とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神タイガース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野燿大監督(52)が24日、伊藤将へ“左打者封じ”の助言を送った。甲子園で投球練習をチェックし、「左に対してどうしていくかが一つの課題」と指摘。「内角を攻めるボールがあって、外にいくボールは真っすぐかカット(ボール)。もうちょっとスピードの抜けたスライダーとかがあってもいいんじゃないかな」と緩急の重要性を説いた。

     伊藤将は右打者の被打率・263に対して、左打者は同・234。決して打ち込まれているわけではないが、まだまだ伸びしろがある。指揮官はカーブについても、「ただ緩いじゃ緩急にならない。(腕の振りが)真っすぐに見えて、(球は)遅いから緩急になる」と強調した。

     左腕は前半戦12試合で5勝5敗、防御率2・70と奮闘。27日から始まるエキシビションマッチは、最長5イニングをメドに数試合に登板予定だ。「今は疲れをとってほしい。後半戦、いい状態でいけるように」と矢野監督。現状先発陣で唯一の左腕。成長を促し、ローテ死守を後押ししていく。





    阪神・矢野監督 伊藤将に“左封じ”助言 ローテ死守を後押し「今は疲れとって」(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/95ee5c6f28607d68b974f291ed5c2ff199708412  伊藤将は右打者の被打率・263に対して、左打者は同・234。決して打ち込まれているわけではないが、まだまだ伸びしろがある。



    緩急使い分けられれば、ピッチングの幅は広がります。 阪神・矢野監督、伊藤将に〝緩急のススメ〟 - サンスポ  https://www.sanspo.com/article/20210725-RS47JV5LOVK3JALQUDALHMCZ6Y/  @SANSPOCOMより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の大山悠輔内野手(26)が「ツイスト打法」で鋭い打球を連発した。

    甲子園の練習では矢野監督から内角の打ち方など打撃指導を受けている。この日も打撃練習後に指揮官と話し込んだ。矢野監督は「ツイストも打ち方の1つ。止まるところがあるから加速する。一瞬でもポイントで開くのが止められた状態で加速していくのが覚えられたら、もっとさばけるんちゃうかな」とレッスンの内容を説明した。




    大山は元々足を高く上げて、体を少し捻りながら遠心力を使って強い打球を打つタイプ。詰まりながらもヒットになる頃はこの動きが出来ている。矢野監督が指導している「ツイスト打法」には納得出来る。大山は手で打つより体で打つタイプ。その打法は間違っていない。 https://t.co/RMWCE78Qn5



    矢野監督じきじきレッスン 阪神大山悠輔「ツイスト打法」で鋭い打球連発(日刊スポーツ) シンプルなフォームでポイントにバットを入れる。その感覚があれば、スランプなんてそは起こらないと思いますけどね。なぜこの経歴でフォーム作りを現時点で行わなければいけないのか?  https://news.yahoo.co.jp/articles/c9ee9fffd987860a8bd0d454b25cd9a140568ff0 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ウエスタン・リーグ 阪神―中日(2021年7月24日 鳴尾浜)

     阪神先発の及川は3回無安打無失点。1軍での先発ローテション入りが期待される後半戦に向けて、まずまずのスタートを切った。

     初回は1死から根尾を四球で歩かせるも、郡司を144キロ直球で6―4―3の併殺打に。2回も味方の失策と自らの暴投で2死二塁とピンチを背負ったが、石垣を三ゴロに仕留めて切り抜けた。ラストイニングとなった3回は3者凡退で終えた。

     2年目の今季は5月19日に救援要員としてプロ初昇格し、最速152キロの直球と切れ味鋭いスライダーを武器に15試合登板で防御率1・56。矢野監督は後半戦での先発要員として期待をかけ、及川自身も「チームに求められた役割をしっかり自分の中で果たそうとは思っていますけど、やっぱり先発をしたいとは思っていた。このチャンスをつかみ取れるように」と意気込んでいた。期待の大型左腕が、勝負の後半戦へ一歩を踏み出した。




    阪神・及川 矢野監督が期待の後半戦ローテ入りへ手応え 2軍戦で3回無安打投球 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/07/24/kiji/20210724s00001173378000c.html  がっつり先発引き寄せてるよ‼️ (イイ笑顔だっっ😆✨)



    【ファーム】7/24(土) 神5-4中(鳴尾浜)| 及川、先発挑戦マウンドを3回無失点!先発全員安打で4連勝!  https://youtu.be/c9q9PNXZqU4  @YouTubeより やっぱ、オヨヨは先発でも試合作るな! これは、後半戦先発でみたいわ! あと、阪神はファームの中継ぎも崩壊してるんか? まぁ、尾仲と浜地はよかったけど


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ 昌さん「もっと苦労すると…」

     23日、「2021シーズン前半戦振り返りSP」と題して放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に超豪華ゲストが出演。

     山本昌さん、清原和博さん、藤川球児さんの3名が阪神の怪物ルーキー・佐藤輝明選手(22)について語った。


     仁川学院高から近畿大を経て、昨秋のドラフト1位で阪神に入団した右投げ左打ちのスラッガー。

     春のキャンプから桁外れのパワーで注目を集めると、前半戦で84試合に出場して打率.267、本塁打は早くも20本に到達。打点もチーム最多でリーグ4位の52をマークし、チームの首位ターンに大きく貢献した。

     一方で三振は前半戦で新人記録に並ぶ121個に達するなど、まだまだ粗削りな部分が目につくのも事実。球界を代表するレジェンドたちは、怪物ルーキーのここまでをどう見ているのだろうか…?


