とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神タイガース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球は開幕から1カ月を消化。セ・リーグは阪神がロケットスタートに成功し、貯金13で首位を快走している。ただ、ライバルの巨人も貯金7を積み上げ、3ゲーム差の2位。ヤクルトも貯金1と奮闘しているが、多くの評論家が予想した通り、“2強”が上位を争っている。

     阪神の快進撃はどこまで続くのか。デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「まず、交流戦が終わってどうなっているか。口に出す監督、出さない監督といるが、セの各球団は『5割で乗り切りたい』という思いだろう」と、語った。

     阪神は何度も“失速”に泣かされてきた歴史がある。今年のように12球団最速で20勝に一番乗りしたシーズンは過去にも74年、03年、14年と3度あるが優勝は03年だけ。14年は交流戦で9勝15敗と大きく負け越し、勢いを失った。パが優勢の交流戦で巨人は通算勝率・525、阪神は同・484と苦手意識もありそうだ。

     夏場以降の日程もポイント。前述の74年は7月まで首位も、8月の長期遠征が続く“死のロード”から負けがこみ始めて失速した。今年は五輪期間中が中断となり、コンディションを再調整するにはいい期間にはなる。ただ、関本氏は「今年はコロナの影響で延期になっているゲームが増え、後半しわ寄せになる可能性も高い。屋外球場が本拠地の阪神は特に9月、10月と連戦連戦となった時、余力があるかどうかもカギだろう」という。

     ここまで阪神はチーム防御率、同打率ともにリーグトップと好調。ただ、関本氏は「阪神は投打に新外国人が2軍で待機している状況だが、それでも巨人と比較したら選手層と経験値では分が悪い」と、長いシーズンでの戦いを不安視する。

     08年は北京五輪での主力の離脱や新井の腰痛悪化などで、巨人に歴史的大逆転を許した。阪神にとって交流戦、夏場の日程以上に大きな壁となるのは、やはり9年連続で負け越している宿敵・巨人の存在だろう。

     関本氏は5日の広島戦での原監督の采配に注目。「原監督は中川をベンチから外したり、桜井を厳しい場面で試してみたり、先を見ているという戦い方だよな。攻撃でも重信、増田大、松原を終盤に繰り出して走力、守備力を高めて接戦を取りに行く。まだ主力が本調子ではないが、戦い方にバリエーションがある」。勝負どころでの戦いを見据え、“戦力整備”をしているとみる。

     一方の阪神は大山が背中の張りで6日に登録を抹消。影響も懸念されるが、関本氏は「まだ先にある勝負どころで、柱を欠かさないことが大事になるだろう」とした。そして中心的役割を担う投手の名前をあげ、「特に投手陣は先発でいえば西勇、リリーフでいえば岩崎。巨人で言えば中川のように、岩崎をどう休ませながら戦っていくか。不安になれば藤浪を先発とリリーフの両面で、便利屋として起用するのもひとつの手かもしれない」と語った。

     勝負どころでの戦いが明暗を分けるペナントレース。16年ぶりの優勝へ、阪神は過去の経験を生かせるか。




    阪神に立ちはだかる“3つの壁”失速の経験を生かせるか 評論家の視点 失速には慣れている  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/05/06/0014303294.shtml 



    今年の阪神はやっぱり違う。 よく失速する夏を前に貯金を増やしたいところ。 【MLB】”最強チーム投票”「阪神」が1票獲得…「彼らは勝率6割9分」快進撃は野球の本場でも話題(中日スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2b9995a791051375f8be0f7c55dcb4a282b61098 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:中日1-2阪神>◇6日◇ナゴヤ球場

    阪神藤浪晋太郎投手(27)の2軍中日戦を視察した。結論から言えば「何でファームで投げているの?」だ。それくらいしっかり投げ込んでいた。

    ノーワインドアップにも取り組んだそうだが、このフォームにもまったく違和感がない。1回から3回までは球威も含めてほぼ満点。むしろぎこちなさが消えて、テンポのよさも引き出していた。

    4回にストレートがひっかかり始め、2四球から適時打を許した。これはクイックした際に右足への体重の乗りが悪くなって右打者の遠く、低く外れてしまうわけだが、修正可能の範囲だろう。実際、5回のマウンドではなんとか修正していた。

    フォークも全体的にやや抜け気味だったが、ストレートの抜け球はほぼなかった。投球の軸となるストレートが上下に外れる分にはまったく問題はない。右打者の外角低めと内角高めの対角線上で暴れ出すとさすがに厳しいが、このレベルなら問題ないだろう。

    もともと次元の高い投手で、2軍で投げてもさしたる意味はないと言い続けてきたが、この試合を見てそれを再確認できた。1軍のゲームとなればより集中力も高まるはずで、後はいかに気持ちよくマウンドに送り出すかどうか。少々の荒れ球は打者にとっては脅威で藤浪にとっては最大の武器。自信を持ってマウンドに上がって欲しい。(日刊スポーツ評論家)




    【権藤博】阪神藤浪は「何でファームで投げているの?」少々の荒れ球は武器 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ 藤浪くん大好きおじいちゃんの権藤さん😂😂💭  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202105060000766.html 



