とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    青柳晃洋

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     (セ・リーグ、ヤクルト-阪神、2回戦、27日、神宮)阪神・青柳晃洋投手(27)が先発し、5回2/3を投げ、7安打3失点で試合を作った。

     四回までは散発3安打で二塁ベースすら踏ませない快調な滑り出しだった。6-0の五回に連打で2死二、三塁とされると、青木に遊撃への2点内野安打。六回には先頭の4番・村上に甘く入った球を左翼席へ運ばれて3点目を献上した。

     ヤクルト戦では昨季3試合に登板し、1勝0敗、防御率0・96と好相性。開幕直前の20日のオリックスとのオープン戦(京セラ)では6回2安打無失点、自身プロ最多の10奪三振をマークするなど好投していた。

     六回に村上にソロを被弾した後は、四死球などで2死一、二塁とされたところで2番手・岩貞にバトンタッチ。ここは左腕が無失点に抑えて、火消しした。




    青柳が3失点と好投し勝ち投手となった‼️ 青柳は今年2桁勝利に期待だ‼️



    勝ち。佐藤選手のホームランは興奮した。青柳投手の制球も良かったし明日のガンケルさんも頼みます。  #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     (オープン戦、阪神2-1オリックス、20日、京セラ)阪神・矢野燿大監督(52)の主な一問一答は次の通り。

     --青柳が好投

     「完璧じゃないの? ねえ。打ち取り方も中身がしっかりあるし、ただ抑えたっていうことだけじゃなくて、自分のやりたいアウトの取り方を取れたり、まあこういうふうにこう空振り、ゴロを打たすっていうのが、まあまあ、ほぼほぼ完ぺきに近い。四球もなかったでしょ? なあ」

     --三振も取りたいときに取れるようになると

     「そりゃ狙って取れるにこしたことは…。やっぱりバットに当たらんってことは何も起こらないんで。前に飛べば何か起こる可能性あるから。それは狙って取れるんやったら、よりいいし。まあ基本的にはゴロを打たすっていうのが基本だとは思うけど、うん。まあそれにプラスアルファ、そうやって狙って三振っていうようになればランクはぐっと上がると思うし。きょうはそういう投球ができていたから頼もしいなと。それ以上に宮城がいいから(笑)。以上にというか、まあ対等というか。ええピッチャーやなあ」

     --そういう好投手から1点を取りにいくのは難しいところ

     「いやまあそういう試合あるから。ねえ。セ・リーグだってもちろんいいピッチャーいるし、まあうちのバッターだって点取れないときも出てくるだろうから。でもこうやって勝ち取れたり、点取って追いつかれてまたすぐ取ってっていう。でまた後からいったジョー(北條)がしっかり送って。まあヤス(山本)が出てね、ジョーが送って、(糸井)嘉男が。後からいったメンバーがかえすとかさ。そういう所では全員で取りにいけているっていうのは、こういう試合、動き出して代走送ったりいろんなことしていく中で、こういうメンバーが控えてくれているというか、勝ちにつなげてくれるというのも大きいし」




    青柳投手完璧でしたね👏 タイガース負けないな〜 勝利に🍻ファーム🍻 とらほー📣✧✧✨



    青柳完璧だったな



    とらほー!🐯 今日の青柳は文句なしの満点💯だったと思います!しかも10奪三振!完璧や〜 今日も接戦を制して首位をキープ! 明日の結果次第ではOP戦首位になれるかも⁉︎ #阪神タイガース pic.twitter.com/TZnjAfe9nY


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ 高卒2年目・宮城の好投に負けず劣らず

     阪神の青柳晃洋投手が20日、京セラD大阪で行われたオリックスとのオープン戦に先発登板し、6回を投げて10奪三振無失点と好投した。

     初回に2つの三振を奪うなど素晴らしい立ち上がりを見せた青柳は、4回までひとりの走者も許さず、毎回2つの三振を奪う快投。三振以外のアウトも全て内野ゴロと、抜群の制球力でオリックス打線を沈黙させた。

     5回には先頭の吉田正にレフト前ヒットを許したが、続くモヤから見逃し三振を奪い、杉本を二ゴロ併殺に仕留めるピッチング。6回も先頭のT-岡田にヒットを打たれたが、伏見に犠打をさせずに三振を奪うと、盗塁を試みたT-岡田も刺して三振ゲッツーで一気に二死とした。その後、紅林を三ゴロに打ちとり、6回を69球、打者18人で終える投球を披露。無四球10奪三振でリリーフ陣にバトンを渡した。

     一方の打線は、オリックスの高卒2年目左腕・宮城相手に5回までヒット1本、8奪三振と抑えられていたが、青柳が一歩も引けをとらない内容で流れを渡さなかった。その後、6回に山本泰寛の二塁打と北條史也の犠打、近本光司のピッチャー強襲のヒットで先制。同点に追いつかれた直後の7回裏には代打・糸井嘉男の適時打で勝ち越し、最後は岩崎優、スアレスの継投で逃げ切った。




