とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神タイガース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1664950352/


    甲子園


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/05(水) 15:12:32.88 ID:iSPsHtxur
    捕手 中川(高1 ウ3割OPS.8)
    一塁
    二塁 高寺(高2 ウ首位打者)
    三塁 佐藤(大2 2年連続20本)
    遊撃 小幡(高4 ウ3割OPS.8)
    左翼 前川(高1 ウOPS.750)
    中堅
    右翼 井上(高3 ウ本2位点2位)

    先発
    西純(高3)才木(高6)森木(高1)
    伊藤(社2)桐敷(大1)高橋遥(大5)
    中継
    及川(高3)浜地(高6)湯浅(独4)

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/05(水) 15:12:46.34 ID:iSPsHtxur
    未来明るすぎて申し訳ない

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1664932896/


    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/05(水) 10:21:36.54 ID:5CKvIKKK0
    大勢
    2.05 1勝3敗 8H37S
    新人最多セーブ記録タイ

    湯浅
    1.09 2勝3敗 43H
    リーグ最年少最優秀中継ぎ賞



    普通に考えたら湯浅の勝ち確に見えるんやが

    13: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/05(水) 10:26:36.26 ID:TNqhIcAp0
    まあ湯浅やろ
    記者投票やし

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球阪神のOBで野球解説者の掛布雅之氏(67)が2022年10月3日にユーチューブチャンネルを更新し、新体制となる阪神が来季どのような戦いをするかを予想した。

     現在チームを指揮する矢野燿大監督(53)が春季キャンプ直前に今季限りでの退任を表明し、スポーツ紙などの新聞メディアは阪神OBで元監督の岡田彰布氏(64)が後任に内定したと報道した。

    ■「佐藤と大山の固定をまず考えてスタートしていく」

     掛布氏は冒頭で「岡田新監督は間違いないと思います」とし、岡田氏が来季チームを指揮することを前提として話を進めた。

     現役時代、岡田氏とともにプレーし引退後も親交が続いている掛布氏は、今季の阪神の戦いぶりを岡田氏と語り合った際、岡田氏が「ポジションを固定したい」と話していたことを明かし、「佐藤(輝明)と大山(悠輔)の固定をまず考えてスタートしていくと思う」と語った。

     掛布氏、岡田氏ともに選手として85年の日本一を経験。ランディ・バース氏(68)とクリーンナップを構成し「ニューダイナマイト打線」と称された。4月17日の巨人戦では3者連続本塁打を記録するなど本塁打を量産してチームの日本一に大きく貢献した。

     掛布氏は85年の日本一は打線だけではなく守備の良さもあったと主張。「85年の野球は200発打線で打ち勝ったというイメージを持っている方が多いと思いますが、岡田新監督も私も真弓(明信)さんもこの間、話をしたのですが『85年は守れたよね』と意見が統一した。3人が同じ意見だった」と振り返った。

     そして「土のグランドで守る野球が難しくなってきているだろうけども、それでも岡田新監督はまず守る野球から入っていくと思います。その守る野球の中心になってくるのがセンターライン。このセンターラインをどう決めていくのか」と続けた。

    「岡田監督が一番すごかったのはJFKを作ったこと」
     掛布氏はセンターラインの大きなポイントとして「二遊間」を挙げ、ダブルプレーを取れる二遊間をどのように作り上げていくかに注目した。センターラインは梅野隆太郎捕手(31)を中心としたものになるとし、「新しいセンターラインが出来るかもしれない」と予想した。

     打線に関しては「佐藤にしても大山にしても4番を打ったが、チームを優勝させる4番の野球は2人ともできていない」と指摘し、「そうなった時にこの2人を4番にして戦っていくのか、ここ1、2年は外国人の力を借りるような本当に4番を任せることができる補強をして、佐藤と大山を4番に育てていくのか」と語った。

     岡田氏は04年から08年まで5年間、阪神で監督を務め05年にはリーグ優勝を果たした。リーグ優勝に貢献したのが「JFK」と呼ばれたリリーフ陣だ。ジェフ・ウイリアムズ、藤川球児、久保田智之で構成され、それぞれの頭文字を取って「JFK」と名付けられた。

     掛布氏は「岡田監督が一番すごかったのはJFKを作ったこと」と当時を振り返り、「7回、8回、9回を完璧な守る野球を確立して勝った監督。7回、8回、9回を守る野球を徹底して作っていくと思いますよ。それだけのリリーフ陣のメンバーがいる」との見解を示した。






    #プロ野球 #阪神 OB #掛布雅之 氏10.3 #YouTube 更新 新体制阪神 来季の戦い予想 #掛布 氏「岡田新監督は間違いないと」岡田氏来季指揮する前提で 現役時代 岡田氏と共にプレー 引退後 親交が続く 今季阪神の戦いを語り合った際 掛布「(岡田氏が)ポジションを固定したい」と話していた事を明かし #野球 pic.twitter.com/vjm7mN8A5F



    #掛布 氏「#佐藤#大山 固定をまず考えスタートしていく」 掛布氏は85年 #日本一 打線だけではなく守備の良さもあったと主張 掛布「85年 #野球 は200発打線で打ち勝ったイメージお持ちの方が多い 岡田も私も真弓さんも話をしたのですが 『85年は守れたよね』 と意見統一 3人同じ意見だった」 #野球 pic.twitter.com/ffHzACu96S


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    甲子園3


     阪神は5日、「ファン感謝デー2022」を11月26日に開催すると発表した。

     今年は3年ぶりに甲子園球場での開催となり、有観客となる。コロナ禍で過去2年間は室内練習場からのオンラインで行われていた。イベント内容などは今後、球団ホームページに随時掲載される。

     抽せんで2000人を招待する。




    11/26(土)に阪神甲子園球場で開催いたします「ファン感謝デー2022」ご招待券の一般申し込みを本日よりインターネット・はがきにて受付開始いたします。 ▼お申込み・ファンクラブ会員応募等 詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/home/fan2022/  pic.twitter.com/cO6Aziubcj



    > 「ワクワクのサプライズ演出!」 岡田監督登場か 阪神3年ぶりに甲子園でファン感謝デー開催 11月26日に 恒例の選手トークショー「虎トーーク!」も― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/05/kiji/20221005s00001173450000c.html 



    ファン感謝デー 甲子園開催☺️ 【阪神】3年ぶり甲子園球場で「ファン感謝デー2022」実施 有観客で11・26開催(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/73af91d32b310bffa263a84581cdbea2d2d758c2 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 阪神7―5オセアンリーグ選抜(2022年10月5日 鳴尾浜)

     阪神の江越があす6日から1軍昇格する。この日は「1番・中堅」で先発出場し初回に144キロの直球を逆方向の右翼へ先頭打者アーチ。「1球で捉えようと思っていたので良かったです」と力強くうなずいた。

     9月15日に2軍降格後は1軍の北川打撃コーチと取り組んできたノーステップ打法により力を入れ「足を上げないようにしているのが感じが良い」と手応え。新型コロナウイルスに感染した植田に替わって昇格を果たす。

     CSでも試合終盤の代走や守備固めとして出番がやってきそうで「打席はあるか分からないですけど、自分の役割を果たせれば良いかなと思います。チームが勝てれば一番良い」と表情を引き締めた。




    江越昇格か まあそうだろうねえ



    もうね、たまらんよ😭 阪神・江越があすから1軍昇格「役割を果たせれば」練習試合では逆方向へ先頭打者アーチ https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/05/kiji/20221005s00001173483000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