サトテル3


 「西武-阪神」(28日、メットライフドーム)

 阪神はドラフト1位・佐藤輝が1試合3発の離れ業をやってのけた。球団の新人では初、セ・リーグ新人では1958年・長嶋以来、2人目となった。

 九回2死、7-7と追いつき、なお2死一、三塁。キャレットの154キロを打ち砕き、右中間上段へ勝ち越しの13号3ランを放った。プロ入り2発をマークしたのがこの日初めてだったが、3発でファンの度肝を抜いた。

 二回先頭では高橋がカウント1-2から投じた5球目、141キロのフォークに泳ぎながらもジャストミート。一直線に伸びていく打球はそのままバックスクリーンに突き刺さる11号ソロ先制ソロとなった。左打者の1年目での11号は高卒と大卒と違えど、元巨人・松井秀喜氏に並ぶ本塁打数となった。

 これで終わらないのが佐藤輝のすごさ。1点リードとなった六回1死走者なしでは高橋の直球を捉え、左中間席に運んだ。“ゴジラ”超えの12号ソロをすぐさま放ち、驚異のパワーを見せつけた。




【一軍】阪神10-7西武 9回表 いったー!!言葉にならへん!凄すぎる!本日3本目や! 投手:ギャレット 打者:佐藤輝 結果:右中間スタンドに第13号勝ち越しスリーランホームラン! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



@hanshintigersjp いやー。凄い。すごすぎる。



@hanshintigersjp 最高ですわ! モヤモヤが全部吹っ飛んだ!



@hanshintigersjp まじでかっこいい


続きを読む