    📰阪神🐯 青柳が6回18人斬り! 10奪三振の好投 👉  https://baseballking.jp/ns/268195  ▼ きょうの青柳🐯 1⃣ 三振、二ゴ、三振 2⃣ 捕ゴ、三振、三振 3⃣ 二ゴ、三振、三振 4⃣ 三振、三振、三ゴ 5⃣ 左安、三振、二併 6⃣ 右安、三振、三ゴ #tigers pic.twitter.com/rtsgK9Sbnk



    接戦を制して 見事勝利です😉🐯 とらほ-‼️🤗🐯 ちょっと打線が低調やったね😅🐯  佐藤君の快音がないとこうなるの?🥲🐯 いつの間にか佐藤君は 立派なム-ドメ-カ-になってたという事かな🤭🐯 青柳君6回無失点10奪三振はお見事‼️ 超人糸井さんの決勝打で 5年ぶりのOP戦優勝も見えて来た‼️🤗🐯 https://t.co/1QZ00pXvfi


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     (オープン戦、阪神2-6西武、13日、甲子園)

     阪神は13日、西武とのオープン戦(甲子園)に2-6で敗れた。矢野燿大監督(52)の主な一問一答は以下の通り。

     --青柳は序盤からうまく変化球を使って球数少なく投げていたが、六回に4失点

     矢野監督「あいつ自身が一番わかっていると思うし。3回り目ってやっぱり一番、まあ先発投手とバッテリーにとっても難しくなるような状況のなかで、どうするかっていうのは。たくさん貯金するピッチャーとか、いいピッチャーは、やっぱりそういうところで、よくギアを上げるとか、引き出しがあるとか、っていう部分がやっぱり必要だよね。必要というか、あるよね」

     --近本は一発もある

     「一発は結果。ホームラン打者じゃないし。そりゃ、ないよりあった方がいいし。でも、4の1(4打数1安打)、1本塁打というよりは、4の2でも4の3でも、四球でも何でも塁に出るというのが、近本の一番、チーム的にもチカ(近本)の価値を上げることになるんで。そのうちのプラスアルファだと思う。打てるにこしたことはないけれど、そっち(出塁)の方が優先順位は上なのかなと」

     --マルテが2戦連発

     「スリーボールから打って一発で仕留めるっていうのは価値があるし。マルテ自身は選球眼が結構いいんでね。そういうところでは、その前の打席でも結構、どいボールを見逃したりするっていうところでいうと、相手には嫌な存在になってくると思うんでね」

     --14日は甲子園での巨人戦

     「特別何もないけどね。明日だって及川が投げるわけだし、絶対結果を残してほしいという投手よりは、ジャイアンツと甲子園で投げて、今年のキャンプとかもそうだけれど、広大(井上)とかもそうだけど、そこで何を感じるか。感じて、また1軍で、というところを今すぐ望んでいるところじゃないんでね。経験を積んだ中で、またどういうものを持って、早く1軍の舞台に戻ってくるかというのが加速すればいいなと」




    あおやぎさんは、開幕第二戦予定だったか。  【指揮官一問一答】阪神・矢野監督 5失点の青柳に「あいつ自身が一番わかっていると思う」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210313/tig21031318400007-n1.html  #スマートニュース



    サバサバ系ベテラン変則P 阪神 6回5失点の青柳 満弾浴びるも平然のワケ(東スポWeb) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/fcd8a1eddb62a3bd35d89e3b4f546e6249427882 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・青柳晃洋投手(27)が13日、西武とのオープン戦(甲子園)に先発登板。6回5失点の内容で敗戦投手となった。
     
     5回まではツーシーム系の変化球が面白いように決まり空振りを量産。テンポの良い快投を披露していたが、6回に落とし穴が待っていた。
     
     突如、制球を乱し2つの四球と安打で一死満塁のピンチを背負うと、迎えるは山賊打線の頭目・山川。しかし、カウント1―1からの3球目を痛打され、どすこい満塁弾を浴びる最悪の結果となってしまった。

     だが試合後、背番号50の表情は終始サバサバしていた。「試合途中からシンカーをストライクゾーンに入れるという課題に取り組んだんですが、その結果フォームがバラバラになってしまった。それが6回。その点は反省点です」。

     今はまだ本番のシーズンに向けた最終確認の段階。原因が〝可視化〟されているからこそ修正、向上の余地がある。既に開幕ローテの座を当確させている右腕は「フォームの開きなどは試合中に修正しなければならない点。そこに時間をかけてしまった。反省点は分かっていますし、結果的に5点取られましたが僕的にはいい試合でした」と振り返る。

     チーム内の競争を勝ち抜くため、目先の結果を追い求める立場ではもはやない。自身の役目は1年を通して先発ローテを支えること。6年目右腕の決意と自負がよく伝わってくる試合後の一幕だった。




    2021/3/13 阪神・青柳晃洋 ツーシーム・スライダーが右打者のコーナーに決まっていて空振りがかなり多く◎ 6回は制球が乱れたものの、インコースに厳しく食い込むFTを打った山川はさすが pic.twitter.com/r0eU2MHOA1


    続きを読む

    このページのトップヘ