とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    首位快走

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の近本光司外野手(26)がデイリースポーツ読者に向けて、さまざまなテーマをもとに本心を明かす新企画「謳歌」。第2回は開幕からここまでについて。今季序盤も打撃不振に苦しみ、そして見つかった今後の課題。首位を走るチームの要因とは。「投手を休ませる」という野手陣の合言葉を体現し、残り1カ月の前半戦を戦い抜く。

      ◇  ◇

     チームが開幕ダッシュを決めた一方で、近本は打撃不振に陥っていた。3、4月は打率・222。昨シーズンも序盤は状態が上がらず、2年連続でスタートにつまずいた。

     「どこが悪いのか本当に分からなくて。『いい感じなのに』と、いうのはあったんですけど。結果がついてこなくて、数字が出ないというだけで技術も落ちてしまうんだなというのを感じました」

     体の状態は悪くなく原因不明の不振。だが、5月は打率・347と一気に盛り返した。

     「本当に結果が出るまで待つしかなかったです。結果が出てくると、きょうはどこが悪かったなどを考えることができるので。最近は調子も上がってきて、毎試合、意識を変えたりしている。やっと楽しくなってきたなと思いますね」

     結果が出なければ、打撃フォームなどを変えたくなる。しかし、大きく変えることはなかった。

     「技術的な面では毎日少し変わっていますが、大きく打撃フォームを変えることはないです。常に意識しているのは、体の近くにバットを通す、バットを体から離さないということを心がけて打席に入っています」

     昨シーズンも開幕から約1カ月間、打率1割台と低迷が続いていた。2年連続で残った課題を受け止め、乗り越えていかないといけない。

     「始まりというのが、苦手なんだなと思います。シーズン開幕や後半戦の初戦といった試合の間隔が空くのが、ちょっと苦手なのかなと思います。技術的な面というよりも、正直、僕はどうしたらいいのか分からないですけど。何年たってもそこは難しいところだと思っています」

     ここまでチームは4月4日から首位を独走。交流戦を怒濤(どとう)の6連勝で締め、貯金は今季最多の20にまで増えた。

     「本当に序盤は、投手に助けてもらいました。接戦の中で先発、中継ぎ、抑えとよく頑張ってくれていた。その分、負担も大きかったと思います。6日に序盤の戦いを支えてくれていたザキ(岩崎)さんが抹消されてしまいましたが、晋太郎(藤浪)が上がってきたりと、誰かが抜けてもカバーしてチーム全体として戦っていけてると思います」

     リーグ2位のチーム防御率3・28の投手陣に野手も応えようとしている。「野手のみんなと『少しでも多く野手が点を取って投手を休ませてあげたい』と話しています。投手を助けられるように、という野手の意識がかみ合って、いい結果につながっていると思います」

     選手会長として、これまでとは異なるシーズンを過ごしている。チームに対する意識はより強くなった。

     「チームが勝てばうれしいですし。負ければどうしたらいいのかを考えます。勝てなかったら相手よりも点を取れなかった野手に責任があると思うので、どうしたらいいのかと思いますね」

     18日の巨人戦(甲子園)からリーグ戦が再開する。16年ぶりのリーグ優勝へ、一戦必勝で戦っていく決意だ。

     「(2位との)ゲーム差も少しずつ広げられていますし、自分たちは開幕から大きく戦力が変わることなく、最小限の変化で戦ってこられている。前半戦あと1カ月ぐらいをケガなくチーム一丸となって、総力戦で戦い抜ければいいと思います」




    チームワークの良さが快進撃の源。 阪神・近本 首位快走の秘密明かす 合言葉は「投手を休ませる」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/15/0014416459.shtml  @Daily_Onlineより



    『野手のみんなと、少しでも投手を休ませてあげようって話をしている。序盤助けてもらったからこそ、同じ意識で戦えている』近本の談話 そして言葉通り、連投が続いていたスアレスを休ませる走者一掃の3点タイムリー3ベース 選手会長かっこよすぎかよ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 広島ー阪神(試合前中止)(2021年5月21日 マツダ)

     阪神は予定の広島との3連戦が延期となった。広島チーム内で新型コロナウイルス感染者が多数出たためで、鈴木誠也ら主力選手も含まれている。17日の菊池涼介陽性判定から広がりを見せている。あらためてコロナの怖さを思う。

