とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神先発陣

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場)

     阪神・矢野燿大監督(52)が17日、ヤクルト戦(甲子園)の中止を受けて、先発ローテ再編を明言した。この日に先発予定だった青柳は20日からの巨人3連戦(東京ドーム)に投入する。昨季、チームは東京ドームで3勝9敗と惨敗。西勇、青柳、秋山の順に3本柱を投入して2位の巨人をたたき、苦手意識を払しょくする。

     積極的なローテ再編でG倒を狙う。チーム防御率1・99は12球団トップだ。矢野監督は「今一番いいと思うことをやっていこう」と首位固めの青写真を描き、20日からの巨人3連戦(東京ドーム)に、西勇、青柳、秋山を順に投入することを決めた。

     「ヤギ(青柳)も今、状態がいいから。本当は投げさせたいんだけど。逆に今の状態でジャイアンツというところにどう投げていくかっていうのも、見てみたいなとも思うし」

     虎は昨季東京ドームで3勝9敗と惨敗。悪夢の開幕3連敗から始まり、8月には3試合連続完封負けの屈辱にまみれた。青柳も同球場は3戦3敗、防御率3・60の鬼門だが、今季はここまで3試合に先発して2勝0敗、防御率1・35。抜群の安定感を誇るだけに、負のイメージをガラリと変えたいところだ。

     “雨柳さん”の本領発揮した青柳の気持ちは切り替わっている。

     「もう分かっていたことなんで、しょうがないですね。行けと言われるところに行くだけなので。今日投げられず残念ですけど、チーム的にまだいい流れが続いているので、それに乗って投げられるようにしたいです」

     今季初となる敵地での伝統の一戦。阪神は6連勝と首位を快走するが、2位・巨人も同じ6連勝で2・5ゲーム差まで迫ってきた。さらに新助っ人のメジャー通算196発スモーク、同96発テームズが1軍デビューするプランも浮上。先発もサンチェス、畠、高橋の好調トリオの登板が見込まれている。

     虎の先発陣も全試合で5回以上をクリアするなど絶好調。青柳は「いい刺激ですけど、だいぶプレッシャーです。自分のところで崩しちゃうとやっぱり良くない」と危機感を口にする。16年ぶりVへ、自慢の“3本の矢”で鬼門を突破する。




    西は中5日で火曜日か。やっぱり開幕投手から外れてもエース扱いだな。 G倒&首位固めへ阪神が先発ローテ再編 18日ガンケル、21日青柳が先発  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104170000979.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神“3本の矢”でG3連投だ!積極的ローテ再編 西勇&青柳&秋山で挑む (阪神Vデイリー)  https://news.line.me/issue/oa-vdaily/k0f53dshjmnh?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  はい、神編成



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    まだ取材はもちろん会ったこともないけれど、早く日本で投げたくてウズウズしているんじゃないかと、勝手に想像している。阪神の新助っ人右腕アルカンタラの話だ。

    新型コロナウイルスの変異種流行を受けて、なかなか新規入国がかなわずにいたが、4日、同じく新助っ人の主砲候補ロハスとともについに来日。2人は出国前、入国後の新型コロナウイルス検査で陰性となり、14日間の隔離期間を経てチームに合流する。

    アルカンタラといえば、韓国リーグの斗山で昨季20勝をマーク。まだ28歳と若く、推定年俸200万ドル(約2億1000万円)からも期待の高さがうかがえる。ただ、準備が整えば先発ローテの座が確約されているのかと聞かれれば、誰も首を縦には振れないだろう。

    虎は開幕9試合を終えて、6勝3敗でセ・リーグ単独首位に立っている。順調なスタートを切れた要因の1つとして、真っ先に頭に浮かぶのが先発投手陣のゲームメーク力になる。開幕9戦目の4日中日戦を終えた後、矢野監督も「やっぱり一番はそこかな。ここのところ、ずっと先発陣が頑張ってくれている」と褒めたたえていた。

    どれだけ安定感があるのか、他球団と比較してみた。今季のレギュラーシーズンは9回打ち切りが決まっているため、リリーフ陣を早めに投入しやすい側面がある。先発陣は5回を投げれば試合を作ったと言える状況なので、「5回以上、自責点3以内」を1つの指標として考えてみた。

    阪神先発陣のイニング、自責点は開幕戦から順に以下の通りだ。

    ヤクルト3連戦は藤浪5回2失点、青柳5回2/3 3失点、ガンケル6回無失点。広島3連戦は西勇7回1失点、伊藤将5回2失点、秋山7回2失点。中日3連戦は藤浪6回1失点、青柳7回1/3無失点、ガンケル6回1/3 1失点。

    「5回以上、自責点3以内」の確率は100%。大崩れする確率は今のところ0%ということになる。

    一方、セ・リーグ他球団の「5回以上、自責点3以内」率は巨人が89%、広島が78%、中日、ヤクルトが67%、DeNAが44%。現時点では順位通りの数値となっており、先発陣のゲームメーク力がいかに重要かを再確認させられる。

    ちなみに、リーグが違うので一概に比較はできないが、パ・リーグには開幕から全先発投手が「5回以上、自責点3以内」を達成しているチームはいない。やはり先発陣の安定感は虎の大きな武器と表現できる。

