とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神甲子園球場

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が、甲子園と鳴尾浜の両球場で使用しているベースを来季から変更することが28日、分かった。従来よりグラウンドからの高さが少し低く、硬い素材のものとなる。大リーグで主に使用されており、日本では東京ドームで採用されている。

     すでに秋季練習からテスト使用されている。遊撃を守る中野は「秋季練習の後半にベースの入れ替えがあり、そこでいろいろ感覚を試したりというのはあった。少し硬いかなというのはあったんですけど、そこまで嫌な感じはなかった」と話した。来春キャンプ地となる宜野座と安芸でも使用する予定だ。

     また、阪神は来季から甲子園球場の照明がLED化されることに伴い、映像・音響設備と連動した照明演出を実施すると発表した。ラッキーセブン時や勝利後の六甲おろしが流れる際に、タイムリーな点滅や、動きのある電飾、文字や絵柄なども可能になる。

     一方で、プレーに影響する可能性もある。矢野監督は「他の球場では“まぶしいな”との印象はある。そんな大きな影響はないと思っているけど」と話すにとどめた。筒井外野守備走塁コーチは「どこかで入れてもらえれば」と開幕前のナイター練習実施で目慣らししたい意向を示した。




    >甲子園球場の本塁を除いたベースが来季から低く硬いメジャー仕様に変更となる。メジャーで主に使用されている米SCHUTT(シャット)社製で、すでに東京ドームで導入されている。今季プレーしたチームからの要望に球団が応えた。 ⬇️ となると、 高校野球もそうですかね!?  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112280000799.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    甲子園がLED化になるけど、コレで照明でメッチャ遊べるな😁😁 来季の演出楽しみやわ😊😊


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神電鉄は5日、阪神甲子園球場を婚礼前撮りの会場として利用できるサービスを新たに開始することを発表した。

     球場外観のほか、スタンド、選手用ベンチ、グラウンド(人工芝部分のみ)を背景にしての撮影が可能。撮影会の日程は初回が5月28日、第2回が10月6日となっている(3回目以降は順次設定)。

     また、サービスの開始を記念して、抽選で1組を招待して球場を貸し切っての撮影も実施。詳細は阪神電鉄の公式サイトに記載されている。

     基本プラン(税込300,000円/組)は以下の通り。

     ・撮影会場(阪神甲子園球場)でのロケーションフォト

     ・メインビジョン(スコアボード)への名前入り画像の掲出

     ・会場控室(1組1部屋)の用意

     ・ウェルカムドリンクの提供 

     ・甲子園歴史館招待券

     ・撮影100カット以上の写真データ

     ・衣装レンタル(ドレス・タキシード各1点)

     ・新婦ヘアーメイク・着付け




    甲子園球場 ウエディングフォトサービス開始 pic.twitter.com/LOvJ1KTaed



    甲子園球場は、なんとかしてでも収入増やす為に今度は、ウエディングフォト撮影会なるものを企画したんですねv(^o^) #阪神甲子園球場


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神電気鉄道はビットキーと協業し、阪神甲子園球場において顔認証による入場管理の実証実験を実施する。

    実証実験の目的は、新しいスタジアムのあり方を検討するための顔認証技術の実用性の検証。非接触化への取り組みを推し進めるとともに、入場認証プロセスの簡素化や待ち時間の軽減など、より快適に球場に入退場できるようになることを見込む。

    実証実験では、ビットキーが提供するシステムに、実験対象者の顔情報を事前に登録。実験対象者が球場入場時に、顔認証システムが搭載されたタブレット端末に顔を読み取らせると、認証結果を判定する。対象者は関係者約40名。実施期間は1月21日から3月下旬。

    ビットキーは、自律分散型のデジタルコネクトプラットフォーム「bitkey platform」等を独自開発。顔認証による入場管理に加え、顔認証決済や、社内データと顔認証データを掛け合わせたデジタルマーケティングなど、「顔パス」「手ぶら」「個々の顧客に最適化された情報受信」などの新しい球場体験の実現が期待できるとしている。

    阪神甲子園球場では非接触での入場認証を実現するため、2020年度からチケットに印字されたQRコードを人が端末で読み取る認証方式を導入している。

    Impress Watch,加藤綾




    これは本当に胸熱。スポーツ観戦やエンタメ等のココロ踊る体験も、ここからどんどんアップデートして行きます。 ビットキー、阪神甲子園球場で「顔認証」を活用した実証実験を開始  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000040203.html  @PRTIMES_JPより



    阪神甲子園球場で顔認証を使った実証実験が始まります🎉⚾️ みなさまに快適にご利用いただける日を目指して頑張ります!  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000040203.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1






     ベリーグッドマンが、阪神甲子園球場から無観客ライブを6月27日に生配信することが決定した。

     ベリーグッドマンといえば頑張っている人の背中を押してエールを送るパワーソング(応援歌)で、アスリート界で数多く支持されてきた。

     なかでも野球界では、これまでに広島東洋カープ時代の前田健太投手を始め、鈴木誠也(広島)、T-岡田(オリックス)、中田翔(日本ハム)、岩田稔投手(阪神)ら、11球団26名のプロ野球選手テーマソングに起用され、高校野球の大会ではベリーグッドマンの曲がスタンドでブラバン演奏され、数多くの球児の背中を押してきた。

     そんな野球界と親和性が高い彼らだけに、新型コロナウイルスの影響で練習や試合が思うように出来ない球児たちに向けエールや元気を送りたいと生配信ライブを企画。

     配信場所は、高校野球の聖地でもあり、メンバーの地元・関西でもある阪神甲子園球場に打診したところ、同球場からの生配信ライブの開催が実現した。

     当日はMBS毎日放送の井上雅雄アナウンサーを司会進行に迎え、観客を入れず約60分のトーク&ライブを実施。ベリーグッドマンのライブは野球応援の聖域、ライトスタンド席から生発信を予定している。

     また、この日は2017年にリリースした、彼らの代表曲「ライトスタンド」の新しいミュージックビデオも公開。今回の無観客ライブ配信のために、事前に収録した日米のプロ野球選手がリモートで出演し球児たちへのメッセージとともに「ライトスタンド」を歌唱する映像が初公開される。

     ベリーグッドマンの阪神甲子園球場・無観客ライブは6月27日17:00より、LINE LIVE、YouTubeで閲覧者が自由に決められる投げ銭スタイルで生発信。投げ銭ライブの売上の一部は、日本赤十字社を通じて新型コロナ感染症の治療や研究開発にあたる医療機関に寄付される。


    ◎公演情報
    【ベリーグッドマン・阪神甲子園球場から無観客ライブを生配信~すべての球児たちへ~】
    2020年6月27日(土)
    阪神甲子園球場
    START 17:00
    ※無料配信(投げ銭形式)




    【 速報 】 .    ライトスタンドから \ すべての球児達へエールを! / . #阪神甲子園球場 から 無観客トーク&ライブの生配信 決定🎊 . 📆2020年6月27日(土) ⏰17:00 ~ 18:00 予定 📺YouTube / LINE LIVE  https://berrygoodman.com/contents/325706  . . お楽しみに🏟 #無観客ライブ配信 #甲子園 #球児 #野球 pic.twitter.com/iXtvwmQq16



    @berrygoodman88 楽しみにしてます!



    @berrygoodman88 Σ(゚д゚;)えーーー😱😱😱😱



    @berrygoodman88 夢叶うんですね😭


    続きを読む

    このページのトップヘ