とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神優勝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    torakki-


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/17(木) 20:40:59.96 ID:O8sTUWRd0
    糸井(39)
    サンズ(33)
    梅野(30)
    マルテ(29)
    江越(28)
    糸原(28)
    木浪(27)
    近本(26)
    大山(26)
    熊谷(25)
    中野(24)
    佐藤(22)
    小幡(20)


    1軍戦力のほとんどが20代で将来性が見込める模様

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/17(木) 20:42:02.10 ID:SnglJPxm0
    5年はいけるな


    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1623930059/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     やっぱり今年の虎は違う。13日の楽天戦(楽天生命パーク)に6―5で快勝し、6連勝の阪神は、交流戦11勝7敗で2017年以来となる交流戦勝ち越し。2位・巨人に7ゲーム差とした。パ・リーグ首位・楽天相手をも「スイープ」したノリノリの猛虎軍団の〝強さ〟は、パ・リーグ関係者にはどう映ったのか…。

     日本ハム、楽天と続いた敵地での交流戦ラスト6試合を6連勝。12日に4年ぶりの交流戦勝ち越しを決め、13日は5―5の9回に近本が決勝の右翼線適時三塁打。矢野監督も「ツーアウトからでもあきらめない。タイガースの強みにしていきたい」と、土壇場での勝負強さを発揮したナインを激賞した。交流戦前半は交互に勝ち負けが続く〝オセロ現象〟も、終盤の猛スパートで交流戦11勝7敗の好成績。貯金は今季最多の「20」となった。

     実際に戦ったパの首脳陣は「先発野手も含め攻撃中、誰もベンチでふんぞりかえってない。声もよく出てるし、みんなベンチから乗り出して戦況を見ているのが印象的。常に試合に参加しているというか、自分の出番じゃない場面でも、1球ごとに試合に入っている。ひと言で言えば『集中力の高さ』だけど、この雰囲気を作るのは簡単じゃない」と舌を巻く。

     別のパのスコアラー関係者は、虎のさらなる上積みも予言している。

     それは13日現在、12球団最下位の43個を記録し、課題でもある失策数の改善。昨季まで3年連続12球団ワーストを記録中の積年の課題も「改善傾向にあるのは間違いない」と断言すると「エラーの数ほど、下手じゃない。むしろ日本ハム戦では、遊撃の中野とか、出足の速さや打球に対する一歩目の速さはホームの日本ハムの内野陣よりもはるかに優れていた」と指摘する。

     前カードの札幌ドームでの日本ハム戦、楽天生命パークでの楽天戦と敵地での6連戦では、わずか1失策。総数がなぜ減らないかは「本拠地が、内野が土の甲子園だから」。ただし、これは20代の発展途上にある選手が多い虎の内野陣にとっては、悪い環境ではないという。

    「甲子園で完璧にこなせるようになれば、他の球場はもっと簡単で楽。人工芝の内野は、土のグラウンドよりも球足が速く、守っていても打球が〝来る〟から。普段から土の球場で脚を使っている選手ほど人工芝は楽。イレギュラーも断然、少ない。札幌ドームで中野の守備がアグレッシブでキレキレに見えたのも、そのため。本人も守ってて『楽』と思ったんじゃない? 普段から一番難しいところでやっている緊張感は、他に行けば、捉え方次第でプラスに変えられる」

     前出関係者の指摘通り、交流戦の失策数15のうち13が甲子園で、敵地では2つ。もちろん、甲子園を本拠地にする手前、自分たちの庭でのミスを減らすことは急務でもある。一方で、それを克服すれば、球界でも屈指のハイレベルな守備網が形成される可能性も高い。

     16年ぶりのセ界制覇へばく進を続ける虎は、まだ強くなる可能性を秘めている。

    東京スポーツ




    意識改革を3年かけて行った矢野野球 矢野辞めろと言ってた記者は金本の反動でヌルいと言っとった あの記者は自分のコラムでダンマリやけど なんて書くか楽しみ😇 「阪神の強さは本物だ!」12球団最多の43失策をパ球団が “プラス” と見る根拠(東スポWeb) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0b59e1b6790bcefe972a4cd3905a4af42cf9a222 



    「阪神の強さは本物だ!」12球団最多の43失策をパ球団が “プラス” と見る根拠(東スポWeb)  https://news.yahoo.co.jp/articles/0b59e1b6790bcefe972a4cd3905a4af42cf9a222  この記事はなかなかいい事を書いている。 成る程と納得出来るものだった。👍



    東スポにしてはまともな良記事(というかファンが喜ぶ記事 笑) 「阪神の強さは本物だ!」12球団最多の43失策をパ球団が “プラス” と見る根拠(東スポWeb) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0b59e1b6790bcefe972a4cd3905a4af42cf9a222 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kosienkyujo


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/14(月) 01:58:06.01 ID:6N2SaCyo0
    12球団BsR(走塁総合指標)ランキング

    阪神 8.4
    千葉 8.1
    福岡 7.6
    ヤク 3.0
    オリ 0.7
    ハム-1.0
    西武-1.5
    中日-1.9
    広島-3.3
    巨人-6.0
    横浜-6.9
    楽天-7.0

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/14(月) 01:58:22.50 ID:6N2SaCyo0
    セ・リーグではぶっちぎりな模様



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1623603486/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <日本生命セ・パ交流戦:楽天5-6阪神>◇13日◇楽天生命パーク

    阪神が粘り勝ちで球団最多に並ぶ交流戦6連勝を飾った。貯金を今季最多の20に増やし、交流戦最終ゲームを締めた。

    ▼6連勝の阪神が開幕から60試合目で貯金を20の大台に乗せた。阪神の最速貯金20は1リーグ時代の38年春の30試合目(25勝5敗)だが、2リーグ制後では03年の55試合目、08年の57試合目に次いで3位のスピードだ。セ・リーグで60試合以下で貯金20到達は16度目となり、過去15度のうち13度は優勝している。

    ▼交流戦は11勝7敗の2位で終了。今季の交流戦は甲子園球場では3勝6敗だったが、ビジターは8勝1敗の勝率8割8分9厘。交流戦のビジター勝率は05年ロッテの8割2分4厘を抜く新記録だ。DHが打率3割7分1厘、11打点と機能し、パの本拠地で高勝率をマークした。







    @NikkanNaruohama 13ゲーム差ひっくり返さ事があるから、読売とは15ゲームは差をつけないと。



    @NikkanNaruohama もうマジでこのまま優勝して欲しい🙏


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     関大の宮本勝浩名誉教授(76)が2日、首位を走る阪神が優勝した場合の経済効果を算出。関西地区での経済効果は約620億7050万円となった。

     ファンの消費額など直接効果を約319億2927万円とし、そこから経済効果を計算。ただ、コロナ下で甲子園の観客数が制限されることなどが影響し、03年に優勝した際の約1481億円からは大幅減となった。

     同教授は「もし、今年全試合が制限なしの観客を集めて開催できていればかなり多額の経済効果を関西地域にもたらすことになっていたであろうと考えると、新型コロナが恨めしい」とした。




    阪神Vなら経済効果は620億! 関大・宮本教授が算出― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/02/kiji/20210602s00001173536000c.html  恒例のデータが!今年は実現出来るよね!



    宮本教授の授業1発目から文系には難し過ぎる数式が出てきて挫折した18の春。あの数式の向こうに様々な経済効果計算法があったのだろう。 阪神Vなら経済効果は620億! 関大・宮本教授が算出(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/c7de26de8a0f6667c41fac1053fb8f80e5cb0c2b 


    続きを読む

    このページのトップヘ