とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神連勝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神4-0巨人>◇22日◇甲子園

    阪神伊藤将司投手(26)が新型コロナウイルス感染からの復帰戦でプロ初完封勝利を飾った。

    1回2死二塁、3回2死三塁、5回2死二塁、9回2死一、三塁のピンチで無失点。9回111球を投げ、無四球8安打で要所を締めた。

    4月中旬に新型コロナウイルスを発症。2軍戦計3試合で11回2失点と好投を続け、4月6日DeNA戦以来約1カ月半ぶりの1軍マウンドでも快投を演じた。

    阪神投手の巨人戦完封勝利は21年9月25日の高橋遥人以来。甲子園での完封勝利は15年9月28日の藤浪晋太郎以来、7シーズンぶりの快挙となった。




    伊藤将司プロ初完封&近本100盗塁🐯‼️ ぼろ勝ちthx^ – ^^ – ^^ – ^^ – ^ pic.twitter.com/hyfqssylTS



    今日も見れなかったけどとらほー 伊藤将司さんプロ初完封おめでとう!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (セ・リーグ、DeNA1―8阪神、7回戦、DeNA4勝3敗、15日、横浜)阪神が今季初の2試合連続2桁安打で8得点を挙げて圧勝。2連勝で4カードぶりのカード勝ち越しとなった。序盤から打線が奮起した。二回に近本の先制の2点打で勢いづくと、三回には佐藤輝の8号ソロで追加点。直後にも3連打でリードを広げた。6―1の六回には佐藤輝が今季初となる1試合2本目となる本塁打を放ち、試合を決定づけた。先発のウィルカーソンは、6回5安打1失点の好投で2勝目。デビュー戦となった4月16日の巨人戦(甲子園)以来、1カ月ぶりの白星となった。




    DeNA 1 - 8 阪神 [勝] ウィルカーソン2勝2敗0S [ホームラン] 佐藤輝 ソロ8号・ソロ9号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20220515.html  #阪神タイガース #イチにカケルpic.twitter.com/6a3J76ogTf



    🐯とらほ~🙌 サトテルさん2本のHR⚾️  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1525760802732376064 



    とらほー🐯🐯 昨日は中野2発‼️ 今日はサトテル2発‼️ 火曜は大山2発いっちゃって〜🙏 #阪神ファンと繋がりたい #阪神タイガースファンと繋がりたい  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1525760802732376064 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神4―0広島(2020年9月11日 甲子園)

     阪神は投打の柱が躍動。連勝で勝ち越しを「2」とした。

     まずは初回1死二、三塁から4番・サンズが相手先発・床田から右前適時打を放ち先制。サンズは2―0の6回にも2番手菊池保から2戦連発となるバックスクリーンへの18号ソロを放ち、勝利に貢献した。

     先発の西勇は序盤3回を無安打投球。球威十分の投球で4回まで5奪三振と広島打線をねじ伏せた。

     5回からは持ち味の打たせて取る投球で併殺を3つ奪うなど、最後まで三塁を踏ませなかった。9回には先頭の代打・正随の中堅への大飛球を近本がフェンスに激突しながらもジャンピングキャッチ。味方の好守にも救われ、昨年4月7日広島戦以来、阪神移籍後2度目の完封勝利を挙げた。




    阪神 4 - 0 広島 [勝] 西勇6勝3敗0S [ホームラン] サンズ ソロ18号、梅野 ソロ4号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20200911.html  pic.twitter.com/FklvcqkJew


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神3-1DeNA」(21日、京セラドーム大阪)

     投打の歯車がかみ合った阪神が、DeNAに完勝し、連勝で今カードの勝ち越しを決めた。今季のDeNA戦の対戦成績を12勝7敗1分けとし、負け越しはなくなった。DeNAには14年から5年連続で勝ち越しを続けている。

     試合は0-0で迎えた三回に動いた。この回先頭の7番・高山がDeNA先発・上茶谷の2球目、1ボールからの141キロを振り抜くと、打球はそのままスタンドに吸い込まれた。背番号9の今季2号で先制に成功した。

