とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    首位打者

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:阪神3-2中日>◇24日◇鳴尾浜

    阪神島田海吏外野手が2軍中日戦で2安打を放ち、27日開幕のエキシビションマッチへ弾みをつけた。

    7回2死一、三塁では一、二塁間をしぶとく破る適時打。5月10日に出場選手登録を抹消された後、2軍では打率3割3分9厘でウエスタン・リーグ首位打者だ。「意地でも結果を残してやるという気持ち。やってきたことを発揮できれば」と勢いをぶつける。




    ここで首脳陣にPRしたい! 阪神2軍島田2安打「意地でも結果を」27日エキシビションマッチへ弾み  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202107250000958.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神 2軍 島田2安打「意地でも結果を」27日 エキシビション マッチへ弾み (日刊スポーツ) よしっ!!🤨  https://news.yahoo.co.jp/articles/9efdcb8452d99ed43b91ab607e0b93db241c3189 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、阪神0-4ソフトバンク」(6日、甲子園球場)

     阪神2軍は打線が沈黙し、連勝が6でストップした。

     来日初先発となったエドワーズは4回6安打3失点。2番手のドラフト3位・佐藤蓮は3回2安打無失点で4奪三振と好投した。

     打線は5安打無得点。笠谷、モイネロら1軍実績もある投手を打ち崩せなかった。その中で、ウエスタン首位打者の島田は2安打と貫禄を見せつけた。平田2軍監督の一問一答は以下の通り。

     -エドワーズは4回6安打3失点。

     「3回で終わる予定が志願してもう1回行きたいということやったけど。そういうスタミナ、だいたいエドワーズがやられる時はポンポンポンポン、よく言えばテンポよく投げる、悪くいえばワンパターンのリズムで投げてしまうのでね、リリーフの時も。打たれだしたら止まらないというか。そういう所を4回に先発の時はそうはいかないというところで良かったんじゃない?3回のままで終わってたらまあいいやんってところで終わるところを4回で捕まったんで。そういう勉強も含めて、スタミナも含めて、こういうところでリズムだとか、もう少し先発になると緩急をつけるだとかね。3回で終わらずに4回で3点取られたところで、今日はいい勉強になったと思う」

     -エドワーズの今後の起用は。

     「安藤(2軍投手)コーチがどうするか(決める)。こうやって、長いイニング投げてれば、中継ぎはいつでもできるんでね。スタミナもつくし、ちょっとした緩いカーブとか、決め球のフォークとか、そういうところも含めて(勉強)。球種が真っ直ぐとスライダーだけだからね」

     -佐藤蓮は好投した。

     「十分だね。徐々に徐々に結果を残してきて、自信もついてきて。自信まではいかないやろうけど。ちょっとずつ、投げる度に成長は感じる。ストライク先行でカーブをピャっと。いいカーブ投げるんだ、やっぱりな。今日は真っ直ぐもそこそこ良かったし、この前は3イニングくらいでバテて、140ちょっとしか出なかったのが、今日はナイターということもあって、フォアボール3つか2つか(2つです)。全然、気にならないやん。今まではフォアボール出した時点で、これから3つ4つともう、どうにも止まらない。そういう心配がないよな。フォアボール1個ぐらい出したところで、そういう慌てる素振りもないし、ゲーム慣れしてきたというかさ」

     -打線はホークスの投手陣にやられた。

     「笠谷とか、1軍で打たれてファームに来たんだろうけど。ああいうキレのある真っ直ぐ。モイネロの153。こういうピッチャーを、今日はいいピッチャーを打たせてもらって。でも左の島田、小幡といったところは、やっぱり真っ直ぐに食らいついていってたんでね。この2人はやっぱり(違う)。島田も首位打者でしょ。小野寺もそうだけど、竜平(小幡)も3割乗ったんじゃない?(・299)そういうところで、何とかこういういいピッチャーから打とうという、そういうあれ(姿勢)は見えるし。まあ、井上とかこの辺はまだまだ勉強よ」

     -島田はモイネロの真っすぐを捉えたことに価値がある。

     「ああ、価値があるね。センター越えるような飛球もいいプレーしたし。モイネロのところ走っていいってしたんだけど、3点差でアウトになっちゃいかんというところでよう走らんかったけど。なかなか、モイネロからヒットを打って、十分、今、自分の役割というか、そういうの出してる」

     -小野寺はファームへ落ちてきて、また1軍を目指す立場になる。

     「もう、力不足。力不足以外、何ものでもない。ショックとかいうレベルじゃない。これはもう、こうやってもう一回。暖はそういうあれ(気持ち)じゃないし。たたき上げて、上がってきたんで。もう一回レベルを、ワンランク、ツーランクくらい上げないと無理よ。そういうところで、バントの失敗。ファームとはいえ、だから暖にはよくバントもやらせてたりしたんだけど。これ、実力不足以外なにものでもない。チャンスをものにできないということはそんだけの力しかない。これを糧にしてやればいい。今年はこうやってファームでも3割打って、1軍でも初ヒットを打って、支配下になって。そこをこれからどうやって今度は1軍で飯が食えるような選手になるかというところで、彼にとってはすごくいい1年間を過ごしていると思うよ。彼は真面目で必死。ただ、我々からすると、力不足。力つければいいねん」

     -明日の先発は。

     「アルカンタラ」




    昨日の島田海吏さん(7/6) VSソフトバンク 甲子園 1番センター フル出場 ①遊ゴ ②二安 ③一ゴ ④右安 モイネロからライト前ヒットを放つなどさすがのマルチ安打☺️👏 試合前には6月度球団選定の月間最優秀選手賞にも選ばれました👍✨ 7月も17打数8安打で打率.471と絶好調やし打ち続けていこう💪✨ pic.twitter.com/J95eWJ5Epu