    先発左腕の柱と計算されていた高橋が右脇腹負傷で離脱し、日米95勝のチェンも調子が上がらず開幕2軍スタート。当初のプランに誤算が生じても代役が結果を出す好循環が当たり前になりつつある。そんな層の厚い先発陣に今後、アルカンタラまで投入される。

    新助っ人右腕が実力で居場所をつかみ取るのか、現有戦力がローテの座を死守するのか。ハイレベルな競争がますますチームを活性化させることになりそうだ。【遊軍=佐井陽介】




    自慢の先発陣が、幸先の良いスタートを切りました。 アルカンタラも焦る!?阪神先発陣「大崩れ率」0%  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202104050000446.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    新型コロナ下ルールでは先発外国人2人が編成として理想的なので、焦りはないのでは。焦るべきはマルテ→アルカンタラも焦る!?阪神先発陣「大崩れ率」0%  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202104050000446.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    torakki-


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 21/01/01(金)13:42:08 ID:n4Q
    ①:2020年も2021年もローテ入りする投手の、2020年における先発時のチーム勝敗
    (=西、青柳、秋山、高橋の先発時の、2020年におけるチーム勝敗)
    41勝30敗4分

    ------------------

    ②:2020年は先発したが2021年は先発しないであろう投手の、2020年における先発時のチーム勝敗
    19勝23敗3分

    ------------------

    ③:②の45試合をアルカンタラとチェンが投げた場合、勝率7割として
    32勝13敗0分

    ------------------
    ④:①+③=73勝43敗4分(参考:2020ソフトバンク 73勝42敗5分)

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 21/01/01(金)13:43:06 ID:n4Q
    つまり、谷間の投手がアルカンタラとチェンになることによって、計算上は2020年のソフトバンク並の勝率になるんや

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1609476128/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    8/27までのQS率とQS回数 神 59.65%(34) 広 49.12%(28) 中 46.67%(28) D 45.76%(27) ロ 45.76%(27) 楽 44.07%(26) 日 44.07%(26) ソ 42.37%(25) 巨 42.86%(24) オ 37.29%(22) ヤ 35.09%(20) 西 31.58%(18)



    阪神の先発9試合連続QSしてて強すぎ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【球界ここだけの話】

     プロ野球の開幕から1カ月が過ぎ、阪神はここまで30試合を消化した。シーズンの4分の1を終え、セ・リーグで3位につけている虎の中で先発投手陣の活躍が目覚ましい。開幕投手の西勇輝投手(29)は6試合に登板し、2勝2敗、防御率1・87。プロ5年目の青柳晃洋(26)はここまで5試合登板でリーグトップタイの3勝を挙げ(1敗)、同1・80と好投を続けている。

     データを見てみると、投手の投球成績もさることながら、実は打撃での貢献度も高い。西勇は6月19日の巨人との開幕戦(東京ドーム)でプロ1号を含む2安打2打点を放つ活躍を見せれば、翌20日には岩貞も三回の第1打席で遊撃内野安打。実はこれが2017年6月2日の日本ハム戦(甲子園)以来、1114日ぶりの快音だった。

     さらに青柳も6月23日のヤクルト戦(神宮)で中前打を放てば、ガルシアも7月15日の同戦(甲子園)でセーフティーバントで三塁内野安打を記録。西条高時代に通算48本塁打を放ち、“伊予ゴジラ”と呼ばれていた秋山も21日の広島戦(甲子園)の五回に左翼フェンス直撃の二塁打で自らチャンスメークし、得点を演出した。

     現在の先発投手の打率は・130(54打数7安打)。リーグトップはヤクルトの・184で、阪神は中日と並んで同率3位という成績を残している(27日現在)。開幕戦でいきなり結果を残した西勇は、2月の春季キャンプでティー打撃で250球を打ち込んでいたといい「打撃練習してデメリットはなかったので。打って(体は)切れてるし、筋力もつくし。やらないほうがもったいない」と話していた。9人目の野手として打撃での躍進の裏には並々ならぬ練習量があるというわけだ。

     また余談にはなるが、7月19日の中日戦(甲子園)の五回に能見が2018年5月11日の広島戦(甲子園)以来、800日ぶりに打席立った。結果は4球で見逃し三振に倒れ、「(終わるのが)早かったですね。振ろうと思ったんですけど、振れなかった」と苦笑い。同年に中継ぎへ転向し、最近では打席に立つ機会がなかったため、場内に流れる左腕のヒッティングマーチを久しぶりに聴き、喜んだ虎党も多かったはずだ。

     このように投手のバッティングに注目してみるのも野球観戦の楽しみの一つかもしれない。(織原祥平)




    開幕戦、西のホームランには度肝を抜かれましたね。 【球界ここだけの話(2037)】阪神の先発投手陣の意外な打撃力 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200727/tig20072712000015-n1.html  @sanspocomより



    阪神の先発投手陣の意外な打撃力(サンケイスポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200727-00000554-sanspo-base  ムーアは凄かった。 西も中々凄い。 福原や能見も東京ドームでHR打ってるし。 メッセもまあまあ良かった。


    続きを読む

    このページのトップヘ