とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    関本賢太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【関本賢太郎CHECK】あくまで、西勇が無理な場合という前提の話だが、チームを勢いづけるという意味では「開幕投手・藤浪」が面白いと考える。いずれにしろ阪神が優勝するためには、藤浪の復活が不可欠だ。それはローテーションの何番目に投げようと、そうなのだが、果たして6番目でいい投手だろうか。開幕ダッシュを誘発する、うってつけの存在。一番、チームに勢いをつける順番としては開幕投手だろう。

     「開幕を取る」ということだけを考えれば青柳でも秋山でも、誰で勝ってもいい。ただ一番、勝つことでチームに勢いをもたらしてくれるのが藤浪だ。開幕に推せるくらい、今年の藤浪は状態がいいとも感じる。迷いがない。もちろんオープン戦を戦っていけば、一度くらいは調子が悪いときも出てくるが、総じて調子はいい。

     藤浪を開幕投手にすれば、西勇の勝ち星増にもつながると見る。西勇は昨季までエース同士の投げ合いの中でも10勝以上してきた。それを2~3戦目で相手の格下の投手にぶつければ、シンプルに勝ち星は2~3個増えるだろう。ただカード初戦の勝率が下がるという見方もあるので、ここは難しいところだ。 藤浪は、もう力があるのは分かっている投手。立場が人を育てるというように、その責任を与えることが藤浪のためにプラスに働くと考える。いずれにしろ西勇の開幕投手が無理なら、誰かが投げないといけない。阪神はディフェンディングチャンピオンではなく、追いかける立場。挑戦するという意味では、それを最も象徴するのが「開幕投手・藤浪」ではないだろうか。




    いずれにしろ阪神が優勝するためには、藤浪の復活が不可欠だ。それはローテーションの何番目に投げようと、そうなのだが、果たして6番目でいい ... リンク: https://win.johocloud.net/?p=23195  タ グ:#優勝 #ニュース



    調子が良いだけに藤浪が開幕投手とかマジでワクワクするな。#hanshintigers / 関本賢太郎氏 阪神優勝のために藤浪の復活は不可欠 勢いつける「開幕投手」も面白い(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/06d6b28623c6b59076e4d032cdb372711dce1fc3 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/18(木) 07:37:57.88 ID:CAP_USER9
    元阪神で野球解説者の関本賢太郎氏が、16日放送の『ラジオで虎バン』(ABCラジオ)にゲスト出演。阪神のプロ3年目・26歳の木浪聖也のキャリアを危惧した。
     
     ゲスト出演したOBが阪神選手を1人取り上げトークする番組内のコーナーで木浪の名を挙げた関本氏。木浪は昨季チームの遊撃手では最多の出場数(91試合)を記録した選手だが、昨季までの成績への不満や今季次第で起こり得る展開などについて語った。

     2018年のドラフトで3位指名を受け阪神に入団した木浪は、プロ1年目の2019年に「113試合・.262・4本・32打点・95安打」といった成績をマーク。だが、2年目の昨季は「92試合・.249・3本・25打点・74安打」と軒並み数字を落としている。

     1年目から成績を落とした昨季の木浪に対し、「1年目からの経験でいくと、2年目に数字をちょっとでも上げてほしかったがやや下がってる」と不満を述べた関本氏。「今年キャリアハイを一気に更新するぐらいでないと来年に影響する」と、今季も低調なら来季以降のキャリアにも影響が出てくると主張した。

     関本氏は続けて、「(仮に低調だと)3年トータルの平均値で『(シーズン通して使っても)こんなもんか』と(首脳陣に)判断される(可能性がある)」、「『打率.250前後で守備率が.980ぐらい…もっと守れる選手はおらんか』っていうふうになってくる(かもしれない)」とコメント。3年続けて成績が今一つだと首脳陣に伸びしろがないと判断され、他の選手に立場を奪われることになりかねないと危惧した。

     現在、小幡竜平、中野拓夢、山本泰寛といったライバルたちと正遊撃手争いを展開している木浪。関本氏は木浪のことを「塁に出る、塁を進める役目のバッター」とした上で、今季は「出塁率は.350~.360あたりまで持っていきたい(昨季は.307)」、「打率はショートを守るので.260~.270ぐらいは打ってほしい」といった数字を残すよう求めたが、そのために必要な取り組みなどについては触れなかった。

