1


 ◇セ・リーグ 阪神0-4ヤクルト(2022年3月27日 京セラD)

 阪神・浜地が今季初登板を零封で終えた。

 6点劣勢の9回に5番手で登板。代打・川端を150キロの直球で遊ゴロに仕留めると、塩見はカットボールで二ゴロ。最後は渡辺をカーブで空振り三振に仕留めた。

 「初登板でしたが、変に緊張することもなく、チームに流れを持ってこられるようなピッチングをしようと思いマウンドに上がりました。0点に抑えることができて良かったです」。

 1軍登録されている11投手の中では“大トリ”での今季初登板となったが、直球の最速は152キロを計測。課題にもしていた変化球で打ち取るなど、存在感を示した。




2022-03-27 公式戦 阪神・浜地 真澄 1.0回 10球 0 失点 被安打:0 奪三振:1 与四球:0 与死球:0 最速:152km/h ストレート平均:150.5km/h #プロ野球 #阪神タイガース #tigers_bst pic.twitter.com/H8ROO4VYQL



皆ですぐる化しとんのかʕ·ᴥ·ʔ 阪神・浜地 今季初登板は1回零封「0点に抑えることができて良かったです」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/cde443d2c1d3865818111eb8813258161ef28882 


続きを読む