     今季は開幕直後からヤクルト、巨人、日本ハムらに感染者が出て、濃厚接触者も含めて試合出場が止められ、チーム活動も制限された。主力選手の離脱はペナントレースの行方も左右する。

     阪神が優勝した1985(昭和60)年、首脳陣は主力の故障離脱に注意を払った。参謀格の守備コーチだった一枝修平は真弓明信に「無理なプレーはするな」と言い聞かせたそうだ。フェンス際や飛び込む必要のある打球にブレーキをかけていた。「一つのアウト・セーフはその試合では大切だろうが、ケガしておまえに何試合も抜けられる方がチームとしては痛手なんだ」。掛布雅之や岡田彰布らにも同様の話をしていたのではないか。

     だが、いくら注意しても故障はついて回る。特に今季はヘッドスライディングによる負傷が目立つ気がする。巨人・坂本勇人、DeNA・倉本寿彦はともに今月9日、一塁へのヘッドスライディングで指を骨折した。ソフトバンクのジュリスベル・グラシアルも7日に指を骨折した。

     倉本は内野ゴロでの走塁だったが、坂本とグラシアルは帰塁だった。憤死を逃れるためとっさに頭から帰ったのだ。

     「けがをする」と現役時代、決してヘッドスライディングをしなかった「世界の盗塁王」福本豊の嘆きが聞こえてくる。

     著書『走らんかい!』(ベースボールマガジン社新書)には、一塁走者として、けん制球の帰塁について<必ず足から帰った>とある。<昔の一塁手はタッチがえげつのうてねえ。ガツンと、そりゃあ痛かった><今は平気で頭からベースに帰る。(中略)昔やったら、一発でケガさせられていますよ>。

     少年野球の一部団体はヘッドスライディングを禁止にしている。桑田真澄(現巨人投手コーチ)が少年野球の父子向けに著した『常識を疑え!』(主婦の友社)には<ヘッドは危険。足から滑ろう!>とある。

     一方で、けん制球の帰塁はヘッドの方が速く、長いリードが取れる、という論がある。アメリカでも古くから広まっていた。

     1983(昭和58)年、慶大野球部が米国遠征した際、南カリフォルニア大(USC)監督のゲーリー・アダムスから走塁指導を受けた。当時の慶大監督・前田祐吉が著書『野球と私』(青蛙房)に記している。一塁走者でけん制を受けた際、<頭から飛び込め>という。<前日の雨で水を含んだグラウンドに、つい尻込み気味だった選手たちも、中年のアダムス監督が自らユニフォームを泥だらけにして飛び込む身体を張った指導に、全員の態度が一変した>。

     このヘッドでの帰塁でリードの幅が広がり、次塁を目指す積極的な走塁が広まったそうだ。

     このヘッドスライディング論議はさておきたい。

     巨人は坂本負傷から3日後の12日から走者に「走塁ガード手袋」を着用させるようにした。米国製で、正式には「スライディング・ミット」という。大谷翔平ら大リーグでみられる「鍋つかみ」のように分厚く、手指を保護できる。

     プロ野球では2018年開幕後の5月8日から左右いずれかの手に限り使用許可となった。長さ30センチ以下、幅13センチ以下などの規定がある。

     阪神では新外国人のメル・ロハス・ジュニアが使っている。球団副社長・谷本修によると「全員が着用する方がベターとなれば、取り寄せることになる」と、今後の検討課題にしてある。

     今季、梅野隆太郎が一塁へ、佐藤輝明は二塁へ頭から突っ込んだ。危ないのは確かだが、止めるわけにもいかない。

     手指の消毒に手指保護の「鍋つかみ」か。首位を走る阪神がいま最も怖いのはコロナとけがだろう。 =敬称略= (編集委員)




    【内田雅也の追球】手指の保護に「鍋つかみ」も 首位快走の阪神が怖いコロナとケガ(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/179921364683e6a265cabf63048a7cd8e6abd9d0  今の阪神さんなら怪我人が出てもすぐ代わりの選手が活躍しそう。



    【内田雅也の追球】手指の保護に「鍋つかみ」も 首位快走の阪神が怖いコロナとケガ― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/22/kiji/20210522s00001173026000c.html  巨人の選手が装着してるのは知ってたけどロハスが使用してるのは知らなかった😳


