とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神勢

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の直前合宿が19日、楽天生命パーク宮城でスタート。阪神から選出された梅野、岩崎、青柳の3選手も青空の下で汗を流した。

     先発とリリーフ、両方の可能性を持つ青柳はウオーミングアップ中に建山投手コーチと談笑。その後はDeNA・山崎とキャッチボールを行った。岩崎は広島・栗林とキャッチボールをした後、フェンス際で走り込んだ。

     梅野はオリックス・山本、ソフトバンク・甲斐、広島・鈴木誠など多くの選手とコミュニケーションを取った。侍ジャパンは24日に楽天、25日には巨人と強化試合(ともに楽天生命パーク宮城)を実施し、28日に福島・あづま球場で初戦のドミニカ共和国戦に臨む。




    侍ジャパン 阪神の梅野&岩崎&青柳も順調にスタート すぐちゃんと栗林くんのキャッチボール!他球団の人とできてよかった☺️  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/19/0014516464.shtml 



    侍ジャパン 阪神の梅野&岩崎&青柳も順調にスタート 始まったんだね( ・ᴗ・ )⚐⚑  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/19/0014516464.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    外野手は選出される上位3人を“独占”、猛虎の勢い止まらず

     日本野球機構(NPB)は14日、7月に開催される「マイナビオールスターゲーム2021」の出場選手を決めるファン投票の中間発表を行った。セ・リーグでは、9部門中5部門で阪神勢がトップ。特に、25万6097万票で全体1位をひた走るドラフト1位・佐藤輝明内野手の外野部門は、2位に近本光司外野手、3位にジェリー・サンズ外野手と選出される3人を“独占”している。

     さらに先発部門でも、青柳晃洋投手が中日・柳裕也投手を抜いて2位に。1位の広島・森下暢仁投手とは2万3000票余りの差があるものの、躍進している。中継ぎ部門でも、2位の岩崎優投手が1位のDeNA・山崎康晃投手とわずか271票差と肉薄。三塁手でも、大山悠輔内野手が2位につけており、二塁手部門をのぞいた8部門で2位以内に入っている。

     パ・リーグでは、全体2位のソフトバンク・柳田悠岐外野手が24万7531票。次いで同じ外野手部門のオリックス・吉田正尚外野手が23万6526票となっている。

     中間発表は、21日までの土日を除く毎日更新される。最終結果は28日に発表。2年ぶり開催となる今年の球宴は、7月16日にメットライフドームで第1戦、7月17日に楽天生命パークで第2戦がそれぞれ行われる。

    Full-Count編集部




    久々に阪神勢が占めるオールスターゲームが見れそう。 阪神、ファン投票9部門中5部門で1位、3部門で2位と“大躍進” 球宴中間発表(Full-Count) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/73e50b4e913aab57c6d608d855a44958069e38f7 



    セリーグ遊撃手のファン投票、中野選手がこのままいけば久々に鳥谷選手・坂本選手以外が選ばれるんじゃないのか? 阪神ドラ1佐藤輝が12球団最多得票、阪神勢4部門1位…球宴ファン投票中間発表 | Full-count  https://full-count.jp/2021/06/02/post1092979/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    26日(水)、「フレッシュオールスターゲーム2019」の出場選手が発表され、ウエスタン・リーグ選抜として、馬場皐輔選手、熊谷敬宥選手、小幡竜平選手、齋藤友貴哉選手、片山雄哉選手の5名が選出されました。「フレッシュオールスターゲーム2019」は、7/11(木)に楽天生命パーク宮城で開催されます。 pic.twitter.com/2icxjEh6Fm



    @TigersDreamlink 頑張れ!



    @TigersDreamlink 馬場投手の豪快なバッティングを見てみたい。



    @TigersDreamlink 第二の原口! 片山雄哉捕手!  応援してるでぇー!


    続きを読む

    このページのトップヘ