とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    鳥谷敬

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    鳥谷


     「阪神-ロッテ」(25日、甲子園球場)

     ロッテの鳥谷が移籍後初の甲子園で今季初適時打を放った。

     2点を追う七回1死一、二塁。代打で2019年9月30日の中日戦以来となる甲子園の打席へ。

     名前がコールされるとスタンドからは大歓声。「おかえり」というボードを掲げるファンもいた。西勇から右前適時打を放つと、一塁で「よっしゃー」と声を上げた。




    【一軍】阪神3-2ロッテ 7回表 鳥谷選手に軍配。1点差に迫られる。 投手:西勇 打者:代打鳥谷 結果:ライトタイムリーヒット 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp よく考えたら鳥谷のヒットで喜んでる場合じゃなかった



    @hanshintigersjp 鳥谷ナイスバッティーーーーン!!!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ロッテ移籍後初めて古巣・阪神戦を戦う鳥谷敬内野手(39)が、早くも阪神の練習開始前に甲子園のグラウンドに姿を見せ、かつてのチームメートにあいさつした。

     阪神の選手たちは外野グラウンドでストレッチし、まだ打撃練習の準備が行われている段階で、鳥谷がマウンド付近へ歩み、栗山通訳へあいさつ。そこへ外野グラウンドから梅野、大山、近本らかつての同僚が続々とマウンド付近へ向かい、鳥谷へあいさつ。野手陣だけでなく、青柳や秋山など投手陣もかつての虎の背番号1の元へ駆け寄り、再会を喜んだ。




    かつての同僚たちが続々と挨拶へ。 野手だけでなく、青柳投手や秋山投手など投手陣も駆け寄っていきました! pic.twitter.com/YiWoB65JWu



    阪神-ロッテ(25日・甲子園) 阪神の打撃練習が始まる前に鳥谷選手がマウンドに行くと、阪神の選手たちが続々と集まってきました。人望の厚さがうかがえます。 #tigers #chibalotte #鳥谷敬 pic.twitter.com/ViyZZjAyPf


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/25(火) 09:00:05.63 ID:kMEIGLEh0
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20210525/tig21052507300001-n1.html

     いよいよ交流戦が始まります。昨年はコロナ禍で開催されなかったので、2年ぶりの実現。阪神関係者、そして阪神ファンにとっては25日からのロッテ3連戦はノスタルジーに包まれそうです。そう、鳥谷敬が甲子園に帰ってきます。

     阪神在籍時は追いかけ倒していたビヤ樽編集委員三木建次は「コロナの入場制限がなかったら、どれだけ盛り上がったやろなあ。それが残念」。 2019年9月30日のシーズン最終戦は満員の甲子園が退団する鳥谷のカーテンコールに揺れました。

     「どんな様子か、ロッテの練習も目をこらして取材する。最近はなかなかスタメンで出る機会は少ないようやけど、井口監督、なんとかして出番作ってくれへんかなあ」

     ロッテではもっぱら代走、代打、守備固め。バックアップメンバーとして若いチームを下支えしています。21試合出場、25打数7安打0打点、打率・241。5月は1安打です。
    安打は7ですが、四球を6個選んでいるのはさすが。どんな状況でもどんな立場に置かれても一喜一憂せず、自分のやるべきことを淡々とこなす鳥谷のプレースタイルは、ユニホームを着替えても不変のようです。

     そこに割って入ったのは運動部長大澤謙一郎。難しい顔をして「今回の3連戦は鳥谷の将来の阪神監督就任に向けた大きな布石になると思いますよ」と言い出した。オイオイ、なんとも大げさな。
    「この3連戦が無観客にならなくてよかった。今回甲子園でプレーすることでやっぱり阪神ってええなあと感じてくれたらと思っているんです」と話した後、こう続けた。「おそらくロッテにいって、マスコミのプレッシャー、ファンの重圧が軽減されて、楽になった。
    『これこそ俺が求めていた野球をする環境だ』と思ったと思うんですよ。でもそれは最初だけで、心のどこかで寂しさを感じているのでは…。プロ野球は人気商売ですからね」