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     矢野阪神はあの時より強いのか――。4月30日、阪神は単独では2003年以来となる両リーグ最速の20勝に到達した。そこから私は試合を眺めながら、あの強かったチームとの比較ばかりしている。星野仙一監督(当時)が率いて独走優勝を果たした18年前、私はスポーツ紙の駆け出しの記者だった。

     35試合終了時点で比べると03年が21勝13敗1分け、今年が24勝10敗1分け。むしろ今年の方がいい。星野阪神はほとんど負けなかった印象さえあるが、実際はここから走り出した。

     5~7月と驚異の3勝1敗ペースで48勝16敗。7月8日に優勝マジック49が点灯した。私も歯医者に行く暇もないほど忙しく、ほぼ毎日、勝ち試合の原稿を書いていた記憶がある。最終的なチーム打率はリーグ1位の2割8分7厘で、141本塁打は同5位。一発ではなく打線のつながりで勝った。ヒーローは日替わりだった。

     今年との共通点は、上位と下位の打順が固定され、「巡り」が抜群にいいことだ。03年は1~3番の今岡誠、赤星憲広、金本知憲と7、8番の矢野輝弘、藤本敦士はほぼ固定だった。今年に当てはめると上位が近本光司、糸原健斗、マルテで下位が梅野隆太郎、中野拓夢だ。

     上位と下位で好機が作れるから、中軸に打者優位の状況で回る好循環。今岡は首位打者、赤星は盗塁王を獲得した。現在打率リーグ4位の糸原と近本はそれに比べると小粒だが、似たような役回りだ。勝負強い捕手の梅野は矢野を、打撃好調の中野も3割を打った藤本をほうふつさせる。

     03年は4番を計7人が務めた。開幕時の浜中治が離脱したため、桧山進次郎、片岡篤史らでやり繰りした。今年も大山悠輔が離脱中で、新人の佐藤輝明が代役を務めている。

     18年前の打線の軸は広島から移籍1年目の3番金本だった。打率2割8分9厘、19本塁打。数字は平凡だが、赤星の盗塁が考えられる場合では2ストライクまで待ち、進塁打を狙って打つこともあった。そうした縛りがなければ「もっと数字は残せた」と話していた。黒衣役に徹し、出塁率も3割9分9厘と高かった。

     今年でいえば3番マルテだろう。チームトップの出塁率3割9分。早打ちの打者が多い中、球を見極めて四球が選べる存在だ。ここまでは糸原、マルテの2、3番の出塁率の高さが得点力に直結している。

     監督が悩むことなくすらすらと先発メンバーを書ける限り、勝っていける。いかにこの打線で長く戦えるか。それがポイントだ。(伊藤雅哉)

    ■阪神の2003、05、08年との成績比較

        勝 敗 分   勝率

    2003年 21 13 1 .618

     05年 17 17 1 .500

     08年 23 11 1 .676

     21年 24 10 1 .706

    ※いずれも開幕35試合終了時点

    ※03、05年はリーグ優勝

    ※08年は巨人に最大13ゲーム差を逆転され2位




    首位快走の阪神、2003年より強いのか?共通点を探る  https://www.asahi.com/articles/ASP596TX9P59PTQP004.html?twico  プロ野球の阪神が2003年以来となる両リーグ最速の20勝に到達。星野仙一監督が率いて独走優勝を果たした18年前にはスポーツ紙の駆け出し記者だった担当記者が、当時のチームとの共通点を探りました。 pic.twitter.com/9dVzL5KewX



    @asahicom @asahi 今のところセリーグでは、投打ともに抜けてる



    首位快走の矢野阪神、2003年より強いのか? 当時を知る記者の目(朝日新聞デジタル) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0eeb1d6c1434b4c94b3e5f7bda0cab70731123c3  強いかもしれないけど、まだ巨人との差はあまりないから、週末の対戦で少なくとも、勝ち越しはしてほしい!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <深掘り>

    3年目矢野阪神が貯金10で首位を快走している。そのスパイスとなっているのが、機動力のパワーアップだ。積極的に次の塁を狙う高い走塁意識と進化した走塁技術が外国人にも浸透し、リーグNO・1の得点力を生んでいる。一塁コーチを務める筒井壮外野守備走塁兼分析担当コーチ(46)と、三塁コーチを務める藤本敦士内野守備走塁コーチ(43)の話から、快進撃の舞台裏に迫った。【取材・構成=林亮佑】

