1


<オープン戦:阪神2-6西武>◇13日◇甲子園

阪神中継ぎの1軍争いが激化してきた。

7回に2番手の小野泰己投手(26)が1イニングを1安打無失点。キャンプ中は5戦中3戦で失点したが、オープン戦は3試合で無失点。新加入の加治屋蓮投手(29)は8回を1安打無失点。こちらもオープン戦3戦連続無失点で、キャンプ中から含めると実戦6試合でまだ失点を許していない。矢野燿大監督(52)は「誰を勝ちパターンにというのはいい悩み。誰でも入っていけそうな状況はつくれている」と、高いレベルでの競争を歓迎した。




チーム内の競争が、選手達にとっていい刺激となっています。 阪神中継ぎ争いが激化、矢野監督「誰でもいけそう」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103130000721.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



阪神さん、中継ぎ候補が多すぎるため先発という概念無くなってきてる


続きを読む