とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神・淡路大震災

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・淡路大震災からまもなく26年を迎えます。

    神戸市で行われる追悼行事で灯篭を並べて作る文字が決まりました。

    「灯籠でかたどる文字は今年はこれに決まります。『がんばろう1.17』」

    毎年、神戸市中央区の東遊園地で開かれる追悼行事「1.17のつどい」では、公募で選ばれた言葉が灯篭で形作られています。

    2021年の文字は、震災復興の原動力となった合言葉「がんばろう神戸」にちなんでいて「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、心を一つに苦難を乗り越えよう」という想いもこめられています。

    【1.17のつどい実行委員長・藤本真一さん】
    「1.17のあの日っていうのは、中止や延期ができるものではないと。小さくてもいいから灯りを灯し続けることが震災26年、生かされた私たちの責務だと」

    今年はオンラインで追悼行事に参加することができます。

    関西テレビ




    ”阪神・淡路大震災”の追悼行事「中止や延期できない」 コロナ禍でも『がんばろう1.17』合言葉に
    #関西テレビ #カンテレ #ニュース #阪神・淡路大震災 #1.17のつどい
     https://www.ktv.jp/news/articles/b29ff8e3_ebae_45a4_8e0c_870533374b2b.html 



    「1.17のつどい」今年の文字は『がんばろう』 阪神・淡路大震災から26年(MBSニュース)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210112-00036583-mbsnewsv-l28&source=rss  pic.twitter.com/gku5NxxGUe


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/27(金) 10:46:14.72 ID:CAP_USER9
    11/27(金) 7:30
    デイリースポーツ

    イチロー氏 阪神・淡路大震災語った「初めて死ぬかもと思った」
     講演するイチロー氏
     米大リーグ、マリナーズなどで活躍したイチロー氏(47)=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が26日、神戸市内で開催された日本新聞協会主催「第73回新聞大会」での記念講演に出演した。

     「初めて死ぬかもと思った瞬間でした」。イチロー氏はこの日の講演で、阪神・淡路大震災が発生した1995年を述懐。当時はプロ4年目でオリックスに在籍。チームは「がんばろうKOBE」を合言葉に84年以来、11年ぶりにリーグ優勝したシーズンだった。

     震災発生当時、イチロー氏は神戸市西区の選手寮で生活していた。「まずドカーンと。早朝だから訳が分からなくて」。何が起きたかは、すぐに把握できなかった。

     春季キャンプは約2週間後に迫っていた。「無理だと思ったんですが、(選手ら)みんな集まった。ホロっときました」。神戸のファンと共に成し遂げた優勝。翌96年はリーグ連覇。19年ぶりの日本一まで登り詰めた。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/84d6b82557deee7c978e9f4c87df1d62e26805f5

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/27(金) 11:10:48.66 ID:1C1DomrO0
    >>1
    ま、西区は大したことなかったけどな

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606441574/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神近本光司外野手が16日、兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で、発生から25年を迎える阪神・淡路大震災への思いを語った。

    95年1月17日は生後2カ月。「僕自身、記憶はない。小、中学生の時に地域の人から話を聞いたり、震災の記念館に行ったりして、すごさが分かった」と険しい表情を見せた。

    95年はオリックスがリーグ制覇を果たし、翌96年には2連覇と日本一を達成。復興のシンボルとなり、スポーツには人を勇気づける力があることを証明した。近本にも同じ経験があった。18年6月に起こった大阪府北部地震。社会人・大阪ガスに所属しており、都市対抗前の大事な時期だった。「野球をしている場合ではなくて、地域の人のために何ができるか」とチームは練習よりも復興支援を選んだ。

    当時近本は、社会人日本代表強化合宿に参加中で、復興支援には参加できなかったが、大阪ガスを都市対抗初優勝に導き、被災地へ勇気を与えた。「自分らが地域の人たちに元気を与えれるようにと思ってやったから、今までできなかった優勝ができたのかな、と」。17日には鳴尾浜で練習前に黙とうがささげられる。今度は虎をリーグ制覇へ導き、被災者へ勇気を与える。【只松憲】




    🐯近本... 野球ができる喜び改めて実感! 生後2ヶ月の時に震災 #阪神タイガース #近本光司 記事デイリーさん pic.twitter.com/A2lTvEkbwN


    続きを読む

    このページのトップヘ