とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇春季高校野球秋田県大会 2回戦 ノースアジア大明桜6―3大曲工(2021年5月30日 グリーンスタジアムよこて)

     春季高校野球秋田県大会の2回戦が行われ、ノースアジア大明桜は大曲工を6―3で下した。

     明桜は先発した最速153キロ右腕・風間球打(3年)は5回3安打3失点ながら10三振を奪った。

     圧巻の投球だった。高いリリースポイントから繰り出す直球と縦に落ちる変化球で大曲工相手に奪三振ショーを演じた。

     初回2死から3回終了までは7連続三振。4回に失投を捉えられて3ランを被弾したが、多彩な変化球を使いこなすなど、昨秋からの成長も見せた。

     スタンドでは8球団のスカウトが視察。大器の可能性に高評価が与えられた。

     ▼阪神・和田豊テクニカルアドバイザー 腕の振りが良い。直球に速さと強さがあり、高校生トップクラス。センバツで投げた上のクラスと同等の力がある。変化球はキレがあり、スライダー、フォークで空振りが取れていた。上から投げるので角度がある。

     ▼ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク 指にかかったストレートが素晴らしい。変化球も多く使うことができていた。打撃も良く、野球センスが抜群。角度があるので、落ちるボールを有効に使えている。上位指名は間違いない。

     ▼ロッテ・榎康弘アマチーフスカウト 直球のスピードも変化球も良い。フォークを低めに集めることができるので、三振が取れている。ストレートを投げるときは、上手く叩くことができている。甲子園に出た小園健太(市和歌山高)や達孝太(天理)らと同等のレベルにある。




    明桜の153キロ右腕・風間球打が7連続K スカウト陣が絶賛「高校生トップクラス」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/14945538c093ffbc2919944ed17f66509b0a2953  ちょっと気になりますね 安心の秋田産



    ぜひ我がタイガースへ来ませんか 遠藤成くん石井大智くんと共闘しましょう 明桜の153キロ右腕・風間球打が7連続K スカウト陣が絶賛「高校生トップクラス」(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/14945538c093ffbc2919944ed17f66509b0a2953 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    野球・春季高校近畿大会(22日、大津・皇子山球場)1回戦2試合が行われ、智弁和歌山は神港学園(兵庫)に1-0で勝利。先発したプロ注目右腕・中西聖輝投手(3年)が3安打9奪三振で完封した。智弁和歌山は準決勝で綾羽(滋賀1位)に7-5で勝利した大阪桐蔭と対戦する。

    ■1点守った六回以降パーフェク投

     九回先頭から2者連続で三振を奪って飛び出したのは、気合のこもった雄たけび。智弁和歌山のエース・中西は三塁を踏ませず、3安打完封で勝利に導いた。

     「三振を取るよりも打たせて取って、守備からリズムを作っていければいいと思った」

     カーブに最速144キロを計測した力のある直球を駆使し、相手に付け入る隙を与えない。五回までは毎回走者を背負うも女房役の渡部と呼吸を合わせ、二盗を3度も阻止。六回以降はパーフェクトでわずかな1点を守ったが、打たせることを意識した中での9奪三振も見事だった。

    ■準決勝は「全力で」大阪桐蔭戦

     ネット裏にはプロ10球団のスカウト陣が集結。阪神・和田豊テクニカルアドバイザー(TA)は「テンポもいいし、球の切れで勝負できている。追い込むのも早いし、優位に立って投球ができている」とマウンドさばきを高く評価した。

     準決勝・大阪桐蔭戦に向けて「いままで対戦した相手よりも打力があると感じた。ここで抑えないと意味がないと思うので全力でいきたい」と中西。快投で夏につなげる。(須藤佳裕)




    智弁和歌山の中西くん、オリャーっと投げるストレートいいなぁ。 あと、神港学園の三木くんは全然知らなかったけどこちらもストレートいいなぁ。 雨で途中退散したけどナイスゲームだったようで。 #智弁和歌山 #神港学園 pic.twitter.com/e7tFg81gxF



    5月22日(土)1回戦 ⚾皇子山球場 神港学園(兵庫) 000000000 0 00100000X 1 智弁和歌山(和歌山) 神港学園 投:三木→竹内→佐藤→加藤 捕:信川→石川 智弁和歌山 投:中西 捕:渡部




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/03(月) 21:54:19.12 ID:CAP_USER9
    no title


    ◇3日 高校野球 春季埼玉県大会準決勝 浦和学院10―9昌平(県営大宮公園野球場)

     ドラフト候補の昌平、吉野創士外野手(3年)が、巨人、日本ハムなど8球団のスカウトの前で高校通算48号の先制2ランを放った。1回1死二塁でスライダーを左翼席へ運び「大きく弧を描くようにバットを振るのを心掛けている。外のスライダーに泳ぐようになりましたが、それができました」。

     1回に一気6点を先取、7回にも吉野が左前打でつないだ2死一、二塁で川田悠貴内野手(3年)が公式戦1号の3ランを放ったが、最後は浦和学院の粘りに屈した。

     昨秋に続く県大会制覇はならなかったが、吉野は「ミスショットなど課題がたくさん見つかった大会」と収穫も口に。夏での雪辱も誓った。

    5/3(月) 20:
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed25e143c239ab6f20546db92f719797a30f819d

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/03(月) 21:55:01.26 ID:TbWUy3pl0
    <高校野球春季埼玉大会:浦和学院10-9昌平>◇3日◇準決勝◇県営大宮公園野球場

