とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    鶴直人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は20日、今季2年目を迎えるタイガースWomenの投手コーチに、鶴直人氏が就任することを発表した。「この度、タイガースWomenの投手コーチに就任することとなりました。このチームが女子選手の憧れとなり、また常勝チームとなって女子野球を引っ張っていけるよう全力を尽くして参ります。選手の能力を高め、本番で持っている力を発揮できるように環境を整えながら、監督が求めるチーム像を目指してサポートしていきたいです。今後の女子野球を盛り上げていけるように頑張ります」とコメントした。

     鶴氏は2005年の高校生ドラフト1位で阪神に入団。現役を引退した17年から、球団職員に転身し、直近は振興部が運営する「タイガースアカデミー・ベースボールスクール(小学6年生までの児童向け野球教室)」で専任コーチを務めていた。




    活動2年目となる阪神タイガース Womenに鶴直人投手コーチの就任が決定しました。 ▼詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7832.html  pic.twitter.com/xdxACeRtxy



    @TigersDreamlink いつ、引退したのか全然知りませんでした😅 でもずーっと阪神に携わってくれてるので安心😅



    @TigersDreamlink おぉ〜お久しぶりです🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    https://ja.wikipedia.org/鶴直人 






    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/26(金) 01:56:06.25 ID:iGlG9sSxM
    なぜプロで通用しなかったのか

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/26(金) 01:57:31.67 ID:twCs/fQbM
    阪神以外なら大成できたんかな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614272166/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    o2000141413797241577
    画像


    ドラフト1位の重圧は当事者しか分からない。
    ひょっとしたら、その過度な期待に応えようとし、自分を見失ってしまったのかもしれない。
    今年の『12球団合同トライアウト』(11月12日/甲子園球場)では、ドラフト1位選手の姿が例年以上に目立った。元ソフトバンク・巽真悟(29)、元阪神・鶴直人(29)、元オリックス・白仁田寛和(31)、元DeNA・北方悠誠(22)などがそうだ。過去の故障はともかく、大きなケガを抱えているわけではない。
    「ちょっとしたきっかけがあれば、きっと…」
    周囲がそう思っているうちに、歳月ばかりが過ぎてしまったのではないだろうか。
    05年度高校生ドラフト1巡目指名、元阪神の鶴直人は17組目で登板した。打者3人に対し、奪三振1、ノーヒットに抑えてみせた。タテジマの背番号46、開放された内野スタンドを埋めつくした1万2000人のファンがひと際大きな拍手を送っていた。
    そんなファンの後押しもあったからだろう。

    鶴の安堵の笑顔で報道陣の前に現れた。

    --今日のピッチングを振り返って?
    「緊張した。メチャ緊張した。でも、腕はしっかり振ろうと思って。まあ、なんとか」
    --ファンの応援もあったが?
    「緊張が和らいだというか…。タイガースのユニフォームを着て、応援してもらって、本当に幸せだと思いました」
    --NPBで再スタートしたいという思いで間違いありませんか?
    「そうですね。今後は色々な選択肢のなかで(どれを選ぶか)悩んで決められたら…。
    プロ(NPB)でやれるのなら、その気持ちは強い」



    鶴によれば、家族、両親も球場に来ていたと言う。
    「結果はどうであれ、思いっきり腕を振る」、それを心がけて今日まで調整を続けたそうだ。
    バックスクリーンに表示されたスピードガンは144キロ。キャリアハイとなった12年シーズン同様、キレのあるストレートを軸にスライダーとシュートを投げ分け、内外角を広く使っていた。

    「(今季は)覚悟はしていたので。とにかく悔いの残らないよう…」
    トライアウトに懸ける意気込みをそう語っていた。

    12年以降、成績は下降線を辿った。高校最後の夏は右肘の故障で満足に投げられなかった。その故障もまだ癒えていなかったが、地元阪神が1位で指名した。中日・平田良介らと「浪速の四天王」と称された潜在能力を評価されたからだが、プロ入りしてからの2年間はほとんど投げていない。それでも、将来の先発候補としての期待は変わらなかった。そして、結果を残せずに悶々としていたとき、リリーバーへの配置換えとなった。そのキャリアハイとなった12年は、43試合に登板している。翌13年はリリーバーでスタートしたが、不振とチーム事情が重なり、先発に再転向する。高い潜在能力を持っていたからだろうが、その後も先発か、リリーフかで起用法が定まらず、今日に至ってしまった。

    「1位だからということで、今日のために調整してきたのではありません。1位指名選手の緊張はたしかにありました。入団して2年は怪我で投げられず、戦力になれなかったことは申し訳なく思ってきます。後輩たちに負けたくない一心で頑張ってきました。ドラフトは良い思い出ですが」
    43試合に登板した12年に一軍投手コーチを務めた藪恵壹氏も球場を訪れていた。
    自身が出演するテレビ局の取材を兼ねていたようだが、鶴を見つけるなり、「まだ若いんだから」と懸命に励ましていた。

    通算成績は9勝8敗。115試合に出場した。このままでは終われない、その強い思いを秘めているはずだ。(了/スポーツライター・美山和也)

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000012-reallive-base
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/12(土)13:49:18 ID:1hL
    「プロ野球12球団合同トライアウト」(12日、甲子園)
    阪神から戦力外通告を受けた鶴直人投手は、
    シート打撃で打者3人に対して無安打1三振だった。

    オリックス・原はこの日最速の144キロで空振り三振。
    DeNA・井手も144キロで詰まった二飛に仕留め、元オリックス・深江も遊ゴロに片付けた。

    降板後は「やることはやりました」と納得した表情を見せた。


    甲子園での登板とあって、大歓声と拍手で迎えられた。
    「あれで緊張感が和らいだ。阪神のユニホームを着て、
    あれだけ応援していただいて、幸せだとかみしめて投げました」と振り返った。

    阪神からは岩本輝投手、トラヴィス投手、坂克彦内野手、柴田講平外野手も参加。
    岩本は打者3人に1安打1四球。オリックス・堤に中越え適時打を浴びるなど、結果を残せなかった。

    http://www.daily.co.jp/baseball/2016/11/12/0009660013.shtml 


    no title


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1478926158/

    続きを読む

    このページのトップヘ