とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <全国高校野球選手権:智弁和歌山9-2智弁学園>◇29日◇決勝

    智弁和歌山が智弁学園(奈良)との「智弁対決」を制し、21年ぶり3度目の優勝を果たした。和歌山県勢の夏の全国制覇は8度目となり愛知と並び2位。春も合わせると13度目でこちらは兵庫と並ぶ4位となった。

    1回表、1番宮坂が初球をいきなり中越え二塁打。1死一、三塁から4番徳丸の犠飛でまず1点。さらに渡部、高嶋の適時打で4点を先制した。

    2回に2点を返されたが6回1死二塁から宮坂の右前適時打で5-2。7回には高嶋の適時二塁打で6-2。8回にも徳丸の2点適時二塁打で加点し8点目を奪うと9回には渡部がソロ本塁打。16安打で9点を奪った。

    守っては先発伊藤から中西への継投がズバリと決まった。伊藤が4回途中、無死一、二塁のピンチを迎えると中西にスイッチ。送りバントで1死二、三塁となったが連続三振でピンチを脱した。

    中谷仁監督(42)は指揮官として初優勝。同校捕手として97年夏の甲子園優勝後、同年ドラフト1位で阪神入団。楽天、巨人でもプレーした。元プロ監督の決勝進出は08年夏の常葉学園菊川・佐野心監督(元中日)以来。優勝は86年春の池田・蔦文也監督(元東急)以来となった。また、選手と監督の両方で優勝は、最近では08年春の比嘉公也監督(沖縄尚学)以来になった。

    智弁学園は投手陣が和歌山打線の勢いを止められなかった。打線も救援の中西を捉えきれず初優勝を逃した。

    ◆中谷仁(なかたに・じん)1979年(昭54)5月5日、和歌山県生まれ。智弁和歌山では2年次の96年センバツで準優勝。97年は主将を務め、同校初の夏の甲子園優勝。同年ドラフト1位で阪神に入団し、楽天、巨人でもプレー。現役時代は捕手で通算111試合に出場。打率1割6分2厘、4本塁打、17打点。17年春に智弁和歌山のコーチになり、18年8月に監督に就任し、翌19年にセンバツ8強、夏は16強に導いた。甲子園通算成績はこれで9勝2敗(不戦勝を含む)。

    ◆智弁和歌山(4大会連続25度目) 1978年(昭53)創立の私立校。普通科。生徒数790人(女子320人)。野球部は79年創部で部員数39人。甲子園出場は夏25度目で、春は14度。優勝は春1回、夏が3回目。主なOBに日本ハム西川遥輝、中日岡田俊哉ら。所在地は和歌山市冬野2066の1。藤田清司校長。




    智弁和歌山優勝!元阪神中谷さんおめでとうございます! 智弁対決は智弁が勝つと思ってたけど智弁が勝ったかー智弁強かった!智弁もよくやった!(? #高校野球



    dメニューニュース:【甲子園】智弁和歌山が智弁対決制し21年ぶり優勝 プロ出身中谷監督初V(日刊スポーツ)  https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-bb-tp5-210829-202108290000433?fm=twitter  中谷監督は元阪神の選手‼️ 智弁和歌山 優勝おめでとう\(^o^)/㊗️🏆


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    甲子園2


     現在開催されている全国高校野球選手権の大会本部は20日、仮に大会が31日以降に順延されても甲子園球場での開催を継続すると発表した。

     その場合は、高校野球が日中に、阪神タイガースの試合が夜に行われるという。阪神球団、阪神甲子園球場と協議をしたとしている。

     甲子園は阪神タイガースの本拠地で、31日は中日との公式戦が午後6時から予定されている。

     詳細については調整中としている。今大会は降雨により、度重なる試合中止・順延があり、日程消化に苦心している。大会本部は31日以降に実際に高校野球を開催することになれば、あらためて発表するとしている。




    夏の甲子園 31日以後順延なら阪神戦と異例“ダブルヘッダー”も 日程影響で/野球/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/baseball/2021/08/20/0014607359.shtml  #DailySports



    @Daily_Online まあ、しゃあないわな...



    @Daily_Online @kumaokun5 阪神園芸さんご苦労様です☺️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     悪天候が続く阪神甲子園球場で、また阪神園芸の「神整備」がグラウンドを復活させた。

     第103回全国高校野球選手権大会は19日、大雨のため第1試合の近江(滋賀)―日大東北(福島)が五回途中で降雨ノーゲームになり、第2試合の西日本短大付(福岡)―二松学舎大付(東東京)とともに20日に順延された。

     第3試合の京都国際―前橋育英(群馬)、第4試合の作新学院(栃木)―高松商(香川)は、天候の回復を待って午後3時ごろの開始を目指すことになり、阪神園芸の出番がやってきた。