    権藤さんにそう言ってもらえると嬉しい😭 藤浪くん、1軍に戻ってきてくれるのを楽しみにしています。 【権藤博】阪神藤浪は「何でファームで投げているの?」少々の荒れ球は武器(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/9599ccbfee125b766d733213ec090a0e259506a9 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神ファンを公言している俳優の間宮祥太朗が4日、ツイッターを更新。連日、阪神戦の感想ばかりを投稿していることから「いよいよ役者とか芸能人にあまり興味のなさそうな阪神ファンとか野球ファンからもフォローされるようになってきた」と喜びをにじませた。

     間宮はペナント開幕後から、阪神への思いばかりをツイッターで投稿。藤浪が158キロをマークした中日戦では「グッときたわーこの場面」(4月2日)、巨人に7対1と圧勝した試合では「今年期待しかしてない、こわい」(4月7日)。広島戦での甲子園バックスクリーン弾となった佐藤輝の本塁打には「まじで当たった瞬間って感じだったな」(4月15日)など、勝利に酔いしれるつぶやきが続々。

     その後もリアルタイムで試合を見ていると思われるつぶやきが連日投稿されており、阪神愛を爆発させていることから「いよいよ役者とか芸能人に余り興味のなさそうな阪神ファンとか野球ファンにもフォローされるようになってきた」と報告。「役者らしく阪神ファンらしいこと言おうとすると『今日は朝から撮影長いけど、阪神勝ったし頑張れるわ~』となります」とも投稿した。

     この投稿は阪神の梅野隆太郎捕手もリツイート。一般のファンからも「間宮祥太朗って阪神ファンなんだ!絶対いい人だからフォローしよって阪神ファンが呟いているのを何人も目撃してますよ」「今となっては阪神勝ってると『間宮さん見てるかな~』と思うようになりました」などのコメントも寄せられていた。






    間宮祥太朗さんのツイッターは阪神のツイートだらけ
    https://twitter.com/shotaro_mamiya?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


    ▼梅ちゃんも引用リツイート



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【トラとら虎】

     阪神のジョー・ガンケル投手(29)は先発スタッフの勝ち頭としてチームの信頼度を高めている。目下4勝0敗、防御率1・78はいずれもチームトップ。「昨年より安定感が増し、勝ちを計算できる存在になってきた」と首脳陣は目を細める。

     身長196センチ、体重102キロ。パワーピッチャーの印象だが、正体は違う。制球力と多彩な変化球で勝負する技巧派。「日本の投手から打者のタイミングを外す大事さを教わった。同じ1球でも常に変化をつけることを学んだ」。首脳陣や投手仲間への貪欲なまでの質問攻めは有名である。

     米フロリダ州生まれ。ウェストチェスター大を経てメジャー入りを目指したものの、果たせず7年間マイナーリーグを転々とした苦労人。鳴かず飛ばずの右腕に目をつけたのは、救援投手として2003、05年の優勝に貢献したジェフ・ウィリアムス駐米スカウト。「日本の打者はミートがうまい。抑えるには細かい制球力がカギ。ガンケルなら成功する」と推薦した経緯がある。

     昨年は日本球界への不慣れもあって28試合登板、2勝4敗、11ホールドに終わったが、残留の決め手になったのは、やはり制球力。そういえばマイナー時代には9イニング平均の四球がわずか1・49個という記録を持つ。4勝目を挙げた4月18日のヤクルト戦(甲子園)では初回の先頭打者から15人目まで初球にボール球を投げなかった。

     テンポがいいとバックの守りや打線の援護がよくなるのは当然かもしれない。「常に梅野捕手と意思の疎通は取れている。サインに首を振ることはほとんどない」と信頼を寄せる。梅野もサイン通りにきっちり投げ分けてくるのだから、リードのしがいがあるだろう。

     チーム最多の勝ち星にもおごりはない。チェンが日本球界10年ぶりの白星で追走すれば、入団間もないアルカンタラもデビューに虎視眈々。生存競争の激しさをいつも認識しながらマウンドに立っている。(スポーツライター・西本忠成)




    右打者の外角へのカットボールが生命線やな。 #阪神タイガース #阪神 #ジョーガンケル #ガンケル #虎バン #虎エール



    今の阪神の外国人投手みんなイケメンやな。 ガンケル、スアレス、チェン (今どうでもいい)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は6日、横浜スタジアムで練習を行った。当初は先発メンバーの青柳、伊藤将ら投手陣を中心に行う予定だったが、野手陣も自主練を行い、ベテランの糸井、木浪、原口、陽川らも汗を流した。

     7日からは同スタジアムでDeNA3連戦が予定されており、7日に先発するチェンをはじめ、複数の選手が体を動かし、試合に備えた。




    明日は糸井が6番ライトスタメンかな。 阪神7日に先発のチェン、伊藤将らが浜スタで練習 ベテラン糸井ら野手陣も自主練で汗流す― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/06/kiji/20210506s00001173346000c.html 



    明日からチェン、伊藤将、ガンケル。 一見似たタイプなんだが、実はそうではないんだろね。チェンはよくわからないが、伊藤ガンケルは球速表示よりも球が来るタイプ。野球は奥が深い。 #阪神タイガース #伊藤将司 #ガンケル


    続きを読む

    このページのトップヘ