    今秋ドラフト上位候補の昌平のスラッガー吉野創士外野手(3年)が、パワーを見せつけた。高校通算48号となる先制2ランを放ったが、浦和学院に延長サヨナラ負けを喫した。初回1死二塁、初球直球を空振りしたが「いずれ変化球がくる」と冷静だった。2球目の外角へのスライダーに体勢を崩されたが、腕を伸ばして食らいついた。注目カードで多くの観客が集まり、開放されたばかりだった左翼の芝生席中段まで打球を運んだ。「反応で打ちました。体勢は崩されましたが、持ち味の拾う打撃ができた」と振り返った。

    準々決勝の浦和実戦では2打席連続の申告故意四球など打撃でアピールできていなかったが、この日は8球団のスカウトが視察する前で「弧を大きく描くように振る」意識で、持ち味を発揮。巨人の水野スカウト部参与は「高校生で、あそこまで飛ばせる。それくらい力があるのは分かっている。体幹が鍛えられたら、とんでもなくなると思う。今後も、追いかけて見ていきたい」と高評価した。

    関東大会出場はかなわなかったが、「悔いはないです」ときっぱり。夏の主役になるための準備に着手する。【保坂恭子】

    ◆吉野創士 よしの・そうし。2003年(平15)10月27日、千葉県浦安市出身。東京城南ボーイズから昌平入り。走攻守すべてが一級品で、長打力が持ち味。目標は楽天浅村。50メートル6秒3、遠投は105メートル。185センチ、76キロ。右投げ右打ち

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/03(月) 22:05:07.45 ID:HkYV2TA60
    センバツでの注目選手以外でこんなとこにスカウト注目のドラフト候補がいたんだ



    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1620046459/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     オリックス、阪神で活躍した葛城育郎氏(43)が甲子園出場35回の名門・報徳学園のコーチに就任したことが19日、分かった。春夏通算3度の全国制覇を誇る同校に、今春から元虎戦士が指導者として加わった。

     「力は持っているけど、本来の力が発揮できない選手たちもいる、どうすればいいかと考えた結果、厳しい世界でいろいろな経験と引き出しを持っておられる葛城さんに、お力を借りようと思い、お願いいたしました」

     大角健二監督(40)は要請した理由を明かした。2人はともに立命大OBで、葛城氏は同監督の3学年先輩にあたる。今年2月に学生野球資格を回復しており、本格指導も開始。「自分の勉強にもなっている」。西宮市内で飲食店「酒美鶏 葛城」を経営しながら、多忙な合間を縫って指導に励む。

     「一番は母校(倉敷商)と思っていたけど、仕事があるので頻繁に岡山にはいけないですしね。プロの世界は1年契約。高校生も実質は2年半しかない。時間は限られているので、伝えられることは伝えたい。準備の大切さを伝えたい」

     今後は主力以外の選手で編成したチームで指揮を執る可能性もある。夏の甲子園出場は18年が最後。現役時代は勝負強い打撃で何度も甲子園を沸かせた切り札が、聖地復活をサポートする。 (山本 浩之)

     ◆葛城 育郎(かつらぎ・いくろう)1977年(昭52)9月28日生まれ、大分県出身の43歳。倉敷商から立命大を経て99年ドラフト2位でオリックス入り。2年目の01年は規定打席到達で14本塁打。03年オフに阪神へ移籍し、11年限りで引退。通算750試合、打率・248、35本塁打、171打点。21年2月、アマチュア指導に必要な学生野球資格を回復。左投げ左打ち。




    これは面白いことになってきたな 元阪神・葛城氏 報徳学園のコーチ就任 大角監督が直々要請 飲食店経営しながら“経験”伝授 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/20/kiji/20210419s00001002602000c.html 



    これは期待してしまう。 元阪神・葛城氏 報徳学園のコーチ就任 大角監督が直々要請 飲食店経営しながら“経験”伝授 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/20/kiji/20210419s00001002602000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <高校野球春季兵庫県大会:市尼崎14-5長田>◇18日◇2回戦◇明石トーカロ球場

    市尼崎が昨秋県4強の長田との打撃戦を制し、初戦を突破した。1回から3安打を集中して5得点。乱打戦になったが10安打14得点で競り勝った。打線の中軸を担うのが米山航平外野手(3年)だ。6回1死後、右腕のスライダーをとらえてライナーで右前へ。一挙5点を奪う猛攻の口火を切った。2回にも詰まりながらパワーで左翼線に落とす二塁打を放ち、貢献した。

    「(2回は)インコース真っすぐでしたが、詰まっても振り切る力は冬からずっと練習してきた。結果として表れました」

    188センチ、95キロの恵まれた体格で、左打ちのスラッガー。身のこなしから、野性味あふれる風貌まで、阪神で活躍するドラフト1位佐藤輝明内野手(22)にそっくりだ。尊敬する選手を問われると、間髪入れずに明かした。

    「ここ最近、佐藤選手によく似ていると言われる。身長、体重はほとんど一緒です。顔が似ていると言われます」

    阪神の怪物ルーキーは187センチ、94キロで、ほぼ同じサイズだ。佐藤輝のすごさを「パワーじゃないですか。あれだけ体があって走れます。スゴイですよね」と表現した。米山も自らの売りを「長打力です。詰まりながらも振り切る力。スイングスピードには自信があります」と胸を張る。高校通算本塁打数は「10本くらいです」と言い、スイングスピードは160キロだ。NPBスカウトからもウワサになっている、スケールの大きな左打ちスラッガーが強烈な存在感を示した。【酒井俊作】




    阪神に来ないか? 佐藤輝明2世が市尼崎にいた!顔も身のこなしも「似てる」米山2安打活躍(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/18c3bf46be3602b70d0acf7b2e7a92587b8de146 





    続きを読む

    このページのトップヘ