    恐らくセーブしてただろうとはいえあのモイネロからヒットとは。島田くんは覚醒したっぽいな、調子を維持してれば必ずチャンスありそうだな。  https://twitter.com/SponichiHinata/status/1412409286643310596 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:阪神6-1中日>◇23日◇鳴尾浜

    阪神小野寺暖外野手が途中出場から2打席連続適時打をマークした。

    2軍中日戦に5回から代打で出場。6回2死満塁で右翼線へ走者一掃の二塁打を放つと、8回にも中前適時打で2安打4打点。「絶対ランナーをかえそうと思って打席に入りました。結果が出て良かった」と振り返った。平田2軍監督は「さすが首位打者。今日はほめたいね。理想的なバッティング」と絶賛した。







    阪神2軍小野寺が途中出場から2打席連続適時打「さすが首位打者」平田監督(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1dd8ed4c4b92082ae2683431dfd589cacfcb7050    一軍でも全然通用しそうだね☺️🐯 というより一軍こ〜い😎🐯✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神小野寺暖外野手(23)が日刊スポーツのインタビューに応じ、成長著しい打撃の秘密を明かした。4月に支配下登録を勝ち取り、1軍デビューも果たした。ウエスタン・リーグで首位打者を快走しており、好調の裏にはチームの主軸との交流があった。【取材・構成=林亮佑】

        ◇    ◇    ◇

    今季4月18日に育成から念願の支配下選手契約をつかみ取り、背番号も「127」から「97」へと変更。母子家庭で育ち、契約金で母の日に母・由子さんに時計をプレゼントした。

    --支配下が決まって母由子さんとのやりとりは

    とても喜んでいて、「今まで通り暖らしいプレーをずっとして」と言われました。僕は全く連絡を取らないんですけど、自分から連絡するのは支配下のときだけにしようと思っていた。なので電話した瞬間に向こうも「支配下?」と感づいていました(笑い)。

    --親孝行になった

    こんなに喜んでくれるなら、もっと活躍して、もっといろんなもの買ってあげたいなと思いました。

    昨年は2軍で打率2割3分3厘、本塁打0だったが今季はここまで打率3割3分6厘とリーグ首位打者。

    --好調の要因は

    キャンプで1軍に行かせていただいて上のレベルを知った。レベルの高い中で1カ月過ごしたことがこのような結果につながっていると思います。

    --1軍と2軍の違いを感じたところは

    試合でのプレッシャーも全然違いますし、周りにはプレッシャーに慣れた方たちがいっぱいいるので、参考にするものはとてもありました。

    --特に声をかけてもらった選手は

    バッティング練習のときに、大山さんにいつもサードから「力抜け」と言われていました。また、バットをもらいました。試合でもキャンプのときからずっと大山さんのバットで行ってるんですけど、結果も出せているので良かったです。

    --バットの違いは

    元々は全然違っていて、新しく大山さんと同じ形でバットを作りました。大山さんの方が結構軽くて、長さは一緒でした。

    --バットを変更して結果が出ている

    速い真っすぐに打ち負けない。真っすぐを打ち返せるようになって、率も上がってきたかなと思います。去年は甘い真っすぐが仕留めきれなくて、難しい球で抑えられることが多かった。(今年は)甘い真っすぐを1球で仕留められる力はついてきたと思う。

    4月24日DeNA戦で1軍デビューも果たしたが、空振り三振。現在は再び2軍で技を磨いている。

    --今後の一番の目標は

    一番の目標は1軍でレギュラーを取ることですけど、まずは1軍に必要な戦力になりたいです。

    ◆小野寺暖(おのでら・だん)1998年(平10)3月17日生まれ、奈良市出身。京都翔英で高校通算20本塁打も甲子園出場はなし。大商大では関西6大学でMVPを2度獲得。19年育成ドラフト1位で阪神に入団。今年4月に支配下登録され、4月24日に1軍デビューも果たした。ウエスタン・リーグでは33試合に出場、打率3割3分6厘、4本塁打、22打点。183センチ、79キロ。右投げ右打ち。背番号97。




    暖くん🥺 夜中にこの記事見て…( ᵒ̴̶̷̥́௰ᵒ̴̶̷̣̥̀   ) 契約金で母に時計を…阪神小野寺暖、念願の支配下契約をつかんだ打撃の秘密 - プロ野球 : 日刊スポーツ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105170001117.html 



    @toratigersan3 大切な息子さんから貰ったものは何でも嬉しいと思うんよね、お母さん…( ᵒ̴̶̷̥́௰ᵒ̴̶̷̣̥̀   ) 大山マジで面倒見いいなぁ頼りになりすぎる( ᵒ̴̶̷̥́௰ᵒ̴̶̷̣̥̀   )




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:オリックス7-4阪神>◇13日◇オセアンBS

    阪神小野寺暖外野手がウエスタン・リーグのオリックス戦で3安打を放ち、リーグ断トツの打率を3割5分2厘まで上げた。

    全て直球を捉え「インコースの真っすぐでずっと攻められているので、1球で仕留められたのでよかった」と納得顔。9回1死三塁の好機では、ヒギンスに空振り三振に倒れ「ああいうピッチャーを打てないから今2軍にいる」と反省も忘れなかった。




    小野寺暖のブレイクが一番びっくりだな。 ある意味、和製アクーニャjrなのかな。 今後、阪神の野手指名は要注目やわ。まぐれなのかどうかは、あと2年ぐらい見ればはっきりする。



    暖小野寺一軍で見たいんだが


    続きを読む

    このページのトップヘ