1


 ◇ウエスタン・リーグ 広島5―2阪神(2022年4月10日 福山)

 阪神は先発の西純が8奪三振の一方で5四死球と制球を乱し、4回2/3を5安打3失点で降板。4番の井上は4打席連続三振にたおれ、平田2軍監督は19年ドラフト1、2位コンビに期待の裏返しでもある辛口コメントを残した。また、2軍調整中のケラーが、降格後2度目の登板で1イニングを3者連続三振に仕留めた。

 以下は平田2軍監督との一問一答。

 ――先発・西純について

 「この前は制球、フォアボールの出し方にも精度があったけど、今日は立ち上がりから(2者連続四球)…。やはり今日のようなピッチングをしているようじゃ、今年進歩したということは言えんな。この前ちょっとよかっただけに楽しみにしてたけど、この辺の精度、粘るところといい、もうこれじゃ並のピッチャーだ。ファームで並のピッチャー。一軍で並のピッチャーならまだ値打ちあるけど、その辺はまだまだ精度上げていかないと、どんどんどんどん置いていかれる。他のピッチャーに」

 ――5回2死満塁で登板したドラフト5位・岡留がピンチを脱した

 「ああいうところで一軍でもね、登板という機会が。あえて苦しい、厳しいところで岡留(を使った)。岡留よりも純矢があそこでアップアップだもん。岡留は頑張ったけど、あそこで純矢が踏ん張りきれん」

 ――続投の選択肢は

 「ないないない。岡留の練習させただけや。続投させる値打ちがない」

 ――ケラーが3者連続三振

 「ケラーよかった。真っすぐがやっぱりいいもん。今日はスライダーもカーブも良かったんじゃない。三者連続三振でしょ。こうやって試合で感覚掴んでくれればいいと思うし、だいぶ日本の環境にも慣れてすごくトライ、なんでもチャレンジ。弁当も食べるし、稲荷寿司も。アサヒスーパードライはナンバーワン言うし、そういうことや。時間はちょっとかかったと思うし、一軍は早めに欲しいに決まってるし、まあ調子上げてくれればまた上で戦力になってくれるんでね」

 ――4番・井上がが4打席連続で三振

 「西、井上、この辺がしっかりしてくれないと。また次上がるのは小野寺だ。高卒3年目の1、2位。やっぱり、純矢、井上といつまで経っても言われないよ。4三振でしょ。その辺バッティングコーチがどう考えてるか知らんけど。やっぱりファームじゃある程度、1割5分とかでしょ打率も(・163)。やっぱり小野寺とか(2軍に)きたら全然違うやん。やっぱりその辺りは謙虚に。森木、前川となるんやで。その辺は奮起を。ここできついこと言うちゅうことは、俺がやっぱりあいつら3年目がしっかり奮起を促す意味でだよ。それじゃなかったら別に言わない。でも内容悪いよ。4三振。実力つけるしかない、この世界は。そう言うもんや。ファームで4番打ったって何もならへん。それも数字が。まあそういうことや。期待の裏返し。いつまででもそりゃ待ってくれないよ」




平田さんは鬼軍曹タイプやと思うけど、いまの阪神に必要な1軍監督はこの方だと思う 阪神・平田2軍監督語録 西純&井上の高卒3年目に辛口の激励「いつまでも待ってくれない」(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/b98eaca60a5bb72bcf6e6bbb4314820759c95f89 



平田監督って結構ズバズバ言うんだな。でも言っていることは間違ってないわ。 阪神・平田2軍監督語録 西純&井上の高卒3年目に辛口の激励「いつまでも待ってくれない」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/b98eaca60a5bb72bcf6e6bbb4314820759c95f89 


続きを読む