     >>阪神野手陣に「びっくりするぐらい悪い」 紅白戦での守備難に金村氏が苦言、首脳陣の“ユーティリティー起用”にも疑問<<

     今回の放送を受け、ネット上には「確かにいつまでもパッとしないと『使う意味がない』って思われちゃう可能性はある」、「木浪は社会人野球を経ての入団だからそこまで若くないし、今年が勝負と思ってプレーしてほしい」、「打率.270、出塁率.360に加えて、本塁打は10本、打点は50前後ほしいな」といった反応が多数寄せられている。

     一方、「成績を上げるためにはどうしたらいいかについても指摘してほしかった」、「2年目に低迷した理由は話さないのか?」、「打率は.270、出塁率は.360必要だという根拠はどこにあるのか」といった疑問や不満も複数見受けられた。

     木浪の今後を案じながらも、具体的に行うべき取り組みなどには触れていない関本氏。この点を疑問に思ったファンも少なくないようだ。文 / 柴田雅人

    https://news.livedoor.com/article/detail/19713448/
    2021年2月17日 21時30分
    リアルライブ

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/18(木) 07:50:31.47 ID:lE74xLvE0
    具体策なんか出せんやろ。過去二年の経験活かすしかない

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613601477/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/23(金) 07:19:03.65 ID:CAP_USER9
     阪神が、OBの関本賢太郎氏(42)の長男、履正社高・勇輔捕手(3年)のドラフト指名を検討していることが22日、分かった。阪神を含む複数球団から調査書が届いていることが判明。入団すれば、2000、01年に野村克則(現楽天1軍作戦コーチ)が父・克也監督の下でプレーしたことはあるが、親子2代で虎戦士は球団初となる。

    【データで見る】逸材ズラリ!ドラフト候補名鑑

     この日、取材に応じた関本は「やってきたことを信じて待つだけ」。巨人・小林に憧れ「武器は肩の強さ。投手の良さを引き出せる捕手になりたい」と目を輝かせた。また、元ソフトバンク捕手の大産大付(大阪)・田上秀則監督(40)を叔父に持つ田上奏大外野手(3年)は投手としてプロに挑戦。「可能性に懸けたい」と指名を祈っていた。

    https://www.youtube.com/watch?v=ez-eLoIJhL8

    阪神タイガース 関本 賢太郎 応援歌

    https://www.youtube.com/watch?v=-nS0JZVubW8


    関本賢太郎 応援歌メドレー

    no title


    no title


    https://npb.jp/bis/players/81783884.html
    関本 成績

    https://news.yahoo.co.jp/articles/623379500e60ba32508a31d772bdf9270060e8fe
    10/23(金) 6:00配信

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/23(金) 07:22:08.04 ID:T8c0j+Rj0
    ドラフトに引っかかるってものすごいこと

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603405143/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神6-5ヤクルト(2020年10月18日 甲子園)

     【関本賢太郎 視点】井上は将来的に、大山を上回る素質を秘めた逸材と見ます。この日の左飛のアウト一つでも、あれだけ打球を上げられます。加えて体も大きい。高卒1年目すなわち大学1年時の大山に、今の井上くらいの力があったか……おそらく今の井上の方が上でしょう。

     大学に進学すれば4年間。高卒の井上は、その4年間をプロで過ごします。今、大卒4年目の大山が本塁打王争いをしていますが、4年後には井上がそれくらいになっている可能性もあります。高卒3年目のヤクルト・村上を見ても分かると思いますが、プロの1軍で過ごす1年は、すごく大きな財産になります。井上は1軍の1安打で100件くらい連絡が来たそうです。プロとして安打を打つ「やりがい」を感じるとともに、1軍の1試合で感じる「疲労感」も経験していることでしょう。

     履正社高では息子の1学年先輩です。当時から飛ばす能力は際立っていました。外に沈む球への対応など当然、欠点もありますが、それを補って余りある「飛距離」という長所が、井上の魅力です。この先、本塁打打者として育てていく中で大事なことは三振でしょう。村上も36本塁打の昨季184三振しています。本塁打打者に三振は付きもの。三振に目をつぶりつつ、大きく育ててほしいと思います。



    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/19(月) 10:06:10.94 ID:XewpcfEC0
    大山より上のわけないだろ

    17: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/19(月) 10:08:20.89 ID:jmD73P4wa
    これだけの成績残してもなぜか軽くみられる大山さん

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1603069517/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/09/28(月) 17:25:50.15 ID:Rx0Wy5TVM
    やったぜ

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/09/28(月) 17:27:33.57 ID:gH7YZ7hxa
    数年後には絶対モノになるから是が非でも取っておくべき

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1601281550/

    続きを読む

    このページのトップヘ