とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    1試合3発

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <日本生命セ・パ交流戦:阪神9-7日本ハム>◇3日◇甲子園

    阪神大山悠輔内野手(27)がプロ2度目の1試合3本塁打で、奇跡の6点差逆転勝ちを導いた。「日本生命セ・パ交流戦」の日本ハム戦で、終始劣勢の2回と4回に2打席連発、8回には試合をひっくりかえす口火の12号ソロを放った。試合は16年ぶりに甲子園に凱旋(がいせん)した新庄BIGBOSSペースだったが、満員札止めの熱気の中で諦めない主砲の意地がさく裂。負ければ再び自力Vが消滅した危機を救った。

       ◇   ◇   ◇

    甲子園に「今季一」の歓声がこだました。大山の放物線の行方は、もうスタンドに着弾する前から分かっていた。12号ソロで1点差。三塁側ベンチの新庄BIGBOSSの前を悠然と通過し、破顔するナインが待つ一塁側ベンチに飛び込んだ。甲子園が揺れるように、今季最多4万2574人のファンが沸きに沸いた。

    「いやもう、誰一人諦めている選手はいなかったですし、とにかく塁に出る、1点でも追いつく。その気持ちだけでした」

    一振りでいい。シンプルでいい。最大6点差あったビハインドは8回、2点差になっていた。1死で迎えた第4打席。日本ハムの左腕堀に簡単に2ストライクと追い込まれても、微動だにしなかった。3球目。内角145キロをしばき上げ、ついに1点差に迫った。この回4点を奪い、一気の逆転。一塁ベンチで、仲間とともに騒ぎに騒いだ。今季最大の大どんでん返しへの流れを背番号3が作った。

    先発ウィルカーソンが打ち込まれ、序盤からBIGBOSSペースだった。だが諦めない「大山劇場」の始まりは3点ビハインドの2回先頭から始まった。先発上沢の初球144キロを捉え10号ソロを左中間席へ運んだ。「浮いてきた甘い球を一発で仕留めることができて良かったです」。6点差に広げられた4回1死では、上沢の初球146キロを中堅左へ。21年8月14日の広島戦以来の2打席連続アーチ。球団生え抜き右打者では岡田彰布の12年連続以来となる5年連続2桁弾。ネバーギブアップを体現した。

    1球に魂を込めてきた。2月のキャンプから何千、何万とバットを振る中で貫いてきたのは「一振りで仕留める」ことだった。プロ6年目。豪快な1発の裏で数え切れないほど苦汁をなめてきたからこそ、たどり着いた1つの答え。「相手も抑えようと必死。その中で1発で仕留めないと意味がないので」。3発はいずれもファーストスイング。「一振入魂」だった。

    お立ち台では「明日も頑張ります」と言い切った。負ければ自力Vが再消滅した崖っぷち。新庄監督に主役は譲らない。諦めない虎の先頭を大山が走り続ける。【中野椋】

    ▽阪神大山(1試合3本塁打。全てファーストスイングで仕留め)「1球を仕留めるというところはずっと課題だし、まだまだできていない部分がある。それでも、こういう大事な試合でできたのはよかった。(交流戦5発目は)スコアラーさんをはじめ、いろいろな方が情報、データを準備してくれている。僕だけの力じゃない。たくさんの方の手助けがあっての結果。感謝を忘れずに。でも、今日は今日で終わり。しっかり切り替えたい。(BIGBOSSに注目が集まるが)意識しているのは皆さん。僕らは日本ハムファイターズのチームと戦っている」

    ▽阪神矢野監督(3本塁打の大山に)「センター方向に悠輔がホームランが出だすと、やっぱりいい状態だなという感じがある。悠輔らしいね、高い放物線を描いた素晴らしい3本。(8回の3発目は)あそこで1点差になることで相手も余計プレッシャーがかかったと思う。そういうところの流れを悠輔がつくってくれたのは大きかった」

    ▼阪神、ヤクルトがともに勝ったため、阪神の自力優勝消滅は前日と変わらず、最短は1日延びて4日となった。条件はヤクルト○のときは阪神△か●。ヤクルト△なら阪神●。

    ▼阪神の6点差逆転勝ちは、20年11月5日ヤクルト戦(甲子園)以来。このときも1-7から逆転で、8-7で勝利した。また、今季は3点差以上からの逆転勝ちは初めて。2点ビハインドからの逆転勝ちが最大だった。

    ▼阪神大山が18年9月16日DeNA戦(横浜)以来、4年ぶり2度目の1試合3本塁打。1試合3本塁打以上を2度以上記録した阪神の打者は、カークランド2度(68、70年)田淵幸一3度(73年2度、76年)金本知憲2度(09年2度)に次いで4人目。阪神の選手に限らず、甲子園球場で1試合3本塁打以上は11年7月30日阪神戦でスレッジ(横浜)が3本打って以来11年ぶり。




    【ハイライト】6/3(金) 神9-7日(甲子園)  https://youtu.be/tVk9IQLSH4M  pic.twitter.com/NtFx5vpcYZ



    @TigersDreamlink 大山最高!



    @TigersDreamlink 大山選手も凄かったが、他にも見どころが多かった


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇交流戦 西武7ー10阪神(2021年5月28日 メットライフD)

     怪物ルーキーのワンマンショーに敵地も震えた。セ・リーグの新人では58年の長嶋茂雄以来となる1試合3発。しかも3本目は同点の9回、試合を決める決勝3ランだ。打った瞬間、バットを放り上げた佐藤輝は「3本目が一番感触が良かった。最後に出て、チームの勝利に直結したのがうれしい」と表情をほころばせた。

     大活躍のごほうびもある。29日の第2戦は大ファンでもある「ももいろクローバーZ」の高城れに(27)がラジオのゲストで球場入りする。「明日来ることは知っています。自分らしくいつも通りのプレーを見せて楽しんでもらいたい」とメッセージを寄せた。コロナ下で接触は難しいが、得意のZポーズを目の前で決めることを誓っていた。




    明日推しのももクロの高城れにさんが観戦に来るから 遠足前のウキウキ感のように 1試合3本ホームラン打った 新人佐藤輝明くんが微笑ましい。 ちなみに新人1試合3本ホームランは 長嶋茂雄さん以来63年ぶり #佐藤輝明 #ももクロ #サトテル  https://twitter.com/dazn_jpn/status/1398254229962334210 



    敵味方も忘れる阪神・佐藤輝の衝撃3発「3本目が一番感触が良かった」 ももクロ観戦の29日に「再現」や― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/28/kiji/20210528s00001173574000c.html  テンション上がって4打席連続ホームランとか打ちそう・・ ヲタクのパワー凄いから!



    ももクロの聖地で全方向にホームラン打てたんやから、感慨深いやろなと…。明日は高城れにちゃんが観戦に来るらしいので、ぜひまた打ってもらいたいです‼️ #佐藤輝明 #阪神タイガース


    続きを読む

    このページのトップヘ