     山本昌さんは「私はもっと苦労すると思っていました」と、1年目からの大暴れは想像以上だったと告白。

     「前半戦の終盤は苦労している部分もありましたが、立派だったと思います。三振はすごく多いんですけど、三振を苦にしていない。投げる方からしたら怖いですよね」と語り、三振を恐れることなく振ってくる姿勢に投手目線から言及。

     今後に向けては、「チームの中でより信頼を得るために、もう少し三振の数を減らして、チャンスでどんなバッティングをしていくかというところ」と課題を挙げつつも、「今年の成績がキャリアで一番低い数字になるかも。三冠王を獲れるバッターに成長する可能性もある。これから何年も楽しみな選手だなと思います」と、今後の成長に大きな期待を寄せた。


    ◆ 「いずれは不動の4番になり得る選手」

     前半戦で20本塁打をマークした佐藤輝明に期待がかかるのが、新人最多本塁打記録への挑戦。その記録保持者こそ、この日ゲストとして出演した清原和博さんである。

     高卒1年目のシーズンに31本塁打を放ったかつての怪物スラッガーは、虎のスーパールーキーのここまでについて、「自分は三振の日本記録(通算1955個)を持っているんですが、僕から見ても多いですよね。少し意識を変えて、追い込まれた時にコンタクトできるようになれば、投手はもっと嫌がるのかなと」とし、三振の多さについて言及。

     すると、ゲストの藤川球児さんは清原さんと佐藤輝明の打撃の違いについて、「清原さんはボールがバットに吸い付いて、押し込んで打つ。柳田選手(=柳田悠岐/ソフトバンク)とかもコンタクトしてから押し込んでいますが、佐藤選手はまだハードヒッターなんですよね。それだとバットに当たらないケースも増える」と、技術面から解説。

     三振を減らしてバットに当てる確率を上げていくためには「バットにボールを乗せるような打ち方」が必要だと説明しつつ、「メジャーリーグの有望株でも2通りあって、1年目に三振がものすごく多くて本塁打をたくさん打っていた選手が、2年目以降に三振を一気に減らすこともあれば、三振ばかりになってしまう選手もいる。佐藤選手はどちらかと言えば前者で、三振が減って確率が上がるであろうスイングをしているので、僕も期待をしています」と、山本昌さんと同様に今後の飛躍に期待を寄せている。


     清原さんもこの話を受けて、「村上選手(=村上宗隆/ヤクルト)も三振の多い選手だったと思いますけど、三振が減ってアベレージが残るようになった」と、ツバメの若き主砲を例に挙げながら、「佐藤選手もまだまだ伸びしろがあるので、三振を1個の三振と思わずに、経験を積んでいくことができれば。飛距離を見ても、末恐ろしいバッターだなと思いますね」と、そのポテンシャルには太鼓判を押す。

     今季は4番を任されることもあったが、「伝統あるタイガースの4番というのは不動のものでないといけないと思いますので、まだちょっと荷が重いかなという感じはします」と現状を見つつ、「いずれは不動の4番になり得る選手です」とコメント。


     まだまだ課題はあるものの、日本球界を代表するレジェンドたちがこぞって期待を口にする逸材。

     佐藤輝明がどのようなキャリアを歩んでいくのか、今から楽しみだ。


    ☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

    BASEBALL KING




    前半戦だけを見ても大山とは資質が違うのは明らか。 コンスタントに.280~.300、35~40本打てる様になれば誰もが認める四番。 四代目Mr.Tigersに一番近い男。 清原さんから見ても「末恐ろしいバッター」…レジェンドたちが見た阪神・佐藤輝明の前半戦(ベースボールキング)  https://news.yahoo.co.jp/articles/b2b8d37df7f94f666c8df842d144ff669630ea1a 



    🗣レジェンドたちはどう見た❓ 清原さんから見ても 「末恐ろしいバッター」 阪神・佐藤輝明の前半戦 👉  https://baseballking.jp/ns/288250  ✅ 山本昌さんが語った期待、藤川球児さんが見る課題も…🧐 #tigers pic.twitter.com/Anz8FqVOjS


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、阪神-中日」(24日、鳴尾浜球場)

     先発調整が決まった阪神・及川雅貴投手(20)が約2カ月ぶりにスターターを務める。後半戦の先発ローテ入りが期待されているが、先発自体は5月11日・ウエスタン・オリックス戦以来。「チャンスをしっかりつかみ取れるようにやっていきたい」と燃えている。

     1軍では中継ぎとして15試合に登板し、2勝1敗、防御率1・56と資質の高さが表れた。ただ、これまでファームでは100球以上を投げてきた経験もあるだけに、先発としての可能性も十分。若竜打線を手玉に取り、アピールを狙う。

     対する中日は根尾が今季公式戦初めて遊撃で出場している。先発はベテランの山井。

     試合開始は12時半を予定。スタメンは以下の通り。

     【阪  神】

     1番・中堅 島田

     2番・三塁 北條

     3番・左翼 小野寺

     4番・右翼 井上

     5番・一塁 陽川

     6番・二塁 板山

     7番・DH 高山

     8番・捕手 栄枝

     9番・遊撃 小幡

        投手 及川

     【中  日】

     1番・中堅 渡辺

     2番・遊撃 根尾

     3番・捕手 郡司

     4番・DH A・マルティネス

     5番・右翼 藤井

     6番・左翼 ガーバー

     7番・三塁 石垣

     8番・二塁 ワカマツ

     9番・一塁 石岡

        投手 山井




    【ファーム】 【阪神】 1島田(中) 2北條(三) 3小野寺(左) 4井上(右) 5陽川(一) 6板山(二) 7高山(指) 8榮枝(捕) 9小幡(遊) P及川  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    オヨヨ先発に北條スタメン 見ようかな(てか北條サードじゃん)  https://twitter.com/hanshintigersjp/status/1418772425924235266 


    続きを読む

    このページのトップヘ