とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神4番

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神4-3DeNA」(12日、甲子園球場)

     阪神・大山の逆転2ランは価値ある一打だと言えるだろう。打撃内容を見ていると、穴が少なくなってきたように感じる。要因として挙げられるのは、右方向に打てるようになったことで“逃げ道”を作れていることだ。

     本人が打席の中で逆方向を意識しているかどうかは定かではないが、自然と右に打てるような打ち方になっている。ポイントはステップして行く時に体が突っ込まなくなったこと。軸がしっかり残ることで、右方向に強い打球を飛ばすことができる。

     今後、気をつけなければいけないのは、決して“大振り”をしないこと。私も経験があるが、格下のピッチャーとの対戦であったり、ホームランを狙う場面で打席に入ると、どうしてもバットが下から出てきてしまう。基本的にはセンター返しを意識すればいいし、今の打ち方であれば、たとえ狙わなくても自然とホームランが出るスイングをしている。

     入団1年目から見ているが、今の結果が示しているように大山はすごく成長したと思う。あとは高めの速い真っすぐを打てるようになるかどうか。自チームのスアレスや藤浪のようなストレートを打てるかどうか。それができれば最高だと言えるし、無敵のバッターになると思う。




    好不調の波が小さくなればええねんけど… 【金本知憲氏の眼】阪神・大山は穴が少ないバッターになった #SmartNews  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/10/12/0013775499.shtml 



    もう1回阪神で何かやってくれませんか? 金本知憲氏が分析 阪神・大山は穴が少ないバッターになった(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7930c6f9d788162f632e0520619e3f9d892707c9 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-5DeNA>◇10日◇甲子園

    阪神大山悠輔内野手が4番の意地を見せた。

    1回は3番糸井に続くタイムリーだ。DeNA先発浜口のチェンジアップを捉え、三遊間を破った。同点に追いつかれた直後の4回2死一、三塁。進藤の速球を的確に捉え、右前へ勝ち越し適時打。「追いつかれた後だったので、すぐに勝ち越したいと思っていました。打つことができて良かったです」。

    競り負けたが2安打2打点と存在感を示した。




    せめて個人タイトルを! 虎の最後の意地や! 勝つために、タイトルのために、大山4番復帰を!― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/05/kiji/20201005s00001173093000c.html 



    虎の最後の意地や! 勝つために、タイトルのために、大山4番復帰を!― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/05/kiji/20201005s00001173093000c.html  結局シーズン終わりぐらいに4番やってと求めれるの恒例行事


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/02(金) 00:59:29.21 ID:LRbQCGjA0
    どうや?

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/02(金) 00:59:44.52 ID:LRbQCGjA0
    ゴメスは超えたやろ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1601567969/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【トラとら虎】

     阪神の大山悠輔内野手(25)が4番打者として正念場を迎えている。開幕時の4番、ジェフリー・マルテ内野手(29)が左足の故障も癒え、8月中旬には戦列復帰してくるからだ。

     「当然、大山はマルテを意識しているし、危機感もある。今後も結果を残さなければ控え要員になりかねないから、ここ2週間が勝負」と球団OBも注目する。

     そもそもいまの4番の座は、実力で勝ち取ったものではなかった。マルテが7月4日の広島戦(マツダスタジアム)で、左足のふくらはぎを痛め退場。翌日の同カードから代役で「4番・三塁」に抜擢(ばってき)されたのがきっかけだった。この試合で本塁打を含む2安打3打点の大活躍。即チャンスを生かしたあたり大山も成長したが、合わせてチームが軌道に乗り始め、矢野監督はラッキーボーイを外せなくなった。

     「何より目につくのはスイングの速さ。下半身主導で、力みが消えミスショットが少ない。自信をつけたせいか、常に早いカウントから積極果敢にフルスイング。これも好結果を呼んできた」と首脳陣は分析する。

     7月30日には規定打席に到達。同時点の打率・290、8本塁打、20打点は、他チームの4番打者とあまり遜色なく、サンズ、ボーアと形成するクリーンアップは、猛虎のセールスポイントになりつつあるのだが…。

     もっとも、本来の4番マルテが1軍に合流すれば、矢野監督は二者択一を迫られることになる。このまま大山で押し通すか、それとも元の形に戻すのか。「いずれせよ大山次第。好調を持続すれば弱体の外野に回し、生え抜きの4番として育てる手もある。不調なら外せばいいだけの話」と先のOBは進言する。

     難題に思案の矢野監督はいまのところ明言を避けているが、果たしてどんな決断を下すのか。(スポーツライター・西本忠成)




    阪神、マルテ戦列復帰なら…「4番・大山」どうなる!? トラとら虎(夕刊フジ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200803-00000006-ykf-spo  外す理由がない。



    マルテが他のポジションでもやって試合出るならまだしも復帰してすぐ大山の4番サードを取り上げてマルテに戻したら信頼関係も揺らぐぞ。 大山を外す事はありえない。  https://twitter.com/matsu_98/status/1290274277384523778 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神11-3中日>◇19日◇甲子園

    阪神大山悠輔内野手は初回3得点の立役者になった。

    3番サンズが先制打を放った直後の無死一、三塁。梅津の150キロ直球をとらえ、中堅右に運ぶ適時打。

    「サンズが打ってくれて、その流れに乗って打つことができました。2点目も欲しい場面でしたし、走者をかえすことができて良かったです」。4回には押し出し四球、6回には再び中前打。4番として堂々たる働きぶりだ。




    阪神いつの間にか借金返済して3位なんだね(゚ω゚) やはり4番大山かしらね



    何だかんだ阪神野手生え抜きでは大山梅野糸原が抜けてるな


    続きを読む

    このページのトップヘ