているから、自然といい表情と言われるのかなと思います」

     --ワインドアップに再挑戦したきっかけは

     「これというのはないですね。なんとなくやったわけではないですけど、(左足を踏み出すときに)ちょっと後ろに体重を残して反動をつけるというか、体全体で投げるイメージを出すときに、ワインドアップの方がやりやすいなと思って。その方が自分のやりたいことが表現しやすいので、自分のなかでそういう結論になったという感じです」

     --昨年、大変だったときに原動力になったものは

     「野球は仕事ですしね。成績が出なくてもやるしかない。野球が嫌いなわけじゃないですし、仕事になってしんどい部分もありますけど、やるしかないと思って。ずっとよくなるためには、どうしたらいいかという思いだけです」

     --今年の具体的な目標は

     「個人的な目標としては、イニングをしっかり投げたいなと思っています。まずは規定投球回を投げて150、160、170、180イニングと、どんどん投げていきたいです」

     --やはり本拠地の甲子園で勝利したい(※注)

     「ホームで勝てないことはよくないことですし、甲子園というホームの独特の雰囲気のなかで勝てていないので、やっぱりあの空気感のなかで勝ちたいなと思います」

     注 藤浪が最後に甲子園で勝利投手となったのは2017年4月27日のDeNA戦(5回2失点)。その後、甲子園では23試合に登板(中継ぎ含む)しているが、勝利投手にはなっていない。

    ◆輝は「今まで見たルーキーの中で一番衝撃…すごい」

     藤浪は大注目のD1位・佐藤輝(近大)にも言及。「すごいなと思いますね。オープン戦とかを見ていると今まで見たルーキーの中で一番衝撃的というか、すごいという感じです」。一方、自身も含めて大山、近本ら1994年度生まれがチームの中心となった。「一緒に頑張りたいと思います。人数も多いですし、主力級も多い。しっかり引っ張っていけるように。チームの中心、核となっていけるようにと思います」と決意を新たにしていた。

    ◆武豊から金言

     この日は鳴尾浜での投手指名練習に参加した藤浪。インタビューでは精神的に成長したきっかけのひとつに、中央競馬の武豊騎手(52)の名前を挙げた。オフには同騎手がプロデュースするジムでトレーニングに励み、親交も厚い。競馬界のスーパースターに『(注目されている存在だと)あえてそう思う方がいいよ』と金言を授かったことを明かし「『なんで自分だけこうなる』と思うより、自分はそういう存在だと思って、おごりではなくて、あえてそう思ってプレーしなさいと言ってもらったことはあります」と語った。




    🔽阪神・藤浪、開幕直前インタビュー「エース級投手と渡りあえる投球を」「ビールかけしたい」 #SmartNews 藤浪投手がエース級の活躍が出来れば、昨年よりも大幅に勝ち星を積み重ねられるはず😌 #藤浪晋太郎 #阪神タイガース #阪神ファンと繋がりたい #プロ野球 #野球  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210323/tig21032305020005-n1.html 



    ビールかけ、やりましょう!! 阪神・藤浪、開幕直前インタビュー「エース級投手と渡りあえる投球を」「ビールかけしたい」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210323/tig21032305020005-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     開幕投手を務める阪神・藤浪晋太郎投手(26)が18日、甲子園室内での全体練習に参加。先発する19日のオリックス戦(京セラ)に向けて調整し、オープン戦ラスト登板のテーマに「支配的な投球」を掲げた。また、矢野燿大監督(52)はD2位・伊藤将司投手(24)=JR東日本=とジョー・ガンケル投手(29)の開幕ローテ入りを明かした。

     やるべきことはすべてやった。体調も、肩の状態も万全だ。9年目で初の開幕投手。気持ちも高ぶっている。オープン戦ラスト登板を前に、藤浪が熱い思いを口にした。

     「ブルペンで出せているもの、いいものを出せたら、と。やっぱり内容というか、自分の意図したアウト(を取る)。支配的な投球ができればなと思います」

     甲子園での全体練習。登板前日にブルペンに入った。「ちょっと確認したいことがあったので」。入念にフォームチェックを行ったもようだ。

     これまでの実戦5試合で、昨年までのような抜け球はほとんどない。直球は常時150キロ台後半で、149キロの高速フォークも披露した。パワー&投球術で、打者をきりきり舞いさせた。課題は立ち上がりだ。

     「初回に力みが出るのはある程度、仕方がないと思うんですけど、それが悪い方向に出ないようにだけできればなと思っています」

     前回12日の西武戦(甲子園)は5回81球を投げて3安打3失点。一回に四球と3安打で3点を奪われた。あれが開幕投手決定後、初登板だった。「正直なところ、いまだ(開幕投手に)戸惑いだったりはある」と話していたが、あの時とは違う。責任感もある。

     この日、今季、計9試合で身にまとうサードユニホームがお披露目された。虎が胸に大きくプリントされており、藤浪は「すごくタイガースらしくて、いいと思います」とうなずいた。

     チームはオープン戦で7勝2敗1分けで、4年連続日本一のソフトバンクと並んで首位。「オープン戦と公式戦は違う。(今は)いい雰囲気であることは間違いないと思いますけど」。春までは“強い虎”だった、と言わせない。目標は16年ぶりのV。投のキーマンは、2015年を最後に2桁勝利から遠ざかっている自分だということはわかっている。

     「より落ちついてというか…。そういうイメージは、持って入りたいなと。あんまり頑張りすぎないようにできたらなと思います」

     すでに26日のヤクルト戦(神宮)へ、ハートは戦闘態勢に入っていた。(三木建次)




    [阪神·藤浪晋太郎投手、いいモノを] ·開幕前ラストは100球前後 (2021年3月19日·日刊スポーツ)  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103180000856.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 





    続きを読む

    このページのトップヘ