     続く四回も効果的な追加点を奪う。先頭の2番・木浪が三塁線を破る二塁打で好機を演出すると、1死から4番・マルテが三塁線を鋭く破る適時二塁打で追加点を奪った。

     1点差の六回は、木浪の二塁打と福留の一ゴロで作った1死三塁の好機で右翼への犠飛を放ったマルテ。「福留さんがいい形で繋いでくれたおかげで楽な気持ちで打席に入ることができたよ。最低限の仕事ができて良かったね」。前夜は4番に座って初めて本塁打を放った主砲が、打線の軸にふさわしい働きを見せつけた。

     先発の秋山は5回を投げ7安打1失点。粘りの投球で最少失点に踏ん張り、今季4勝目を手にした。二回は4番・佐野、続くソトの連打でピンチを迎えたが、戸柱を三邪飛に仕留めて1死を奪うと、7番・大和に左前打を許したが、左翼・福留が本塁へ好返球を見せて先制点を阻止した。

     バックにも助けられた秋山は五回、9番・伊藤裕の犠飛で1点を献上。さらに2死一、三塁と一打逆転のピンチを背負ったが、ロペスを左飛に打ち取り、1失点でしのいだ。

     降板後は球団広報を通じ「初回からストレートの走りが悪く、苦しい投球となってしまい、反省しかありません。次回はその反省点を踏まえて、ストレートの精度を改善できるようにしっかりと練習していきたいと思います」とコメント。六回からは鉄壁の救援陣が存在感を示した。六回から岩崎、ドリス、ジョンソンが1イニングずつを投げ、最後は藤川が試合を締めた。

     この日はツキも味方した。外野の手前にポトリと落ちる打球が二塁打となり、得点につなげた阪神に対し、DeNAの各打者の捉えた打球が、野手の正面に飛ぶ場面が多く見られた。投打がガッチリかみ合い、地元・関西で連勝を決めた猛虎。逆転CSに向け、チーム一丸で勝利をもぎ取っていく。




    【一軍】公式戦【阪神3-1DeNA】 盤石の継投で逃げ切りや!高山が先制弾!4番マルテは2打点!好守も光ったナイスゲームやったで!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp とらほー 連勝や!



    @hanshintigersjp リリーフ最強すぎ(n回目)



    @hanshintigersjp 流石DeNAに唯一勝ち越してる球団



    @hanshintigersjp 何気にドリスセットアッパーって強カードなんじゃないだろうか





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「オープン戦、中日2-4阪神」(13日、ナゴヤドーム)

     阪神が中日相手に連勝した。4番でスタメン復帰した大山のオープン戦2号2ランが決勝打。先発の青柳は5回を投げて4安打1失点で、開幕ローテの座をほぼ確実なものにした。

     試合は0-0で迎えた四回、1死二塁で打席に立った大山が初球、中日の先発・吉見が投じたスライダーを狙った。高々と舞い上がった打球は、そのままバックスクリーン左に消えた。

     大山は侍ジャパンに選出され、10日のメキシコ戦では左膝付近に死球を受け、途中交代していた。12日の中日戦には代打で出場。スタメン復帰したこの日は、二回にも中前打を放つなど結果を残した。

     一方、先発した青柳は、7奪三振など危なげのない投球。五回にはアウト3つを三振で奪うなど、球のキレ、強さとも申し分のない投球内容だった。前日12日に先発した藤浪が2軍降格。開幕ローテ争いに離脱した中、この日の好投でその座をほぼ手中に収めた。

     また、中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭=が、この日から1軍に昇格。七回、京田に代わって遊撃の守備に就き、オープン戦初出場。1軍デビューを飾った。初打席は阪神の4番手・石崎との対戦で空振り三振。守備では九回、梅野の打球が遊撃前に。イレギュラーバウンドか、一度ファンブルしたがその後、冷静に取り直して一塁に送球。アウトにした。2死後、続く木浪の打球も遊撃に飛んだが、華麗なフィールディングで裁いて見せた。球場は大きな拍手で包まれた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000110-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