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/25(火) 09:00:44.29 ID:kMEIGLEh0
     そういえば、このオフ「せやねん」(MBSテレビ系)とか関西ローカルの番組でよく見かけたような…。取材はあまり得意でなかったようだが、年末には超早起きして「朝生ワイド す・またん!」(読売テレビ系)にも出ていた。

     得意顔の大澤は「生え抜きのままユニホームを脱ぐのが理想ですが、一度球団の外に出るというのは悪いことじゃないですよ。岡田監督もそうでしたからね」と立て板に水でまくし立てた。

     岡田監督も現役晩年、球団から引退勧告され、スコアラー就任を打診されたが、拒否して涙の会見。仰木彬監督に拾われる形でオリックスに移籍。
    真弓監督も球団が花束を準備した引退会見をドタキャンして、退団して、移籍先が見つからず年明けに引退した。監督経験者全員がきれいに阪神でユニホームを抜いだわけでもない。
    十人十色の野球人生があれば、正解はいくつもある。

     広島にコロナ感染者が出た影響でここ5日間、試合がなかった阪神ですが、けがが治った大山も戦列復帰予定。しかしながら役者が一人足りません。鳥谷が阪神との交流戦で対戦を望んでいた藤浪晋太郎です。鳴尾浜で苦闘する今季の開幕投手。
    あくまで先発での復活を目指すべしか、昨年、160キロの剛球を連発したリリーフに転じて活路を見いだすか、これも現時点での正解はない。言えることはひとつ、晋太郎、みんなが待っているで!!



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1621900805/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・梅野が、交流戦でも“強虎”を見せつける決意を口にした。

     「タイガースの強さ、首位にいるのがなぜかっていう(のを見せる)。パ・リーグのチームに(とって)嫌なチームって(思わせて)やることで、勝っていけると思う」

     攻守の要としてグラウンドで体現することは不変だ。捕手として投手陣の安定感を引き出してきたリード、得点圏打率・519を誇る打撃。パ・リーグ相手でも背番号2の躍動が白星に直結する。矢野監督も「昨年より良くなっている部分は構え方とか、キャッチングの丁寧さ。意識していかないと変わってこない部分」と成長を認める正捕手が、キーマンになる。

     この日はウエスタン・リーグ中日戦に「3番・DH」で出場し実戦勘を養った。かつての同僚、鳥谷(ロッテ)や能見(オリックス)との“再会”もある3週間。「(鳥谷とは)対戦を楽しみに、いい勝負をしたい。能見さんも全力で来るだろうし、準備して立ち向かっていけるように」と意気込んだ。(遠藤 礼)




    村上の投球術と梅野のリード 及川のストレート主体のパワーピッチ どちらを見るにしてもあの西武打線と対峙するんだからめちゃくちゃ楽しみ



    ここで失速するわけにはいかない。 阪神・梅野 交流戦でも「虎の強さ」見せつける 元同僚の鳥谷、能見との“再会”も楽しみ― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/24/kiji/20210524s00001173037000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ロッテ鳥谷敬内野手(39)が24日、25日からの交流戦・阪神戦(甲子園)について、球団を通じてコメントした。

    19年オフに阪神を退団し、ロッテに移籍して今季が2年目。昨季は交流戦がなかったため、甲子園でのプレーは久しぶりになる。「楽しみです。ビジターとして甲子園に行くのは初めて」とし「球場の三塁側ベンチとかもそうですし、練習を行う時間帯もそうですし、今まで経験をしたことがないので、そういった違いを感じたり知れたりということを、とても楽しみにしています」と重ねた。

    途中出場が中心ながら、今季はここまで21試合に出場。阪神ファンにも元気な姿を見せる。「ファンの方には、甲子園での試合の中で、自分が違うユニホームを着てプレーしているところを見てもらえたらと思いますし、自分らしいプレーをお見せすることができればと思います」と意気込みを示した。




    交流戦でロッテ阪神甲子園なんかー 鳥谷スタメンで出て欲しいね



    明日からロッテ戦やけど鳥谷でるかなぁ 出して欲しいわー


    続きを読む

    このページのトップヘ