     スタッフが動き出したのは午後1時半過ぎ。まだ小雨は降っていたが、まずは一、三塁側ベンチ前の人工芝部分まで流されていた土を、スコップで内野部分に戻す作業から始めた。続いて、内野の大きな水たまりにハンマーで杭を打って穴を開け、水を抜いた。2時ごろにはマウンドと本塁付近に敷いていた防水シートをはがした。

     内野の水たまりは、ざぶとんほどの大きさの吸水シートを何枚も使い、手作業で整備していった。外野の芝はローラー式の器具を使って水を運ぶ。並行してマウンド、本塁付近に土を足した。

     2時15分、京都国際の選手たちが一塁側ベンチへ。続いて前橋育英の選手も三塁側ベンチに入った。2時20分になり、第3試合の3時開始がアナウンスされた。

     残りは40分。約20人のスタッフの整備は続いた。水が浮いている部分に砂をかけ、土となじませる。両校の選手ともキャッチボールはベンチ前で行い、内野ノックは一、三塁コーチスボックス付近で受けた。

     午後2時50分ごろ、白線が引かれ整備が終わった。この間、約1時間20分。土砂降りの雨に打たれ、正午ごろまでは絶望的なグラウンドコンディションだった。急ピッチの作業で球児の舞台は整った。(伊藤雅哉)




    阪神園芸、また神整備 絶望的な甲子園、1時間20分で復活 #高校野球 #甲子園  https://news.yahoo.co.jp/articles/eb6199959b4cc0bdb791264d49e38f5dabb07190 



    本当に阪神園芸さんは凄い 田んぼ状態のグランドを1時間半で野球出来るまで戻すんやし



    毎度のことながら、ホンマ阪神園芸さん神技や! 午前中、内野全体が水溜まりみたいになってたのに... 阪神園芸 再び神整備 今度は水浸しのグラウンドを1時間20分で整備完了(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/47b2d55b8a40f2f939e90fbed376125e3264cd41 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「全国高校野球選手権大会・1回戦、大阪桐蔭7-4東海大菅生」(17日、甲子園球場)

     8回途中で降雨中断後に試合が成立。6度目の夏頂点を目指す大阪桐蔭が3本塁打の一発攻勢で雨中の激戦を制覇した。夏の初戦は通算10勝1敗。9連勝とした。

     大阪桐蔭は初回2死二塁で4番・花田が中越えに先制2ラン。3回には2番・藤原が左翼ポール際へソロを放つと2死後、5番・前田も右中間ソロで続きリードを広げ、1点差に迫られた7回には代打・田近の右越え2点二塁打で突き放した。

     2015年センバツ初戦のリベンジを狙った東海大菅生は2回に9番・桜井の右前打で1点。グラウンドに水が浮き始めた7回には6番・山田、代わって7番に入った本田の連続二塁打で1点。さらに2死後に3番・堀町の右中間2点二塁打で追い上げた。

     ただ、残念だったのは3点差の8回1死一、二塁としたところで降雨により試合終了となった。




    降雨コールドで、スッキリしないゲームだったけど、両チーム粘りの素晴らしい試合だったと思います⚾️(^^)✨✨  https://twitter.com/asahi_koshien/status/1427447812778643457 



    降雨コールド... 切ないけど、素晴らしいゲームでした⚾️👏 東海大菅生の追い上げ、胸が熱くなりました! そこから引き離した大阪桐蔭、強かった! みんな身体を労ってほしいです🥺  https://twitter.com/asahi_koshien/status/1427447812778643457 



    グラウンドマジでえげつなかった でも、この終わり方って本当に可哀想だよなー😭  https://twitter.com/asahi_koshien/status/1427447812778643457 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     甲子園球場で開催されている全国高校野球選手権の第4日が終了。専大松戸など4校が2回戦に駒を進めた。第4試合終了後、通常のグラウンド整備が終わると、阪神園芸職員約20名が作業に当たり、内野の黒土部分がオレンジの防水シートで覆われた。

     16日夕方時点では、甲子園がある兵庫県西宮市の17日の天気は朝から雨予報。グラウンドコンディションを保つために先手を打った形だ。

     今大会は天候不順のため初日から順延。12日からも3日連続で雨天順延となり、日程の再編成が行われる事態に。また、3時間遅れで試合が開催された15日は、開始からわずか51分間で整備を終えた阪神園芸の“神整備”が話題となった。




    熱闘甲子園の編集の質と速さ 阪神園芸の神業的水抜き #高校野球 #甲子園 #熱闘甲子園 #阪神園芸 pic.twitter.com/6KbZheVw0O



    阪神園芸が甲子園に防水シート 約20人が作業、17日の雨に備え(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/53ee5eccaf8c045c5390eed9c8535d3c1ba18d4c  いやいや、プロ野球の試合でもちゃんと整備してほしいものですな。


    続きを読む

    このページのトップヘ