       ◇   ◇   ◇

    阪神首位の原動力は投打ガッチリの安定した戦いだ。特に攻撃陣で目立つのはリーグトップの得点力。そのスパイスは、矢野監督3年目でさらにパワーアップした機動力だ。藤本コーチは「意識の持ち方のレベルが上がって、当たり前のレベルが上がってきている。次の塁を狙う準備力がすごく高まった」と明かす。

    4日の中日戦(京セラドーム大阪)で同点の6回2死一、二塁の場面。陽川の左前打で二塁走者のマルテが一気に本塁を突いた。際どいタイミングのタッチプレーに、中日からリクエストが要求されたが覆らず、勝ち越しのホームインで勝利をもたらした。藤本コーチはこの場面を今季ここまでのベスト走塁に挙げた。

    藤本コーチ (マルテに)もうちょっとリードを広げてくれというジェスチャーをしても、ちょっと小さいかなと思った。そのときに一塁走者のサンズがマルテに(ジェスチャーでリードを)広げろと言ってくれた。その半歩を広げてくれてホームにかえれた。すごくありがたかった。

    外国人でも高い走塁意識でチームに貢献する象徴的なシーンだった。今季は走者二塁で打者が単打を放ったケースは15度あるが、9度生還してまだ本塁憤死がない。9回中、8回は異なる選手が二塁からホームイン。個々がリードの幅を広げたり、1歩目のスタートを早く切るなど工夫を重ね、積極的に次の塁を狙って得点に結びつけている。

    盗塁への積極性もさらに高まっている。盗塁数は矢野監督が就任した19年から2年連続リーグトップ。今季もここまで1位の17盗塁で、昨季に続き成功者数も最多だ。象徴的だったのは10日のDeNA戦(横浜)。9回に平田から熊谷が二盗、池谷から佐藤輝、梅野、中野が二盗を決め、チーム35年ぶりの1イニング4盗塁を決めた。池谷からの盗塁はいずれも2球以内。筒井コーチは「チームの決めごとをみんなが実行した。それも早いタイミング、球数の中で盗塁を決めた」。コーチやスコアラーの分析を選手が生かしている。

    盗塁で今季特にこだわっているのは成功率だ。筒井コーチは「企図数も大事だけど、行けばセーフになる意識で取り組んでほしい」と全員に呼びかけシーズンに入った。ナインも投手のクセや特徴の研究により力を入れている。ここまで盗塁を18回企図し、失敗は1度だけ。全員で共有する走塁への高い意識が機動力を高め、好調を支えている。




    昨日のサンズの盗塁も紙一重やったしな。 首位快走の阪神支える「走塁」への意識と技術、外国人にも見事に浸透(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1dba01592372723a7a446eeca03e6c8711b30380 



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA2-3阪神>◇11日◇横浜

    阪神「勝利の方程式」がこの日も決まった。1点リードの9回を任されたのはもちろん守護神ロベルト・スアレス投手(30)だ。先頭の関根をチェンジアップで見逃し三振、倉本もチェンジアップで投ゴロに仕留めると、最後は嶺井からスライダーで空振り三振を奪ってゲームを締めた。最速157キロの直球に変化球を織り交ぜて3セーブ目を記録。「タフなゲーム展開だったけれど、いつも通り自分の仕事に集中していた。チームの連勝に貢献できて良かった」と笑顔だ。

    2点リードの7回1死からは岩貞祐太投手(29)が登板。2安打で2死一、二塁とされながら代打細川を遊ゴロに仕留め、「何とか0点で抑えることができて良かったです」。8回は岩崎優投手(29)が1失点した後、1死一、三塁で踏ん張った。頼れる救援3人衆が首位快走を支えている。




    阪神「勝利の方程式」で首位快走、守護神スアレス「いつも通り自分の仕事」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0af474a983b975e9180d015b0ac48aaeeb2cb31b  守護神登場で相手は下位打線なら 安心して観てられましたね🙂🐯 頼りになります😉🐯



    相手中継ぎに阪神打線が抑えられて怪しいムード ↓ 岩貞「ランナー出したけどなんとか抑えたわ!」 ↓ 岩崎「1点取られてしもた。1点差やけど頼むわ。」 ↓ スアレス「りょ👌」


    続きを読む

    このページのトップヘ